モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

7月27日、銀泉台から大雪山・赤岳、小泉岳へ(2)

2022-08-01 | 北海道の山、湖

(本頁は「7月27日、銀泉台から大雪山・赤岳、小泉岳へ(1)」の続きです。)


駒草平を更に進むと、咲いてる。咲いてる。コマクサが咲いてる。
ただし数日前の荒天のせいか、花が傷んでいた。

駒草平のコマクサ


コマクサ



ここは盗掘で激減したコマクサを保護し、回復させたものと聞く。

コマクサ群生地のすぐ隣に、突然、池塘が現れたのには驚いた。
そこにはワタスゲが群れていた。




後でこの場所は「神の田圃(たんぼ)」と呼ばれていると知る。

ここを過ぎると、再びコマクサやイワブクロの群れるガレ場に変わる。

駒草平にて。右のピークは烏帽子岳(2072m)か。



ところで、めざす赤岳はいったいどれなんだろう。

こちらは東岳(2070m)。




駒草平最後?のコマクサ



道の両側には新手のマット植物が多くなって来た。

チシマツガザクラ (横から)



チシマツガザクラ (上から)



チシマツガザクラは東北では早池峰や八甲田に産すると聞くが、残念ながらまだ見たことは無い。

マット状の葉は苔のように見えるが、これでも一応、樹木(矮性常緑低木)とのこと。
極寒の環境に耐えるための生活型だろうが凄まじいものを感じた。

チシマツガザクラのマット上に白い枯れ枝のようなものがいっぱい生えていた。
こちらはナギナタゴケという地衣植物。

ナギナタゴケ



イワヒゲも樹木(矮性常緑低木)。
既に岩木山や秋田駒ヶ岳の垂直の岩場で見ているが、
大雪山のものは平らな岩の表面に生え、株が大きく、花付きも好かった。

イワヒゲ



色とりどりの草花も咲き出していた。
イワギキョウは多かったが、まだシーズン初めなのか咲いてるものは少なかった。

イワギキョウ



待望のエゾコザクラ。

花の傷みの少ないのがやっと現れて来た。




エゾコザクラ
 

                                          ミヤマキンバイ



赤岳の山頂はどこなのか、依然としてわからないが、かなり近づいていることだけは確かだろう。




淡いブルーのエゾヒメクワガタが多くなって来た。
本州では見られない花だ。

エゾヒメクワガタとチングルマ



エゾヒメクワガタ
 

                                              ハイオトギリ


本州でもよく見かけるチングルマも。

チングルマ(花)



チングルマ(実)



こちらは北海道高山限定種。

チシマクモマグサ



赤岳への上り、ハイマツの隣にリンネソウの群生地があった。

リンネソウ



リンネソウ



リンネソウ



リンネソウ
 
                                          ウラシマツツジとコケモモ


リンネソウは、個人的には、昔、北アルプスの白馬岳や八幡平でちょこっと見て以来、三度目。
久々の出会いだった。

ところで、「リンネ」は「輪廻」ではない。「ソウ」とあるが、草ではなく低木。
ウィキペディアによると、
分類学の基礎を築いたカール・フォン・リンネがこの植物を愛好しており、
この種を記録した際に自らの名前を学名(属名)に付けた。

和名もそれにちなんでいる。
日本では、茎が二股に分かれて花を付けることから「メオトバナ(夫婦花)」と呼ばれていた。
・・・とのこと。

更に登ると・・・

手前、烏帽子岳(2072m)と右奥に黒岳(1984m)。



7月27日、銀泉台から大雪山・赤岳、小泉岳へ(3)」へ続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする