モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

男鹿三山で希少ラン他を見た。(2021年5月24日)

2021-05-28 | 男鹿半島5月

5月24日は朝方、雨が降っていたが、
男鹿の植物パトロール当番日なので、いやでも男鹿に行かなければならない。

折角行くので、今回は「今が旬の花」をめいっぱい見て来ようと思った。

なまはげ大橋から見た男鹿三山。



まずはヤマシャクヤク。
この花を見るためには藪漕ぎをしなければならない。
山は連日の雨でたっぷり水分を含んでおり、登山道も至る所泥んこ道だった。
どうせ濡れるだろうと思い、最初から雨ガッパのズボンをはいて入山したが、それは正解だった。
五社堂の石段道の緑はだいぶ濃くなった。

 
                                            タニウツギ

途中で咲いていた花は木の花ばかり。

ウゴツクバネウツギ


ミツバウツギ



ヤマツツジ



お気に入りのブナの木。この辺から藪こぎスタート。エビネは咲いていた。

 


昨年、ヤマシャクヤクは5月22日に最初の開花を確認、その後、6月1日まで見られた(詳細はこちらなどを参照されたし)

だから今日は丁度いい時期だろうと思い、
生育地に着いたら、

あぅぅ(つдi)すべてが終わっていた




この花、開花のタイミングを見極めるのがとても難しい。ピンポン玉のような蕾の時期は長いのだが、

蕊が見えるいわゆる開花が始まるとわずか一、二日で散ってしまう。今年は完全に逃げられた。
参考までに、昨年5月28日のヤマシャクヤク開花シーンを一枚だけ挿入。
近くでキンランが咲いていた。

昨年5月28日のヤマシャクヤク開花シーン
 

                                              キンラン

次はイチヨウラン。
今頃の季節、あちこちの山で咲いているが、地味な花なので、見逃しがち。ただし一度見つけると虜になってしまう。

丈が小さいので、低い姿勢にならないと撮影が難しい。今回は偶々雨ガッパのズボンをはいていたので、
躊躇なく地べたに横たわり撮影した。
通り過ぎる他の登山者は、藪の中で爺さんが倒れていると驚いたかもしれない。

イチヨウラン、花のアップ。
 
                                     イチヨウラン、たった一枚しかない葉も撮れた。

10時以降は毛無山山頂部でパトロールのお仕事。
平日で天気も好くないのに今日は十人内外のお客さんが居た。皆さんの目当てはオオサクラソウ
さいわい皆さん、マナーがよろしくて、
柵やロープをはみ出して見学する方は居なかった。
開花シーズンは終了近いが、残り花を少し。




 


男鹿の最高峰・本山山頂を望む。
山頂は自衛隊レーダ基地のため、立ち入り出来ない。




下山後は真山神社近くにあるチョウセンキバナアツモリソウ Cypripedium guttatum
の特別栽培地に立ち寄り、今年の花を見た。

このランは国内では男鹿毛無山にしかなく、盗掘等で絶滅寸前になったため、
現在は環境省が厳重に保護管理しており、自生地には立ち入り出来ない(鉄条網で囲み、監視カメラも設置されている)。
ただし特別栽培地では北大で保存してあった株を咲かせ、開花シーズンのみ一般開放している。
なお名称は、たまたま朝鮮半島にも有ることから、チョウセンキバナアツモリソウとなっているが、
さっぱり黄色くないし、長すぎる名前も不評だ。
国内では男鹿だけなので、「オガノアツモリソウ」とでも改名したらどうだろうか。

チョウセンキバナアツモリソウ(特別栽培地にて)



 



チョウセンキバナアツモリソウの新聞記事(2021/05/23 秋田さきがけ新報)



別場所でサルメンエビネとスズムシソウ。

 



真山神社からの帰り道、なまはげ大橋から男鹿三山や安全寺の棚田風景を眺めた。

ここからの風景、稲穂が黄金色になる頃は絶景だと思っている。

男鹿三山。右から真山、本山、左の平らなところが毛無山。


橋の両端になまはげの石像?
 

                                           日本海側の眺め


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 神室連峰を見に禿岳へ。(201... | トップ | 新緑の甑山(2018年5月27日) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (ミルク)
2021-05-29 17:48:42
やはり、モウズイカさんの画像は、いつもきれいで鮮明ですね。

私は27日に、アツモリソウを見に行きました。
小さいけれど、とても可愛いです♪ チョウセンキバナアツモリソウの名前、仰る通りです!

「男鹿アツモリソウ」賛成です。(^^♪
ミルクさんへ。 (モウズイカ)
2021-05-29 20:08:16
コメント並びに「男鹿アツモリソウ」賛成の件、ありがとうございます。
実は私、「男鹿の自然見つめ・・会」の会員なので、時折、腕章をつけて保護パトロールも行っております。
男鹿、特に毛無山は希少植物の宝庫です。
もしかしたら東北では早池峰山並みかなとも思ってます。
行くたびに新たな種類との出会いがあります。

コメントを投稿

男鹿半島5月」カテゴリの最新記事