モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

鳥海山の花図鑑/秋の紅葉

2021年01月22日 | 鳥海山の花図鑑

(本頁は「鳥海山の花図鑑/晩夏と初秋」の続きです。)

本頁では九月下旬以降、十月にかけての草木の紅葉と実を扱ってみた。

なお山の秋や冬は高いところから先にやって来るので、今回は山頂部の方から始めている。

2015/09/27 康新道岩場の草紅葉。紅いのはホソバイワベンケイ、黄色はチョウカイフスマ。



2015/09/27 ホソバイワベンケイ                     2019/10/16 ネバリノギラン
 



2015/09/27 チョウカイフスマ



2020/10/02 チングルマの草紅葉。右上の黄葉はハクサンイチゲ。



2020/10/02 紅色はハクサンフウロ。黄葉はハクサンシャジン。       2020/10/02 ハクサンイチゲの残り花。
 



ハクサンイチゲは初夏に一斉開花した後、盛夏や秋にも残り花(二度咲き?)をけっこうな頻度で見かける。
 

2020/10/02 キンコウカの草紅葉。暗い紅紫はシロバナトウウチソウ。



ウラジロハナヒリノキの紅葉。地味な低木だが、紅葉は深いワインカラーになる。

2018/09/28 滝の小屋ルート八丁坂にて。 



シラタマノキ Gaultheria pyroloides 

コケモモ Vaccinium vitis-idaea

ともに夏場に見過ごしており、鳥海山には無いものと思っていたが、
秋に康新道を歩いたら、果実でその存在に気づいた。

2019/10/16 シラタマノキの実                       2019/10/16 コケモモの実
 


ダケカンバ Betula ermanii
鳥海山では鉾立や滝の小屋ルートではほとんど見かけないが、祓川ルートの下部には多い。
秋も深まり、落葉すると樹形がよくわかるようになる。

2019/10/16 祓川ルート・賽の河原付近にて。



ミヤマナラ Quercus mongolica var. undulatifolia 

鳥海山の亜高山帯(偽高山帯)を代表する落葉低木。高木になるミズナラの変種とされる。
紅葉の色は橙色から、濃い赤褐色まで幅が有る。

2018/09/28 八丁坂にて。                        2019/10/16 祓川ルート下部にて。
 



オガラバナ(ムクロジ科)の紅葉。

2019/10/16 祓川ルート下部にて。



マルバマンサク Hamamelis japonica subsp. obtusata

紅葉の色は橙赤色から、明るい黄色まで幅が有る。

2015/09/27                                                                                                  2019/10/16
 



オオカメノキ Viburnum furcatum


2015/09/27 祓川ルート下部にて。



ウラジロナナカマド Sorbus matsumurana

ナナカマドに較べると、実は大きめ。
小葉の数は少なめで、先は丸く(少し尖るものもある)、裏面は粉白色になる。

2018/09/28 ウラジロナナカマドの実。                  2018/09/28ナナカマドの実。
     



モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 鳥海山の花図鑑/晩夏と初秋 | トップ | 鳥海山の花図鑑/不完全な目... »

コメントを投稿

鳥海山の花図鑑」カテゴリの最新記事