モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

再び、鶴岡の高館山へ。 (2020年3月30日)

2020-04-01 | 鶴岡高館山

30日、鶴岡の高館山に行って来た。
今年はこのお山、3月19日(レポートはこちら)に続いて二回目となる。




今回は歩き出してすぐ、変なものに遭遇した。
秋田では珍しいコシノカンアオイの花とドングリの実だった。




 

ドングリがいっぱい落ちていたのは前回気付いていたが、今回は殻が割れ、発芽の真っ最中だった。

子葉がこんなに赤い色になるとは今まで知らなかった。

 


次に見たのは桜の花、と言ってもオクチョウジザクラ。



                                                                                                                                       洞のある木
 


木の洞の中にはフクロウじゃなくてカタクリが。

 


明るい雑木林の小道。




林の下にはシュンラン、イワウチワ、ショウジョウバカマ・・・

シュンラン(三種類の中では乾いた場所に多い。)


ショウジョウバカマ



オオイワウチワ




高館山名物の雪割草(オオミスミソウ)は終わる寸前だった。




 


同じ場所でルリソウが咲き出していた。




                          ルリソウ                                      キクザキイチゲ
 


スプリングエフェメラルやスミレ類など。

ナガハシスミレとカタクリ


                                  ナガハシスミレ                             スミレサイシン
 

スミレサイシンとカタクリ



                                 ミチノクエンゴサク                                                                      
チャルメルソウ
 


帰り途、大山公園まで降りたら、鳥海山が見えた。



今日はこれからもうひと山登ることになる(⇒こちら)。
車のラジオをつけたら、

志村けんさんが亡くなられたとのニュースが・・・。(T_T)合掌

 

モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント   この記事についてブログを書く
« 庄内から見た鳥海山 (2020年3... | トップ | 3月30日、山形の「とある山」... »

コメントを投稿

鶴岡高館山」カテゴリの最新記事