モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

月山でクロユリとキヌガサソウを見た。3(2021年6月30日)

2021-07-13 | 月山/装束場、南山麓

(本頁は「月山でクロユリ・・・を見た。2」の続きです。)

クロユリも見たので、いつもならばこれで終わりだが、今回はこの後、まだ続きがある。
この後、キヌガサソウを見たくて、湯殿山ルートの途中にある装束場という処に立ち寄ったのだ。
なお月山のキヌガサソウは2016年7月中旬にも見ている(記録はこちら)が花はだいぶ古くなっていた。
今回は新鮮なキヌガサソウを見たかった。

なお装束場は登りに通過した金姥(かなうば)という分岐点から一時間近く降下したところ。
更に降下すると湯殿山や玄海広場に至るが、クルマを拾えない。

したがって帰りはリフトを使って姥沢に下山する関係で同じ道をまた登り返す必要がある。
リフトは最終が16時半なので、それに間に合えばいいだろうと降下して行った。


金姥から装束場に降下する道




降下中に見た品倉尾根




再度、今回の参考マップ。




金姥の標高は約1620m、装束場は約1340mなので300m近い降下となる。ということは、帰りは300m近い登り返しになる。

降下中に見た花、ゴゼンタチバナ



降下中に見た花、アカモノ



ミヤマカラマツ                                   シラネアオイの残り花
 


この道にはミヤマキンポウゲがやたらと多かった。




なおその下草としてタテヤマウツボグサの芽出しがびっしりだった。
真夏以降、この道は青紫色に染まるだろう。
他にはマイヅルソウ、ノウゴウイチゴ、ミヤマツボスミレなども見かけた。

装束場に向けて降下していくと、目の前に突然、雪渓が現れた。
この雪渓、けっこうな傾斜で帰りはアイゼン無しでは登れないだろう。

最初の雪渓。奥に見える山は最近、湯殿山と呼ばれるようになったピーク。



更に降下して、清身川に到着。と言っても、そこは新たな雪渓で埋まっていた。

清身川の雪渓。



残雪の表面はみごとなスプーンカット模様。まだ早かったかなと思ったが、

雪渓周囲の笹薮の中を見たら、それは咲いていた。まだういういしいキヌガサソウだった。

ういういしいキヌガサソウ



キヌガサソウの蕾                             
ういういしいキヌガサソウ
 



ちゃんと開いたキヌガサソウ(後述の装束場にて)




キヌガサソウの花アップ                                イワイチョウ

 



キヌガサソウは見たものの、折角来たのだからと装束場まで降りてみた。
ここにもキヌガサソウの小さなコロニーが有り、ちゃんと開いた個体も二、三個有った。
装束場から、南側、朝日連峰方面を望むが、残念、雲が出ていた。



ウラジロヨウラク



装束場付近から、湯殿山神社の谷を望む。ここから望む湯殿山神社の谷は深い。
昔、若い頃、滝水を浴びながら月光坂を鉄梯子で降りて神社まで行ったが、年老いた今、その気力体力は無い。

 


何故かここではハクサンフウロが咲いていた。山頂や稜線ではまだ咲いてなかったのに、ここだけ異常に早い。


何やら賑やかな男の声が聞こえて来た。
それは山伏ではなく、タケノコ採りのオッサンたち(たぶんプロ)だった。

登山者が(今日は)皆無のルートなので、私の姿を見て彼らも吃驚したようだ。
「石跳(いしばね)川を登って来て、タケノコ採って、またそこを降りるつもりだが、
残雪で一部の道が塞がれており、けっこう難儀した。アンタはどっから来た。」と聞かれたので、
「キヌガサソウを見たくて山頂から降りて来た。帰りはまた金姥まで登り返してリフトで降りる。」
と言ったら、
「キヌガサソウ、そんな花知らねえな。リフトはまだ乗ったことがねえ。料金はいくらかかる。」との質問。

往復で1100円と答えたところ、
「それは安い。我々も乗りたい。でもタケノコ背負って乗ったらひんしゅくものだな。気を付けて帰りな。」

と言って笑いながら、去って行った。

装束場付近から、来し方、金姥方面を望む。



ミズバショウがちらほら咲いているが、これを登り返して、右側の姥ヶ岳を越えるのかと思ったら、疲れがドッと出て来た。

キヌガサソウを見た後の装束場から金姥への登り返しはとてもしんどかった。

休む回数も増えて来た。
雪渓をやっと登り終えて、最後の休憩。

 
                                            コバイケイソウ


このままでは最終リフトに間に合わなくなるかもしれない。そうなったらタイヘンだ~! ε=ε=へ(+´π`;)ノ

と金姥からは小走りで姥ヶ岳に登り、リフト上駅へと滑り落ちた。この間、ガスが出て来て涼しかったのがさいわいだった。

姥ヶ岳にはガスが。



ガス山に変身。




リフト上駅へと降下中。




リフトには最終の五分前、16時25分に乗れた。
リフト下駅で降りたら、ニッコウキスゲが奇麗だった。




モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晩夏の月山装束場。後編。(2016年8月20日)

2020-08-22 | 月山/装束場、南山麓

(本頁は「晩夏の月山装束場。前編。」の続きです。)

清身川はいかにもひと休みしたくなるようなスポットだ。
今日も前回も白装束の皆さんが大勢休んでいた。







ゴマナ

 



ダイモンジソウ                                                                                        クロクモソウ
 



クロクモソウ


変わった色の花、クロクモソウは他の山にもあるが、
訪ねる時期や生える場所の関係でなかなか開花に巡り合えないでいた。

今回、清身川にこだわったのは、前回、特徴的な葉を見つけ、たぶん今頃なら咲いてるだろうと思ったから。


モミジカラマツの残花                                                                              ゴゼンタチバナの実
 



ミヤマアキノキリンソウ(コガネギク)                                                          エゾオヤマリンドウ
 



エゾオヤマリンドウ



この場所、今はエゾオヤマリンドウが咲いてるが、
早い時期には別の高山植物が咲いている。
前回(7月16日)に来た時はすぐ近くでキヌガサソウが咲いてた。





登山口の姥沢周辺にもいろんな花が咲く。
今回は時間にゆとりがあったので、下山後、周辺をうろついてみた。


ツルニンジン ?

 
  


クロバナヒキオコシは日本海側ならどこの山にでもあるが、花がとても小さくて写真撮影はきわめて難しい。


クロバナヒキオコシ



クロバナヒキオコシ                                                                                   フキユキノシタ
 


この湧水地斜面は広葉草原になっていた。




時期が早ければもっと多くの花が咲いていた模様。




前編で見たオタカラコウがここでも咲いていた。

オタカラコウ
 


オニシオガマの蕾 



そろそろ帰ろうという矢先に姥沢で珍しい花を見つけた。

薄いグリーン色のトリカブト、オオレイジンソウだ。

オオレイジンソウ
 
 

ここで見出したことは嬉しいのだが、残念ながらシーズンを過ぎていた。
もうひと月早く来るべきだった。


帰りに見た鳥海山(大須郷付近より) 。



今日の鳥海山山頂はずっと雲に隠れていたようだった。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晩夏の月山装束場。前編。(2016年8月20日)

2020-08-21 | 月山/装束場、南山麓

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。

8月20日は鳥海山か月山か迷いつつもまたまた月山に行って来た。
今回は姥沢からリフトを使い、姥ヶ岳に登り、月山山頂には向かわず、例の装束場に下降し、
また登り返すという変則ルート。

7月16日も同じルートを歩き、キヌガサソウなど珍しい花に会ってる(記録はこちら)が、
今回も少し気になる花があったのであえてこのルートにした。
前回同様、登山口に早く着きすぎたので、山麓の山形県立自然博物園で時間調整。
ここの湧水地はオタカラコウの群生がみごとで、まるでイングリッシュガーデンに迷い込んだようだ。


オタカラコウの群生




オタカラコウ                                                                                                  ハンゴンソウ

 


今回の非合法マップ




姥沢付近はポツポツ雨だった。

それでもリフトが終点に近づいたら、一瞬だけ姥ヶ岳が見えた。




しかし上駅を下りて歩き出したら、ポツポツ雨が霧雨に変わり、視界はゼロ。
ちょうど見頃のキンコウカは霧の中だった。

キンコウカ群生
 



 


稜線上では風が台風並みに強く、

リュックカバーを飛ばされたり、風にあおられて転倒したりと散々だったが、
金姥から装束場に向かおうと稜線を外れた途端、風は弱くなった。
ようやく花の撮影が出来るようになった。



ウゴアザミ




ウメバチソウ。白っぽい葉はミヤマウスユキソウ                                   トモエシオガマ

 



オニシオガマ                                                                                  オニシオガマの全体像。でかいものは高さ1m近くなる。
 
 


日本最大のシオガマギクの仲間、オニシオガマにこんな高所で出会うとは夢にも思わなかった。

エゾシオガマ



月山はシオガマギクの仲間が多い山。
他にミヤマシオガマ、ヨツバシオガマもある。

品倉尾根越しに庄内平野を望む。下界はずっと晴れているようだ。



 

タテヤマウツボグサ



タテヤマウツボグサ                            ウメバチソウ
 



ヤマハハコ



更に下降していくと草原にニッコウキスゲの残花がポツリとひと株だけ見えた。

他、近くで咲いてた地味な花たちを。




ニッコウキスゲ                                                                                            ナンブタカネアザミ

 



ナンブタカネアザミ



ナンブタカネアザミは月山ではよく見かけるのに岩手の高山ではほとんど(かマッタク)見かけない。

どうせならガッサンアザミとしたらどうだろうか。


キンコウカ



イワショウブ




ミヤマリンドウ                                                                                         アカモノ(イワハゼ)の実
 


後編へ続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久々の月山はガスサンだった。番外編。(2020年6月22日)

2020-07-05 | 月山/装束場、南山麓

(本頁は「久々の月山はガスサンだった。後編。」の続きです。)

月山の下山後、姥沢のリフト下駅付近を少し歩いてみた。
ここにはミズバショウやリュウキンカなど、春の花がまだ残っていた。

西俣沢の斜面と月山(雲の中)

ノビネチドリ                                                                                           ミズバショウ
 

ミズバショウ



ムラサキヤシオ




リュウキンカ                                                                                              オオバミゾホオズキ

 


オオバミゾホオズキの大群生も有ったが、咲いてるのはまだ数個だけ。
時期をずらしてまた寄ってみよう。

いよいよ姥沢の駐車場を後にして帰ろうとしたら、やっと山が見えて来た。奥の山は湯殿山。





モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

月山にもキヌガサソウが有った。(2016年7月16日)

2020-03-29 | 月山/装束場、南山麓

本ブログを始めて約二ヶ月。アップしているのは昔の山歩き記事ばかりだが、
当初、設定したブロクのカテゴリーを一通り、埋めるまでの期間はこのような古い記事が続くことをどうかご容赦願いたい。
本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。

山形県の月山には昨年(2015年)、4回も登ったが、今年(2016年)はまだ行けてなかった。
この山は高いところまで文明の利器を使え、登りやすいものの、秋田市から日帰り往復するのは登山口までの距離がありすぎてけっこうしんどい。
今回はたまたま7月中旬、社用で山形市に行く機会があったので、その帰りに寄ってみようと考えた。
ただしこの時期は有名な黒百合や個人的に好きなミヤマシオガマの花は終わっているし、ミヤマウスユキソウも残っていても、花は古くなっているだろう。
かといって真夏以降の花たちには少し早く、お花見登山としては中途半端なものになりそうだ。
しかし今年は今回を逃すとなかなか行けない。ここで過去に見たキヌガサソウをふと思い出した。
30年以上も昔の話だが、7月に月山山頂から装束場経由で湯殿山神社に下った際、途中の彼方此方でキヌガサソウが咲き乱れていた。今もそれは残っているのだろうか。ネットで検索したところ、何件かヒットした。群生としては小さなものばかりだったが、まだ有ることは確かだ。しかも時期的にもまだ間に合いそうな雰囲気。コアの生育地、装束場に行くには幾つかルートが有るが、今回は姥ヶ岳から金姥経由で入ることにした。

で結果は、ご覧の通り、だいぶ古くなっていたが、会うことが出来た。



今回の非合法マップ。



今日の山形上空は厚い雲にびっしりと覆われている。もちろん下界から月山の姿はマッタク見えなかった。

ガッサンだからガスサンでもしょうがない、花は何とかなるだろうと向かったところ、中腹の志津から姥沢までの間は予想した通りの濃い霧で何も見えなかった。しかしリフトに乗り、上駅が近づいたら、ご覧のように晴れ上がっていた。
姥ヶ岳への登り道からは月山本体の姿がよく見えた。



しかしそれもつかの間。
9時前にガスがかかって以降、月山の姿は全く見えなくなってしまった。
月山は見えなくても、姥ヶ岳山頂部には花がいっぱい咲いていた。



     ニッコウキスゲ
とヨツバシオガマ                     タカネアオヤギソウ
 


ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)。花は古くなっていた。


金姥の稜線。



金姥に向かう稜線で淡いピンクのお姫様たちに出会った。



エゾツガザクラ(エゾノツガザクラ)だ。



月山のエゾツガザクラ(エゾノツガザクラ) は花冠の色が薄いことから、
厳密にはアオノツガザクラ Phyllodoce aleutica との雑種のコエゾツガザクラ Phyllodoce caerulea f.yezoensis ではないかと思われるが、はっきりしたことはわからない。エゾツガザクラ、コエゾツガザクラのいずれにしても、月山は分布の南限にあたる。
更に稜線を進むと・・・

                            金姥から紫灯森に続く稜線                                                                          ウサギギク
 

ハクサンシャクナゲ


ハクサンフウロ


ハクサンイチゲ


月山なのに白山を冠する花が続いた後は・・・


チングルマやイワカガミのお花畑がキレイだった。
しかし調子に乗って、稜線を先に進み過ぎてしまった。

今日の本命は装束場のキヌガサソウなのだ。紫灯森付近で引き返し、金姥から装束場に向かって下って行く。
なお帰りは、クルマを姥沢に置いているので同じルートを登り返すことになる。

装束場から金姥までの間も花は多かった。
まずはタテヤマウツボグサの咲き出しシーンに遭遇。群生の規模が大きいので、一斉に咲いたらみごとだろう。



                                ウラジロヨウラク                                                                    ウズラバハクサンチドリ
 


いわゆる「雪田」とも呼ばれる場所には特有の花が生えている。

ヒナザクラの群生

   
                                   アオノツガザクラ                                                             ミツバノバイカオウレン(コシジオウレン)
 


後からやってきた白装束の皆さんを先に行かせ、浄身川を渡る。



        ミヤマカラマツ                        これはクロクモソウだろうか。 

オオバミゾホオズキ


道端にパラパラとキヌガサソウが現れ始めた。

 

残念。古くなった花ばかり。



少し藪こぎしたら、小群生が有った。




今回の終点は山頂ではなく、登山口(リフト上駅、約1510m)よりも低い装束場(標高約1340m)。
そこから品倉尾根と湯殿山神社を望む。




昔、月光坂でもキヌガサソウを見た記憶があったので、
鉄梯子を途中まで降りてみたが、
今回は見つけられなかった。 

湯殿山ルート名物の月光坂・鉄梯子 
 

帰りは標高1670mの姥ヶ岳まで標高差300m超を登り返す。変な登山になったが、たまにはいいだろう。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする