モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

今年のハッカクレン・第三報(開花編)

2020-05-23 | ガーデニング/春

うちの庭のハッカクレンは5月21日に開花を確認した。
今年のハッカクレンの生育過程は、既に第一報 (2020年4月11日~4月22日) 
第二報 (2020年4月23日~4月30日)や他の記事でも報告しているが、
当初はいったいどんな花が咲くんだろう。ワクワクするといったご意見も頂いた。










しかし上三枚の写真を見て、(-_-;)ガックリされた方もいらっしゃるかもしれない。
この植物、花はひっそりと葉陰に咲く。色はくすんだ紅色で、ほとんど開かない。
年によっては、咲いてるのにずっと気付かないまま、実になっていたこともよくあった。
この植物は花ではなく、河童の頭のような艶々した葉や草姿を愉しむものなのだ。

でも開花まで漕ぎつけてよかった。

四月中旬の芽吹きから約一ヶ月間の生育過程を今一度、振り返ってみよう。

なお生育過程は女の子の成長に見立てているが、
これは私の個人的なお遊びであり、正式に定まったものでも何でもない。




赤ちゃん時代(4月13日)




幼女時代(4月15日)




小学低学年時代(4月18日)




小学高学年時代(4月21~23日)




 


中学生時代(4月25日)




女子高時代(4月29日)




女子大生時代(5月5日)




OL時代(5月12日)







OL時代(5月17日)




そして・・・(5月22日)



(先頭に戻る)。


モウズイカの表庭(トップ)へ。

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 晩春の八塩山(2019年5月22日) | トップ | 大場谷地に春を追いかけて。... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しい花です (Mitsuko)
2020-05-23 21:22:41
今晩は。
咲き方がユニークで友人の庭に咲いているハッカクレンを観察してほしいと話しました。

植物の咲く姿を観察すると不思議な世界がありますね。
私も今年初めて咲いたクマガイソウの成長していく過程を見ながら、感動していました。
山で出会った花たちを紹介してくれ、癒されています。ありがとうございます。
Unknown (月イチガーデナー)
2020-05-24 16:24:52
モウ様、こんにちは!
ハッカクレンって葉が美しく姿が独特でフォーカルポイントになり、何となく高級感があって(これはかなり主観的ですが)、暑さ寒さにも強く植えっぱなし可(地植の場合)・・・と、最強の植物の一つだと思っています。エキゾチックな花が葉陰で咲くのも奥床しくて好きですね~。
そして、出芽・展葉過程が生き物のようで面白いというのを、今回のモウ様の写真で実感しました。テンナンショウやMitsuko様があげているクマガイソウなんかも、そうした数少ない植物ですよね。
Mitsukoさんへ。 (モウズイカ)
2020-05-24 17:07:43
コメントありがとうございます。今日は未明より外出しており、レスポンス遅くなり、すみませんでした。
クマガイソウもいいですね。20年前、横手の実家に五十輪ほど咲いておりましたが、
改築で植え場所が無くなり、残念でしたが消滅してしまいました。
可能ならば、自宅でも飼いたいのですが、難しそうですね。
月イチガーデナーさんへ。 (モウズイカ)
2020-05-25 07:56:45
いつも素敵なコメントありがとうございます。
花が格別綺麗なわけでもないのに、葉や草姿が立派ででかくなる植物っていいですね。
フォーカルポイントとしての着眼もさすがです。
あと果たせておりませんが、オオウバユリとか
巨大なクリナム(ハマユウの仲間)などもいいですね。

コメントを投稿

ガーデニング/春」カテゴリの最新記事