モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

春の七座山登山(2022年5月7日)

2022-05-16 | 七座・房住・上小阿仁

大型連休最後の5月7日は能代市二ツ井にある七座(ななくら)山に登ってみた。
このお山、最高峰の権現座(ごんげんくら)で287mなのでとても低い山だが、
東斜面には岩壁や秋田杉の天然林があり、深山幽谷に迷いこんだような気分になる。

登山口から米代川と七座山の北側一部を望む。



今回のマップ



歩き始めはニリンソウの小道。

 


やがて権現様という巨岩に辿り着く。
岩の上に杉の木が生えている点に着目されたし。

なおこの後も法華の岩屋までは、岩上に樹木が生えている壮絶な光景が延々と続く。

杉や広葉樹の樹冠
 


ヒトリシズカ



岩上に生える木の続き。

 


山頂手前の法華の岩屋は巨大なハチの巣のような岩壁だ。地質学的には凝灰岩とのこと。

法華の岩屋



この岩屋はでかすぎて私の広角レンズでは収まりきらなかった。

法華の岩屋



この後、少しだけ急斜面を登ると、あっという間に山頂。

最高峰の権現座(ごんげんくら)は南北方向にはとても緩やかな山で、この先、ずっと稜線歩きが続く。

権現座(ごんげんくら)の山頂
 
                                       烏帽子座付近から米代川を見下ろす。


稜線で見た花。

シュンランの咲き残り。



ノギランの芽出し
 
                                              マキノスミレ

マキノスミレ



チゴユリ



ヤマツツジ



ムラサキヤシオ



蓑座の展望台から東側、米代川を見下ろす。
南側に森吉山があるが、今日はよく見えなかった。




縦走路は更に北に続いているが、今回は途中から鉄製の階段をさっさと下りた。

鉄製の階段を上から。
 

                                         鉄製の階段を下から。

以上。


春の七座山原生林」に続く。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする