モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

「山の日」は乳頭山へ。(2016年8月11日)

2021-08-11 | 乳頭・千沼ヶ原/春、夏

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

8月11日、「山の日」は当初、秋田駒か鳥海を予定していた。

いずれも7月に行ったが、天気が悪く、花に関してはみじめな結果だった。
しかしどちらも山の日は大混雑が予想されたので直前で中止。かわりにマイナーなお山、乳頭山に行くことにした。

笊森山鞍部から見た乳頭山


今回の非合法マップ。



登山口は秘湯として名高い乳頭温泉郷のひとつ、孫六温泉。




早朝5時半から登り始めたが、
林の中はまだ薄暗く、いち早く朝日を浴びた秋田駒ヶ岳が樹間越しにちらっと見えた。



しばらくはみごとなブナ林が続く。しかし早朝にたった一人歩くのは心細いものである。
登りの時は腰に着けたクマ鈴が鳴りにくい。7月末の真昼岳同様、奇声大声を発しながらの登山になった。

 
                                                                                                
一瞬、クマかと思ったブナの木。 


ご覧の通り、ドキッとするような風景にしばし遭遇。

なおこの山域では5月に本物のクマさんに遭遇している(幸いにも、50mくらい手前で発見、既に後ろ姿だった)。

ブナに代わって針葉樹のアオモリトドマツが現れるようになると、稜線(田代平)は間近だ。

樹木は疎らになり、見通しが効く。クマの恐怖からは解放されたものの、朝日に向かっての登山なので今度は日が眩しくてたまらない。


アオモリトドマツ                             田代平で最初に出会った花はワレモコウ?
 

                                                                                             
田代平から乳頭山を仰ぐ。(´π`;)なんかゴマフアザラシのようなお山。




乳頭山頂はすぐ目の前だ。

この山の南側は切り立った崖になっている。




特に急いだわけでもないが、8時前、山頂に到着。見渡す限り、ヒトは誰も居ない。

しばし360度の展望を愉しむ。



東側に岩手山。




南側、左から遠く和賀山塊、手前に湯森山、秋田駒ヶ岳、
そして右端に田沢湖を望む。



駒ヶ岳の右肩にうっすらと鳥海山も見えた。

 



西側に田沢湖を望む。

 



北西の方角は奥に優美な森吉山、中列右にグレートフラット・大白森、手前は今、登ってきた田代平。




北側に大きく八幡平の山並みが広がる。

中ほどに少し尖って見えるのは茶臼岳、右は大深岳と源太ヶ岳。

 



今回の乳頭山だが、花はあまり期待してなかった。

すぐ近くに花の名山、秋田駒ヶ岳があるが、乳頭山の花について話題になることは極めて少ない。
またこの山は若い頃、秋田駒から複数回、縦走しているが、急ぎ足で通り過ぎたせいか花の記憶はほとんどない。
今回は時間にゆとりがある分、乳頭山の花をしっかりと見ようと思う。

山頂から北東方向、小乳頭をめざして歩くと、すぐに黄色系のお花畑が現れた。
バックの山は笊森山。




ニッコウキスゲと岩手山                                                                                 トウゲブキ

 


ミヤマリンドウ
 



小乳頭から南東方向を望むと、今まで見ることのなかった山岳風景が展開する。

この角度からの乳頭山は尖がった帽子のようだ。岩手側の呼び名、烏帽子岳もむべなるかな。

乳頭山と秋田駒ヶ岳(左) 



再び乳頭山頂に迫り、南面に咲く花を見ながら千沼ヶ原へ向かうことにする。

今の時期、乳頭山の南斜面やそれに続く稜線は「シャジンロード」と呼びたいくらいタクサンシャジン、
じゃないハクサンシャジンが多い。

乳頭山頂をバックにハクサンシャジン。 

 

                                                下の方は花の終わったミヤマキンバイ。



ハクサンシャジンを主体としたお花畑



ウスユキソウ                                 
タテヤマウツボグサ
 
 

秋田駒に咲くウスユキソウの仲間はミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ) Leontopodium fauriei だが、
乳頭山ではただのウスユキソウ Leontopodium japonicum (ミネウスユキソウ Leontopodium japonicum var. shiroumense とする説もある)だ。
ひとつながりの山なのに、咲く花は微妙に違っている。

荷葉岳(1254m)を望む鞍部にはキオンが群生していた。この花も秋田駒ヶ岳では見たことがない。




先達川最上流部の名無しの小湿原 



千沼ヶ原は乳頭山頂から小一時間ほど歩いた先にある。国内でも有数の高層湿原と聞く。




 
                                          
エゾオヤマリンドウ 


乳頭山にはこの後も時期をずらして何回か登り、花は概ね把握できた。
おかげで花図鑑を作成することが出来た。

⇒ 乳頭山(と千沼ヶ原)の花図鑑1.初夏編  2.盛夏編  3.晩夏~、希少種編



モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

七月中旬の笊森山・千沼ヶ原。(2019年7月15日)

2020-07-18 | 乳頭・千沼ヶ原/春、夏

17日、18日は二日続けて登山しております。よって自宅でPCに向かう時間が確保出来ないため、
投稿が疎らになっております。どうかご了承下さいませ。

(本頁は「七月中旬の乳頭山・・・」の続きです。)

乳頭山隣の笊森山はこの山系では秋田駒ヶ岳に次いで二番目に高い山だが、
奥まった場所にあるせいか、その名はあまり知られていない。

乳頭山の下りから見た笊森山(1541m) 



今回の非合法マップ



乳頭山から続く稜線を歩いていると、どこまでが乳頭山でどこから笊森山なのか迷ってしまうが、

今回はこの湿原池塘が見える場所から始めてみる。

名無しの湿原池塘。奥に田沢湖もちらっと見える。
 

すぐに千沼ヶ原への分岐点に到着。



ここから先、笊森山に直登するが、道は相変わらず灌木が覆いかぶさっていて歩きにくい。


コメツツジ                                                                                                   ヨツバシオガマは笊森山にも多かった。

 
 

この岩場ではイワウメやミヤマキンバイの花は終わっていたが、オノエランは盛りだった。




この山域にはオノエランが多かった(乳頭山にも有ったが、花は終わっていた)。

オノエラン                                                                                                     ウサギギク
 

   
トウゲブキは咲き出したばかり。                                                                 ゴゼンタチバナ。
 


花の種類は乳頭山よりも多いように感じた。
山頂で手早く昼飯を済ませ、今度は千沼ヶ原に下る。

笊森山山頂付近から千沼ヶ原を見下ろす。
 

千沼ヶ原に下る途中、咲いていた花たち。

ヨツバシオガマとモミジカラマツ                                                                   カラマツソウ
 


ヒナザクラの群生                                                                                    ヒナザクラ

 


千沼ヶ原がだいぶ近づいてきた。

 


ヒロハユキザサ(ミドリユキザサ)




千沼ヶ原に到着。










湿原にパラパラ咲いていたのは、ニッコウキスゲとワタスゲ(実)。
キンコウカの大群生に期待していたのだが、開花前だった。



 

草叢の中にはサワラン。

サワラン
 



チングルマの実モード 



ハクサンチドリの咲き残り                                                                           まだ新鮮なミズバショウ
 



モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

七月中旬の乳頭山に咲く花は・・・。(2019年7月15日)

2020-07-16 | 乳頭・千沼ヶ原/春、夏

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。

乳頭山には何度も登っているが、不思議と7月には行ったことがなかった。
7月にはどんな花が咲いているのか確かめようと、7月15日に行ってみた。

田代平から田沢湖方面を望む(下山時撮影)。



今回の非合法マップ



いつもと同じく孫六温泉から入山。

乳頭山を越え、笊森山と千沼ヶ原を周回したら、また乳頭山を越えて帰ってこようと思う。

登り始め、樹林越しに見た秋田駒ヶ岳にはやませ由来の雲がかかっていた。
今日は晴れているが、山岳展望は期待できないかもしれない。



ミズナラの巨木 


歩き始めの樹林帯に花は皆無だった。

それでもブナ帯の登山道は歩きやすかったが、針葉樹林帯に入ったら、ドロドロになった。

ドロドロの登山道                                                                                       このアオモリトドマツが見えると道は急に平らになる。
 
 

目の前に突然、田代平の湿原が広がる。
ここは先ほどまでの樹林帯とは打って変わって、天国のような気分。
少し歩いて振り返ると、田沢湖の湖面も見えた。

田代平から田沢湖方面を望む。


湿原ではヨツバシオガマやトキソウ、ニッコウキスゲ、ウラジロヨウラクなどがパラパラと咲いていたが、

風変わりなツツジのような低木にも遭遇した。

トキソウ                                                                                                         オオバツツジ
 


後で調べたら、オオバツツジとわかった。生まれて初めて見る木だ。

田代平避難小屋付近から乳頭山を望む。(行きは雲に隠れていたので、帰りに撮影) 



乳頭山に登る途中から田代平方面を振り返る。


バックの山は森吉山、右手前に大白森。
(行きは雲に隠れていたので、帰りに撮影) 


乳頭山の上りで見た花たち。

ニッコウキスゲとヨツバシオガマは花色のせいかよく目についた。


ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)                                                                           ヨツバシオガマ

 


地味な花と木の実。

ヒメイワショウブ                                                                                       イワナシの実
 


乳頭山山頂手前にはイワナシが多い。
一斉に咲いたら、見ごたえがありそうだが、ここのものは開花時期が早く、私自身はまだ花を見ていない。 

ウラジロヨウラク
 


今頃の乳頭山の花風景はヨツバシオガマがやたらと多く、近くの秋田駒とはちょっと違う雰囲気だった。

かえって遠く離れた鳥海山のお花畑を連想した。

マルバシモツケ                             乳頭山山頂
 


乳頭山頂はとても眺めの良い場所で特に岩手山の眺めが好いが、最初の登頂時は、ガスで何も見えなかった。

午後、帰りに通った際(二回目の登頂時)は秋田側だけが晴れており、田沢湖を見下ろすことが出来た。


乳頭山頂から田沢湖を望む。


乳頭山の南斜面、笊森山に続く稜線で見た花たち。


ホソバイワベンケイ                                                                                       ハクサンシャクナゲ

 


ヨツバシオガマ。バックは乳頭山。



乳頭山から笊森山に続く稜線は、眺めも好いし、花も多い。

八月にはシャジンロードと呼びたくなるほどハクサンシャジンが多い場所だが、今回はヨツバシオガマとネバリノギランが頑張っていた。
ただし登山道に草木が覆いかぶさって足元がさっぱり見えず、とても歩きにくい。

ヨツバシオガマとネバリノギラン
 


ウスユキソウ                                                                                            カラフトイチヤクソウだろうか。

 


七月中旬の笊森山と千沼ヶ原。」に続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初夏の笊森山と千沼ヶ原。(2018年6月16日)

2020-06-20 | 乳頭・千沼ヶ原/春、夏

(本頁は「初夏の乳頭山」の続きです。)

この日は乳頭山(1478m)だけでは少し物足りないので、隣の笊森山にも足を伸ばしてみた。
標高は1541mと笊森山の方が少し高い。 

乳頭山山頂から見た笊森山(1541m) 


今回の非合法マップ


乳頭山から笊森山に至る道はこのところ刈り払いがなされてないようで、
灌木の中を潜りながらの登山だったが、花は意外と豊富だった。

まずは灌木でひとつ発見あり。 

ウコンウツギ(受粉前)                           ウコンウツギ(受粉後) 
 

ウコンウツギは北海道には豊富だが、
東北では青森や岩手の限られた山だけ(岩手山には多い)でこの山域では初めて見た。

花の内側の模様は昆虫が訪れて受粉すると赤くなると聞く。

乳頭山同様、ここにはイワカガミやムシトリスミレが多かった。 

ムシトリスミレ。右の方に咲くのはイワカガミ。
 


ミツバオウレン                                                                                           ヒメイワカガミかな。

 


岩場にはびっしりと小型のイワカガミが生えていた。これはヒメイワカガミだろうか。

イワカガミに較べると花はより小型で白っぽく、葉には大まかな鋸歯が有ったので、既存の成書に従い、そう判断した。
なおそのすぐ隣の岩の上にはイワカガミとの中間種のようなものも生えていた。



イワウメ

 


笊森山山頂から乳頭山を望む。                                                                       変なハクサンシャクナゲ
 


こちらのハクサンシャクナゲはどうしたんだろう。

一見、蕾かと思ったが、若い葉の色が抜けたものだった。笊森山にはこの色抜け株が多く見られた。 


イソツツジとガンコウラン

 


乳頭山、笊森山ともにスミレ類は黄色のキバナノコマノツメが圧倒的に多かったが、

このスミレは何だろう。




タカネスミレだろうか。 



葉が厚く、光沢も有るので、タカネスミレかと思ったが、いかがなものか。

なお葉以外の特徴(例えば花柱の形状など)は今回、検証出来ていない。



同じ場所には高嶺の花、エーデルワイスに近縁なミヤマウスユキソウも少数ながら咲いていた
(乳頭山にはただのウスユキソウしか見られない。ミヤマウスユキソウは秋田駒、鳥海、月山、朝日、飯豊など東北の限られた山にしか無いと聞いている。もしかしたら笊森山のこの場所のものは新分布地かもしれない)。

ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)


ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)                                                     こちらはキバナノコマノツメだろう。
 
 

この山には黄色いスミレの種類が多い。量的にはキバナノコマノツメが多かったが、
 一部のガレ場や雪渓の下部にはオオバキスミレも見られた。

オオバキスミレ

 

ヒナザクラ

 

折角来たのだから、笊森山から千沼ヶ原に降下してみる。

 



千沼ヶ原に到着。




雲で遠くの山は見えなかったが、千の沼(池塘)はみごとだった。










ミズバショウ




千沼ヶ原からは笊森山に登り返さず、直接、乳頭山をめざす。

赤い茎はシロバナトウウチソウの芽出しのようだ。                                    シラネアオイ 
 



帰りにもう一回、乳頭山を登り返し、田代平に下りる。

田代平から孫六温泉への降り口付近では、湿原の上に田沢湖が見える。なんか湖に入水するような感覚だ。

田代平から田沢湖を望む。



モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初夏の乳頭山に咲く花は。(2018年6月16日)

2020-06-19 | 乳頭・千沼ヶ原/春、夏

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。

6月16日は当初、焼石岳に行くつもりで家を出たものの、
その方面の天気が思わしくないので、(早朝の時点で)晴れていた乳頭山方面に変更した。

乳頭山は一昨年の真夏(こちら)や秋に登っているが、
初夏の時期は1980年代の登山なので記録がないし、記憶も定かでない。
よってどのような花が咲くのか気になっていた。
丁度良い機会なので今日行って確認してみよう。

田代岱から見た乳頭山


登山口はいつもの秘湯・孫六温泉。
秋田側から乳頭山に登るには三ルート有るが、何故かいつもここを使ってしまう。

乳頭温泉郷・孫六温泉
 


それなのにこの温泉には未だに乳頭、いや入湯していない。(´π`;)☆\バキ

歩き始めはブナの森。既に新緑から深緑に変わっていた。


 

いつもならばクマさんに怯え、クマ除け器具フル活動の森歩きだが、
今日は山菜取りの方々が大勢入山しているのでたぶん大丈夫だろう((-_-;)あちこちで爆竹が鳴ってた)。

森の中に花はさっぱりだった。上の方になってシラネアオイが少し。

シラネアオイ                                                                                          ミツバオウレンやタケシマラン、あとはゴヨウイチゴか。 
 

途中で樹木はブナからアオモリトドマツに変わり、坂を登りきると、
湿原の向こうに秋田駒ヶ岳が見えるようになる。 

秋田駒ヶ岳


この日の早朝は姿がよく見えていたが、この後は雲に包まれたままだった。

乳頭山の方はときどきガスがかかる程度で大丈夫そう。 

田代平の湿原はチングルマやヒナザクラが既に見頃だった。 

チングルマ


登るにつれ、森吉山や大白森の展望が開けてくる。

森吉山や大白森。手前は田代平避難小屋。
 


グレートフラット・大白森

 


森吉山
 


田沢湖

 


やませの影響で八幡平など北の方の山々には滝雲がかかっていたが、西の秋田側はおおむね晴れていた。

山頂までに出会った花たち。 

ベニバナイチゴ



アカモノ


 

ムシトリスミレとモウセンゴケ。食虫植物同士。(´π`;)類は友を呼ぶのか。



チングルマとイワカガミ


イワカガミ                                                                                                  乳頭山山頂はもうすぐ。

 


イワウメ
(山頂部岩場にほんの少しだけ有った。)                                    ミヤマキンバイ 
 


山頂からはいつもなら岩手山や早池峰など岩手の名山が望まれるのだが、

今日はやませの影響で東側の展望は皆無だった。

山頂から南側に少し降りてみる。

手前は乳頭山山頂、左奥は秋田駒ヶ岳。

 

南東斜面で見た花たち。

ホソバイワベンケイ                                                                                  ヨツバシオガマ(未開花)
 

コケモモ。左下にムシトリスミレ。
 


ハクサンチドリ(とミヤマキンバイ)                                                       ハクサンチドリ白花 

 


他にはシラネアオイ、オオバキスミレなど。ウスユキソウやハクサンシャジンは生育の真っ最中だった。

初夏の乳頭山の花は、秋田駒ヶ岳に較べると山体規模も小さく、種類は少なめだが、
チングルマやイワカガミ、ムシトリスミレなどは量が多かった。また今回、花は終わっていたが、
北斜面のイワナシの群生には驚いた。

さらに進むと、右側足元にこのような湿原が見えてくる。
名前が無いのでひとまず「名無し」湿原としておく。

名無し湿原の彼方に田沢湖が少し。
 

名無し湿原


初夏の笊森山と千沼ヶ原。」に続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする