モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

アヤメの咲く頃、焼石岳に行ってみた。(2017年7月14日)

2021-07-14 | 焼石岳/盛夏

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

焼石岳は7月8日に行ったばかり(こちら)なのに、一週間もしないうちにまた訪ねてしまった。
今回(7月14日)は初回(6月17日)同様、中沼コースを通り、主にヒオウギアヤメの花を見て歩いた。
この日の中沼コースは平日でしかも姥石平のお花畑がひと段落したこともあり、登山者は少なかった。
よって前半はクマに怯えながらの林歩きとなったが、中沼から一変する風景はいつもながら素晴らしい。

中沼から横岳の山並みを望む。






今回の非合法マップ



ヒオウギアヤメは中沼の畔にも少し咲いていたが、
量的には上沼から先の湿原で多く見かけた。

ヒオウギアヤメ
 

                                       モミジカラマツ(上左の方)とカラマツソウ

リュウキンカ



銀明水付近で見た花たち。

カラマツソウとシナノキンバイ(右下)


シナノキンバイ

 

                                            キヌガサソウ


銀明水の上で咲いていた花たち。

ヒナザクラ



ヒオウギアヤメは姥石平の入り口付近にも咲いていた。

ヒオウギアヤメと東焼石岳



今回も姥石平を掠め(後でゆっくり見るつもり)、焼石岳山頂に直登。

泉水沼と焼石岳



横岳との鞍部から先、鳥海山が見えるようになった。
今日、天気は好かったが、下の方は靄っている。よって鳥海山は山頂部しか見えなかった。

鳥海山



ほぼ南西方向の眺め。カルデラかカール(圏谷)のような地形が広がる。




その少し南側、彼方には雄物川源流部の山々が重なる。

雄物川源流部の山々と月山



真南の方角に栗駒山。




栗駒から焼石はよく見るのにここから栗駒を見たのは初めてかもしれない。


山頂から西北西方向、西焼石岳を眺める。




山頂から西北西方向の眺め。
この眺めは確か田中陽希さんがグレートトラバース2で絶賛されていたように記憶している。

左の沼の名は不明。真ん中付近に焼石沼。その奥のピラミダルな山は三界山。



山頂から九合目・焼石神社に下る。
秋田斜面に咲いていた花たち。

トウゲブキ
 

                                            マルバダケブキ

ここでは近縁のトウゲブキとマルバダケブキが隣り合って咲いていた。
前者は奥羽山系では分布の南限に近く(出羽山系ではたしか月山が南限)、後者はたぶん北限かと思ったら、後で盛岡市付近の低山でも見た。

オオカサモチ(オニカサモチ)。他にクガイソウ、シナノキンバイ。
 
                                             オニアザミ


ワタスゲ。九合目・焼石神社直下の湿原にて。



六月に花がいっぱい咲いていた姥石平が今回は緑一色だった。


姥石平と横岳



疎らに咲く花は白ばかりだった。

ウスユキソウ


ムカゴトラノオ



ムカゴトラノオは地味な花だが、東北では非常に珍しい。他では和賀岳山頂くらいか。
他にはオノエランやムシトリスミレの咲き残り、ネバリノギランを見かけた。
このお花畑は六月下旬から七月中旬にかけてひと休みする。そして八月が近づくとまた賑やかになる。

東焼石岳山頂から東側を眺めてみる。

東焼石岳山頂から東側の眺め。六沢(むざ)山や経塚山、天竺山など。



東焼石岳山頂から北東側を眺めた。
奥の山は牛形山(1339m)。




手前の綺麗な池沼風景には今回初めて気づいた。
この池沼に名前はまだついてないようだ。





最後に今朝一番に見たダム湖風景を。奥の山は栗駒山。




今日の焼石、花は物足りなかったが、周辺の景色はよく見えた一日だった。



モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする