モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

初夏の焼石岳。東成瀬ルート・後編。(2018年6月23日)

2021-06-28 | 焼石岳/初夏

(本頁は「初夏の焼石岳。東成瀬ルート・前編。」の続きである。)

九合目に到着。ここで道は三方に分かれる。
今回は焼石岳山頂には行かず、北にある南本内岳をめざすことにする。

九合目・焼石神社の手前。右奥に焼石岳山頂。



今回の非合法マップ




南本内岳山頂には30分程度で到着。このルートは今の季節、花は少ないが、展望は抜群だ。


南本内岳山頂から北側を望む。右は牛形山。



南本内岳山頂から北西側、三森山方面を望む。



もし今日、南本内ルートから登っていたら、
今見下ろしている角度からヒーヒーハーハー言いながら登ってくることになっていた。

なお南本内岳からの眺めで一番好きなのは三界山の角度。ここから見る三界山は男性的だ。

南本内岳山頂付近から西側、三界山を望む。



南本内岳山頂付近から西側を望む。

左のふたこぶは大森山。その奥にぼんやりと鳥海山。右に三界山。



ふたこぶの大森山の上に鳥海山が微かに見えた。

 
                                             ウサギギク

南本内岳山頂湿原から東側、経塚山を望む。




九合目に引き返す途中、名無し沼と西焼石岳。




再び九合目到着。今度は左側、東焼石岳に向かう間道に入る。

九合目付近から焼石岳



九合目付近の雪渓はスプーンカットが明瞭だった。




雪渓の割れ目から、ミズバショウやシシウドの仲間などがもやし状に伸び出している。




その後はしばし灌木帯を歩く。

この間道、以前は藪がうるさかったが、昨年秋に刈り払いされ、だいぶ歩きやすくなった。

サラサドウダンと南本内岳


こちらのサラサドウダンは色が濃かった。バックは牛形山。



東焼石岳のお花畑は姥石平と一つながりになっており、焼石では花が最も豊富な場所とも言える。
初めはチングルマやイワカガミ、ワタスゲ、ヒナザクラなど湿性の高山植物が多い。

チングルマ
 
                                                  イワカガミ


九合目から30分ほどで姥石平からの道と合流する。
ここは6月上中旬には、ハクサンイチゲにミヤマシオガマ、ミヤマキンバイ、ユキワリコザクラなどが混じり合い、
全国レベルでも屈指の高山お花畑になる(こちら頁参照)が、
下旬になるとほとんどの花が終わる。
ユキワリコザクラに至っては完全に終わっていた。
もう一週間早ければ・・・と悔やんでもしょうがない。

残り少なくなったハクサンイチゲと焼石岳


ハクサンイチゲ
 
                                             ミヤマシオガマ


東焼石岳に行っても状況は同じだった。

東焼石岳のお花畑。バックは横岳。






青紫の小さな草はムシトリスミレ。こちらはまだ盛りだった。



ムシトリスミレ



ホソバイワベンケイ
 
                                            キバナノコマノツメ


東焼石岳山頂付近から東の方を仰ぐ。

六沢(むざ)山と経塚山。


経塚山


怪峰・青岩(1090m)


六沢(むざ)山の湿原と池塘。まだ雪に覆われている。バックの山は牛形山。



今回はここまで。来た道を登山口まで引き返す。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初夏の焼石岳。東成瀬ルート・前編。(2018年6月23日)

2021-06-27 | 焼石岳/初夏

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。長帳場なので前編、後編の二部構成とした。)

焼石岳には6月になったらすぐ行くつもりで居たが、天気待ちや他の山を優先している間に、だいぶ遅くなってしまった。
今回は幾つか気になる花が有ったので、岩手県の西和賀町湯田から南本内岳に登ろうと思った。
このルートから入るのは、1994年以来で、当時の林道はひどい悪路だった。
最近の状況をネットで調べてみたが、ここニ年ほどは湯田から入ったという記録を見い出せなかった。
しょうがない。自ら行って確かめるしかないと、6月23日、未明に家を出て登山口に向かった。

三界山。焼石岳山域では最もイケメンの山。



ところが残念。南本内川沿いの林道入り口に「全面通行止め」の看板が立っていたのだ。

無理したら行けるのかもしれないが、私のクルマは最低地上高が低いので無理しないことにした。
代わりに秋田県の東成瀬村からの入山に急遽変更する。

おかげで走行距離にして約80キロ、時間にして約一時間のロスが生じたが、
東成瀬村の横林道を詰めた三合目登山口には6時すぎに到着。

最近の焼石人気を反映してか、平日なのに既にクルマが数台止まっていた。

今回の非合法マップ



このルート、登り始めの標高は930mと高いのに距離が有る。しかも行程の半分くらいが森林歩きで見通しが効かない。
五合目・釈迦懺悔でつかの間の展望を愉しむ。

釈迦懺悔より栗駒山を望む。



釈迦懺悔より三界山、南本内岳、西焼石岳を望む。
(こちらの写真は下山時に撮ったもの。朝は逆光で見えにくかった。)



釈迦懺悔の後は折角登ったのに少し勿体ないが、100m近く降下して、胆沢川を渡渉。
これが三回も有る(今回は行き帰りともに濡れずに渡れた)。

胆沢川の渡渉点



渡渉すると、少しずつ花が現れて来る。

ノビネチドリ
 
                                                                                                    ツルキツネノボタン。地味だが比較的珍しい花。


ミヤマカタバミ



やや透明のサンカヨウ
 

                                              ツバメオモト


他にはギンリョウソウの芽出しやマイヅルソウなど白い花ばかり。
樹林帯にもいい加減飽き出した頃、梢越しにちらりとキヌガサソウが見えた。

キヌガサソウの小群生



キヌガサソウ
 



今回の焼石で気になる花のひとつはキヌガサソウだった。
当初、岩手県の西和賀町湯田から入ろうとしたのは、この花が豊富に有ったと記憶していたから。
それが果たせず、東成瀬ルートに変更したわけだが、こちらでも出会えて嬉しかった。
更に高所では咲き出したばかりのキャピキャピ娘にも会えた。

咲き出したばかりのキヌガサソウ
 
                                  ズダヤクシュ。バックに古くなったキヌガサソウが写っていた。


八合目・焼石沼が近づくと、道端には・・・

オオバキスミレとノウゴウイチゴ



ノウゴウイチゴ
 

                                         シラネアオイ(丸弁タイプ)


シラネアオイは樹林帯にも有ったが、八合目前後のものが新鮮だった。

焼石沼手前の湿地で、黄色い花の群生に遭遇。

リュウキンカの群生。



リュウキンカ有るところにはミズバショウも。奥の山は焼石岳。




東成瀬ルート八合目の焼石沼付近は昔、南部短角牛を放牧していたところでちょっと変わったフロラになっている。

昨年、7月8日に来た時はミヤマキンポウゲがびっしり咲いてみごとなイエローガーデンになっていた(こちら参照)が、
今回はちょっと様相が違う。

焼石沼と西焼石岳



別の黄色い花でビッシリなのだ。
正体はバラ科のキジムシロの仲間、正確にはエチゴキジムシロと思われる。
真昼岳や太平山でも見たが、群生の規模は焼石の方が圧倒的に大きかった。


焼石沼と西焼石岳。前面にはエチゴキジムシロ。
 

                                         三界山。前面にはエチゴキジムシロ。


エチゴキジムシロの群生。




焼石沼から先は花の多い斜面を登っていく。

ハクサンチドリ
 
                                             ミヤマオダマキ


来し方を振り返る。

三界山ともっこ岳




この斜面は秋田側を向いているので、私は勝手に「秋田斜面」と呼んでいるが、7月から8月にかけて花に埋もれる場所だ。
なお同じ山域なのに、中沼ルートとは花の顔ぶれがかなり違う。
今回の目当てのひとつ、シナノキンバイがあちこちで咲き出していた。この花は東北の高山には少ない。

シナノキンバイ
 
                                          タカネスイバ

ベニバナイチヤクソウとイワオウギ。いずれもまだ蕾。
 

                                       コバイケイソウと西焼石岳


後編」へ続く。

モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花の焼石岳・初夏の陣。後編。(2021年6月10日)

2021-06-20 | 焼石岳/初夏

(本頁は「花の焼石岳・初夏の陣。前編。」の続きです。)

今日はよく晴れているので鳥海山が見えるかもしれない。
なお鳥海山のように西にある山は、朝によく見える傾向が有るので、時間は少しでも早い方が良いだろう。
そのため姥石平では休まず、焼石岳山頂へと向かった。

横岳との鞍部まで登ると西の秋田側の景色がワーッと開ける。



あいかわらずの素晴らしい眺めだったが、
う~。残念。鳥海山はもやっていてよく見えなかった。

山頂手前から、もやっている鳥海山をクローズアップ。



期待していたが、(T_T)よく見えなかった。
しかしこの約五時間前、五時頃には見えていた。角度的には焼石岳とほぼ同じ。

丁度その時は横手実家の近くを移動中だった。一応、見えているがクッキリとは言い難い。

朝5時頃、平鹿町アップルロードから眺めた鳥海山。



西側、他の眺めはまあまあ好かった。




南西方向、虎毛山や泥湯三山、神室連峰など(視程の良い日には神室山の奥に月山も見える)。



柴沢山方面。



山頂までの間に咲いている花はミヤマキンバイが多く、




ミヤマダイコンソウやイワウメもそろそろ参戦といったところ。

ミヤマダイコンソウ
 

                                               イワウメ

キバナノコマノツメ




南側、栗駒山はよく見えた。登山前にも見ているので、今日は二回見た。




山頂から北西方向、三界山や焼石沼を望む。




山頂から南東側、横岳や泉水沼、姥石平を望む。




今回は鳥海山がよく見えなかったので、山頂には長居しなかった。

握り飯をぱくついたら、さっさと姥石平に降りて東焼石岳に向かった。
そこはおそらく今の時期、国内で最も美しいと思われるお花畑になっている筈。
花はハクサンイチゲが多い。

ハクサンイチゲのお花畑ならば、鳥海山の長坂道稜線や月山もみごとだが、いずれもハクサンイチゲ単体だ。
焼石の素晴らしい点はハクサンイチゲの白をベースにしながらも、色の違う他の花が混じっている点だろう。
他の花とは、ピンクのユキワリコザクラやマゼンタのミヤマシオガマ、黄色のミヤマキンバイなど。
今回は逃したが、場所によってはイワカガミ、チングルマ、ミヤマダイコンソウも混じる。

季節が進むと、もう少し種類が増えるが、今日の時点では・・・

焼石岳をバックに。



東焼石岳の方に歩いてみる。バックはやはり焼石岳。





バック無しで道の反対側の花筵。




ハクサンイチゲの根元にユキワリコ。ミヤマキンバイも。
 
                                         ユキワリコとミヤマキンバイ

ハクサンイチゲとユキワリコ



ユキワリコだけの場所は珍しいかも・・・。




ハクサンイチゲの陰にミヤマシオガマ



ミヤマシオガマほぼ単独。



四種混合シーン




またまたミヤマシオガマ。

 
                                       このミヤマシオガマは白花のようだ。


東焼石岳は平らで地味なお山だが、全山これお花畑になっている。

東焼石岳の花の小道。バックは横岳。



ミヤマキンバイがほどよく混じった場所。



ミヤマキンバイとハクサンイチゲ



この小道、いい雰囲気だ。




東焼石岳の東端。ここからの眺めも素晴らしい。左は六沢山、右に経塚山。




モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花の焼石岳・初夏の陣。前編。(2021年6月10日)

2021-06-19 | 焼石岳/初夏

今年初の焼石岳は6月10日、代表的な中沼コースから入った。
未明に秋田市から国道13号線を南下、実家のある十文字町で国道342号線に入り、
更に東成瀬村岩井川で国道397号線にチェンジして東進。

姥石平のお花畑。バックは焼石岳。



この日は奥州湖のあるポイントから栗駒山が見えた。見えるのはわずか100mくらいの区間だ。

しかも早朝は霧が立ち込めて見えないことが多いので、今回は久々に見たことになる。

奥州湖の眺め



栗駒山をクローズアップ




今回の非合法マップ




中沼登山口には6時少し前に到着した。
この日は平日(木曜日)なので登山者は少なく、クルマは十台程度だったが、

たぶんこの後、増えて満車に近づくことだろう(以前、休日に来たら、5時30分で満車寸前、最後の一台になったことを経験している)
登山道は泥んこ道で途中は渓流だろうと見越して、(登山靴をリュックに格納)ゴム長で歩き出した。
しかし今回の道は比較的乾いていた。見通しの効かないうす暗い林の坂道はしんどい。

中沼へ行く途中、一番しんどい坂道
 


それでも30~40分間(個人差有り)登ったら、目の前に突然このような風景が開ける。

中沼の鏡面風景



 





私の場合、中沼まではほぼコースタイム通りなのだが、それから先はいつも大幅にペースダウンしてしまう。
理由は花の撮影だ。中沼から先は花の種類、量がぐわんと増えて来る。
シラネアオイなどは上に行けばもっと新鮮で花付きのいいものが現れてくるので撮らないようにしたが、
そうも言ってられない花も多い。

タムシバ



ミズバショウ

                                        サンカヨウ


リュウキンカ




コバイケイソウ
 
                                         ツルキツネノボタン


ツルキツネノボタンは地味な花だが、ここにはとても多い。
一見どこにでもありそうな花だが、八幡平を除く他の山ではなかなか会えない珍しい花なのでここでしっかり見ておこう。


上沼と横岳。



上沼より先の登山道は夏場、渓流のようになっており、
普通の登山靴では水が入ってしまうため、いつもゴム長で歩いているが、

今回はどうしたことだろう。水量が少ない。これなら登山靴でも十分だった。
上沼の先、渓流登山道を抜けた先でもう大丈夫だろうとゴム長から登山靴に履き替える。
ゴム長で通す人も多いが、私の場合、姥石平手前のゴツゴツした石ころ道がゴム長では足裏に厳しい。

銀明水が近づくといよいよ残雪が現れる。

つぶ沼コース分岐点付近の残雪



つぶ沼コース分岐点付近の残雪は傾斜がきつく、
雪の上に這い上がるのにいつも難儀しているが、
今年はしっかりと雪の階段が作られていた。なお雪解けに伴い、階段は日々変化する。
スコップが常備されているのは心強い。

 

                                         分岐点を越えたところのブナの木

今年は上の立木からロープも張られ、難なく登ることが出来た。作業に当たった皆さまに感謝。

銀明水はちゃんと雪から出ていた。
この水場のおかげで焼石は長丁場でも最初から持参する水が少なくて済む。このことにはいつも感謝。

銀明水の水場


銀明水から先の雪渓



銀明水付近の斜面は残雪が多かった。
銀明水から先はしばらく雪渓歩きとなった。アイゼンを履くほどの傾斜でもない。履いてもすぐ脱いでまた・・・。

かといってツボ足だとズルズルと歩きにくく、この登りではけっこう消耗した。
次は下山時に撮った写真だが、銀明水の上の雪渓を見下ろしたもの。



雪渓は登る時はしんどいのだが、下りの時は楽々天国。

銀明水から先、しばらく雪渓が続いたが、それが尽きると笹や低木の中を登るようになる。
焼石岳東面は中腹に雪が多く、上に行くと無くなる。

道端に鮮やかな色の花が少しずつ増えて来た。

ベニバナイチゴ


ミヤマスミレ

 

                                                オオバキスミレ

イワカガミ



ミヤマキンバイ

 

                                              シラネアオイ

ヒナザクラ




姥石平から焼石岳を望む。




ポツポツ白いのはハクサンイチゲだ。
一昨年6月4日、来た時(こちら)よりも季節の進行が少し遅い感じだ。

ハクサンイチゲ



今回は姥石平では休憩を取らず、焼石岳山頂をめざした。

後編」へ続く。

モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼石岳花紀行(2019年6月4日)

2021-06-05 | 焼石岳/初夏

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものです。今回、写真を少し入れ替えて二度目のアップとなります。

東北には花の名山が多いが、一番綺麗な高山のお花畑は何処だと聞かれたら、
私は焼石岳と答えようと思っている。
そのお花畑が出現する時期はとても早く、例年だと6月上~中旬頃。今年は6月4日に訪ねてみた。




今回は岩手側、中沼コースから入山。
例によって非合法マップ。




早朝の中沼の水面は凪いで、横岳がしっかり映っていた。

早朝の中沼鏡面風景(背景は横岳) 



中沼畔に咲くムラサキヤシオ                                                           上沼 
 


上沼から先は残雪が現れ、登山道がわかりにくくなる。

かと思うと、登山道が雪解け水で渓流になっているところもあった。
今回、登山靴はリュックに入れ、ゴム長で歩いているが、それは正解だったようだ。

残雪に覆われた場所。ここでは踏み抜きや滑落に注意。                            その上の登山道は雪解け水で渓流になっていた。
 


つぶ沼分岐点やその上はまだ冬かと思われるほどの大量の雪が残っていた。

銀明水までの間は、ブナの新緑と白い雪のコントラストが強烈だった。
ところどころ道が判らなくなるので、ピンクテープを必死で探す。




銀明水に辿り着いたら、水場が現われていたのでホッとする。

向かいの斜面の雪が消えた処はリュウキンカとミズバショウでびっしりだった。

銀明水付近のリュウキンカ、ミズバショウ群生



 銀明水付近のリュウキンカ、
ミズバショウ群生                   ショウジョウバカマとコバイケイソウの芽出し
 


銀明水から先もしばらく雪原歩きが続くが、渓流はもう無いので、靴はゴム長から登山靴に履き替える。

理由はさらに上は石ころばかりの道になり、ゴム長だと底が薄くて足裏が痛くなるから。
雪原を越え、石ころ道をしばらく歩いていたら、初々しいハクサンイチゲの出迎えを受ける。

ハクサンイチゲ



いつの間にか姥石平(標高1421m)に到着。
途中はあんなに雪が多かったのに、ここは無雪だ。
少し歩くと、天国のようなお花畑が始まる。

姥石平のお花畑。バックは焼石岳。



ハクサンイチゲの間にミヤマキンバイやユキワリコザクラも少し混じっている。




今日はよく晴れているが、視程はイマイチなので、山頂から鳥海山や月山などの遠方の山の眺めは期待できそうにない。
よって焼石岳山頂には登らず、姥石平や東焼石岳のお花畑を堪能し、間道を通って南本内岳をめざすことにした。

東焼石の方に進むとユキワリコザクラが増えて来た。




ユキワリコザクラ






ユキワリコザクラとミヤマシオガマ




ミヤマシオガマは咲き出したばかり。もう一週間後あたりが見頃だろうか。




姥石平のお花畑




東焼石岳から横岳を望む。
手前に咲くのはミヤマキンバイ。



東焼石岳から経塚山方面を望む。



姥石平、東焼石の後は間道を通って南本内岳(1492m)へ。

途中は残雪が多く、花は少なかった。

間道から牛形山を望む。
 


ヒナザクラ



ミツバオウレン                                    シラネアオイ
 


南本内岳山頂手前には割と大きな沼が有るが、名前はわからない。仮に無名沼としておく。

無名沼越しに焼石岳(左)や西焼石岳を望む。



今日は晴れているが、遠くは霞んでいる。鳥海山はほとんど見えなかった。
                    ⇒ どうしても見たい方はこちらをご覧あれ。

南本内岳(1492m)の山頂は花が少ない印象があるが、今回はチングルマやミヤマキンバイのカーペットになっていた。

南本内岳山頂



ミヤマキンバイ



山頂からは近くの三界山(1381m)が格好良かった。

花や三界山を眺めながら昼餉としたが、今日、南本内岳まで来たのは我独りのようだった。

南本内岳山頂のチングルマと三界山。



三界山(1381m) 



モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする