モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

567退散祈願、太平山三吉神社奥宮参拝。1(2020年5月24日)

2020-05-28 | 太平山/春、夏

567感染拡大により、全国的に登山は自粛傾向にある。また殿様(秋田県知事)からは(`◇´)県境をまたぐなと強い要請。
 (´π`;)ワタシのようにヒマで山好きのじじいには実に酷な毎日だ。
そこで県境はもちろん、秋田市から一歩も出ず、とある神社に567退散を祈願すべく、参拝に行くことにした。

神社奥宮から太平山連峰と秋田市の眺め



5月24日は晴天で日曜日ということもあり、 (´π`;)ワタシのように登山参拝をもくろむ方が多かった。
一説では広大な旭又駐車場がすぐ満杯になり、手前に路駐せざるを得なかったとか。
おかげでふだんは人影が疎らな宝蔵ルートを辿る登山参拝者も多く、以前のようにクマさんに怯えることもなかった。
参拝後は御手洗経由で下りた。なおコースタイムは行きが4時間と少し、帰りは3時間とややスローモーな参拝になったが、それは途中、花の撮影に勤しんだせいだ。

今回の非合法マップ



実は今回、メインコースと宝蔵コースのどちらを行くかで迷っていたが、
直前を歩いていた元気な爺さん達が、宝蔵コースに入ったので (´π`;)ワタシもついて行くことにした。
行きはこちらの方が面白い。しかしいつも登山者が少なく、クマさんが不安だった。
今回の爺さん達は登山道の刈り払い作業の装備をしており、見るからに頼もしかった。

宝蔵コースの分岐点                                                                                   初めて見た切り株の落書き
 


宝蔵ルートの分岐点からいきなり急登が始まる。

その先は少しだけ緩くなるが、しばらくの間、天然スギと広葉樹の混交林が続く。

二重山稜になっている平らな場所でひと息つく。



宝蔵コースのシンボル、貴景勝杉は健在だった(大相撲がんばれ!)。




太平山はけっして花の多い山ではないが、
このコース、前半は特に少なかった。やっと見つけた花を三種類だけ。


タムシバ


ムラサキヤシオ


チゴユリ


軽井沢分岐が近づくと、本格的なブナ林になる。

ブナの新緑がとても綺麗だ。オオイワウチワの残り花を見つけた。

 

タケシマランの地味な花


宝蔵岳の山頂近くを掠め、主稜線に出る。
そこにはカタクリがいっぱい咲いていた。
標高1000m超の主稜線上は今が春真っ盛り、下界で言えば四月なのだった。



カタクリ


地味だが、コヨウラクツツジ。



弟子還の岩峰が目の前に立ちはだかる。



北側の谷間を見下ろす。



弟子還には鎖場が三箇所あるが、慎重に登れば、難なく通過できる。

 


鎖場から今歩いて来た宝蔵岳、そして剣岳、中岳などの主稜線を振り返る。
フワフワとした新緑が目に心地よかった。




弟子還から奥岳を望む。山頂には三吉神社奥宮が見える。




奥岳の南側斜面を見下ろす。



弟子還から奥岳にかけての稜線には花が割と多かった。

オオバキスミレ                                                                                          シラネアオイ
 



ここにはカタクリの他にキクザキイチゲも多く、ひと月前に下界や低山で見た花風景を再現していた。

カタクリとキクザキイチゲ(白)


キクザキイチゲ(濃色)
 


右上のキクザキイチゲは花が二輪付いていたのでキクザキニリンソウ(´π`;)☆\バキ
他にはショウジョウバカマ、ノウゴウイチゴ、ヒメイチゲなども咲いていた。
また高山性の種類、コバイケイソウ、ニッコウキスゲ、イブキトラノオなどは芽吹きの真っ最中だった。

このキクザキイチゲはピンク色を帯びていた。                                                カタクリやイチゲの咲く坂道
 


カタクリやイチゲの咲く最後の坂を登れば神社の鳥居だ。

鳥居をくぐり、振り返ったら男鹿半島が見えた。




567退散祈願、太平山三吉神社奥宮参拝。2」へ続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 五月の鳥海山にアプローチ(2... | トップ | 567退散祈願、太平山三吉神社... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
切り株の落書き♪ (桐花)
2020-05-28 20:38:18
こんばんは。
切り株の落書き、可愛いですね!見た人が元気になれそうです。
今度わたしも描いてみよう♪ と思いました。
桐花さんへ。 (モウズイカ)
2020-05-28 20:59:11
桐花さん。コメントありがとうございます。
切り株の落書きに関心を持つようになったのは
実は男鹿の山が契機でした。↓urlの一番下。
中にはひどいものもありますが、
登っていて励まされるようなものが多く、これからもレポートしてみようと思ってます。
https://blog.goo.ne.jp/mouura2/e/9e40eddf8802a08f91dc4892cb8aa73c

コメントを投稿

太平山/春、夏」カテゴリの最新記事