モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

東成瀬のスプリングエフェメラル2(2014年5月8日)

2022-05-15 | 秋田県南の低山

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイク、再アップしたものである。


ここは5月連休明けの東成瀬村某所。先のレポート(東成瀬のスプリングエフェメラル1)よりは少し奥地になる。

標高はやはり200m程度だが、奥羽山脈脊梁にもろ接しており、豪雪地帯なので雪消えはすこぶる遅い。
同じ秋田でも沿岸部の男鹿半島などと較べると、一ヶ月くらい開花が遅くなる。
このスポットは人家裏の段丘だが、カタクリの花筵やミズバショウ、山桜、春紅葉など雪国の春の風物詩が一箇所に圧縮されていた。




土手斜面にはキクザキイチゲやカタクリ、土手下の小川にはミズバショウ。







ミズバショウ

 


クリの木の下にはカタクリ。木の上にはヤドリギ。 




カタクリ                                                          カタクリとオトメエンゴサク(エゾエンゴサク)?

 
 


落ちていた枝はヤドリギ。

 


キクザキイチゲ                                                                                キクザキイチゲとカタクリ蕾
 


キクザキイチゲとカタクリ
 


この土手から少しだけ歩くと奥羽山脈脊梁斜面に突き当たる。

この斜面、何気に見上げて( ̄π ̄;吃驚。
スプエフェの花筵がどこまでも続いてるぅぅぅぅう!
今まで見た中では最大スケールか。













まだ咲き出して日が浅く、疎らな感もあるが、もう二、三日したらもっと密な花筵になることだろう。

カタクリの大株 






モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする