モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

紅葉期の乳頭山と千沼ヶ原。【行き】(2016年10月2日)

2021-10-08 | 乳頭・千沼ヶ原/秋

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

10月1日は秋田駒だった(こちら)が、
一旦、秋田市自宅に帰り、翌10月2日は乳頭温泉から日帰りで千沼ヶ原に行って来た。

当然だが、途中の乳頭山には一日に二回登った。
その折に見た紅葉や山岳風景があまりにも素晴らしかったので、今回は二回(行きと帰り)に分けて紹介させて頂く。

10月1日、湯森山から見た乳頭山。



乳頭山は8月11日、山の日(記録はこちら)と同様、乳頭温泉のひとつ、孫六温泉から登る。

6時30分、スタートで 乳頭山頂には8時40分に到着。

今回の非合法マップ



途中のブナ林はまだ緑のまま。今日は私以外にも登山者が居た。

乳頭山のブナ林                                        アオモリトドマツ
 



針葉樹林帯に突入すると、紅葉がちらほら目につくようになる。

田代平から乳頭山を望む。



田代平を過ぎ、いよいよ乳頭山の登りにさしかかる。




少し登って、来し方を振り返ると・・・

奥に森吉山、中ほどに小白森、大白森の連なり、手前に田代平と田代山荘。



もうすぐ山頂。秋田側の景色が開けてくる。

秋田駒ヶ岳と田沢湖(鳥海山のおまけつき)。



秋田駒ヶ岳のアップ。手前に笹森山が重なっている。



もろ山頂。岩手県側の景色が一気に開ける。

乳頭山山頂と岩手山



鞍掛山と姫神山



高倉山の上に早池峰山



南には大きく笊森山



乳頭山を降りて、千沼ヶ原へ向かう。

右に乳頭山。左は秋田駒。



ウスユキソウの残花                                 ホソバイワベンケイの紅葉
 



ミヤマキンバイの草紅葉



ミヤマキンバイがこんなに赤く色づくのは珍しいと思う。

ミネカエデの紅葉



途中、綺麗な紅葉にしばし釘付けになってしまう。

バックは笊森山。



紅葉を前景にした岩手山も素晴らしい。










岩手山のどアップ。



鞍部の秋田県側にある小さな湿原。名称は不明。大昔の火口跡か。










針葉樹林帯に突入したかと思ったら、千沼ヶ原に到着。




【帰り】へ続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする