モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

合歓の木鳥海(2022年7月30日)

2022年08月13日 | 鳥海山逍遥

かつて松尾芭蕉が「象潟や 雨に西施が ねぶの花」と詠っているが、
にかほ地方(旧象潟町)はネムノキの多い処だ。

芭蕉が見たのかどうか定かではないが、
ネムノキを入れた鳥海山を見たいとかねがね思っていた。

鳥海山は晴天の日でも日が高くなると雲が湧き、見えなくなることが多いが、
7月30日は珍しく午後になってもよく見えていた。

この日、私は鳥海山に登山した。
下山後、山麓の小滝地区の道端で大きな合歓の木を二本見つけた。
鳥海山と組み合わせて撮ってみた。

合歓の木鳥海A



合歓の木鳥海B






合歓の木無し鳥海






以上。


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大雪山北海沢の途中まで。(2... | トップ | 再び、大雪山・赤岳、小泉岳... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん)
2022-08-13 08:52:11
おはようございます。
PCでゆっくり拝見させていただきました。
素晴らしい景色と花々とシマリス君登場。
満喫されましたね♪
小躍りしてしまうのもわかります。
お疲れ様でした。

山歩きに行きたくなりました。
ありがとうございました。
のんさんへ。 (モウズイカ)
2022-08-13 09:40:04
コメントありがとうございます。
大雪山ばかり続きましたので、ひと休み。
今日は先月末登った鳥海山を少し挿入しましたが、
また明日から大雪山の続きを再開します。
ところで今年の秋田地方、お盆前から豪雨で散々です。
どこか山に行きたいのですが、しばらく我慢です。

コメントを投稿

鳥海山逍遥」カテゴリの最新記事