モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

陽春の白神山麓/大間越、御所の台を訪なう。(2019年4月28日)

2022-05-05 | 白神山地西部

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

4月28日は、白神山地の山麓を訪ねてみた。

能代市郊外から白神岳(左)と向白神岳を望む。



県境付近から艫作崎方面を望む。大間越海岸はこの少し先。




今日は大間越の少し北まで行き、折り返す。

いきなり地味な植物から始めるが、道端の山林にはこんな花が。

ヤマアイ
 
                                           ウラシマソウ



ヤマアイは地味だが、東北ではかなり珍しい。ウラシマソウはたぶん北限かなと思う。

白神橋から間近に白神岳を望む。



大間越(青森県深浦町)はフクジュソウを観に三月下旬にはよく行く場所(こちら)だが、

フクジュソウの咲いた後はさっぱり行ってなかった。
その後、どうなっているのか、ちょっと気になっていたので、今回、訪ねてみた。

大間越、フクジュソウ群生地の森



フクジュソウの終わった林の下はニリンソウの花の海になっていた。

ニリンソウ



他にはシラネアオイやミヤマキケマンが少々。

シラネアオイ
 

                                         ミヤマキケマン

花はまだ咲いてないが、トリカブトも多かった。

撮影中、山菜取りの方が近くに大勢居たが、皆さんは何を採っていたのだろう。


この日は大間越の後で秋田県側にある御所の台に寄ってみた。
ここは下の方は桜が植えられ、公園として整備されているが、
上の方は明るい雑木林が続き、花の種類も多い処。




今回、歩いたのはオレンジの点線。




上のマップ①から歩き出したら、まず目についたのはヒトリシズカ。

ヒトリシズカ



そのうちラショウモンカズラも混ざって賑やかになってきた。

ヒトリシズカとラショウモンカズラの群生。



ラショウモンカズラ 

 

                                             オドリコソウ

遊歩道沿いにはスミレの仲間が多かった。

ニオイタチツボスミレ



タチツボスミレ
 

                                             ヒナスミレ


アカネスミレ



途中、ニリンソウやシラネアオイも散見したが、既に出ているので省略。

カタクリの咲き残り
 

                                             コキンバイ

オオバクロモジ
 
                                           ナツトウダイ


今回はこの木に魅了された。




合体しそうな木
 

                                          ハタハタで有名な八森漁港。

山の上の方からの眺め。

南側、日本海越しに男鹿半島を望む。左は寒風山、右は男鹿本山。



モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新緑の八塩山・後編(2022年4月24日)

2022-05-05 | 東光山・八塩山

(本頁は「新緑の八塩山・前編」の続きです。)

八塩山の山頂台地では、鳥海山の眺めだけでなく、ブナ林も素晴らしい。

山頂台地のブナ林



この場所のブナはまだ芽吹いてないように見えるが、

林の下の雪の上にはパラパラとオレンジ色の粒々が落ちていた。
これはブナの冬芽を覆っていた芽鱗だ。

ブナの芽鱗



もう少し経つとこれが雪の表面をびっしりと覆うようになる

先の「North East 鳥海山・2022陽春」の百宅入り口のブナ林写真をリプライズ。

今朝見て来た百宅入り口のブナ林



山頂台地のブナの新緑、開花はもうじきだろう。

山頂台地のブナの根開き



ホウノキの落果

 

                                            鳥の巣も落ちていた。


山頂台地の他の木(低木など)の状況。

マルバマンサクの疎らな花と鳥海山



マルバマンサクの疎らな花



オオカメノキの花芽



オオカメノキの葉芽




八塩山を下山した後、登山口のすぐ近くにあるボツメキ清水に寄ってみた。




ここには多くの方が水汲みに訪れているが、私は花を見に来た。
雪が融けたばかりの斜面では、カタクリが咲き出し、場所によっては花筵になっていた。

カタクリの花筵



カタクリ



カタクリ



カタクリとエンゴサクの混生



紅紫のエンゴサク
 

                                          バッケ(フキノトウ)


キクザキイチゲ濃色タイプ



スミレサイシン




八塩山を下りた後は秋田市まで出羽丘陵の山あいをのんびりと走って帰った。

途中、大内町の丘陵では八塩山では見られなかった花、オオバキスミレやルリソウを見ることが出来た。

オオバキスミレ



ルリソウ



キクザキイチゲ濃色タイプ




このキクザキイチゲ、今年見た中では最も濃い色だった。


以上。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする