吃飯了没有?

元中国深セン駐在員のブログ~中国・中国芸能情報・各方面の旅行日記、日本の街歩き情報を配信します。

姚宣楡さん

2012-07-22 21:24:06 | 挨拶・その他

↑昨日、今私がいる宇都宮の隣りの茨城で開催された女子プロゴルフ大会に足を運んできました。大会はサマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメントです。

この日はどの組に付いてプレーを観戦するか迷ったのですが、以前テレビか何かでちょっと気になっていた台湾選手がいることを思い出し、プレーヤーリストを見たらこの大会にも出ているではないですか!彼女の名前は姚宣楡さん。登録名はヤオ・シュエイーとなっています。英語表記はHsuan-Yu Yao。

前から気になっていた理由は、実は私がまだ深センに駐在していたときに開催された広州アジア大会では銅メダル、そしてその後の深センユニバーシアードで4位だったと聞いたからです。

上の写真は中国ツアーの紹介サイトからの借り物ですが、写真のままの綺麗な方でした。ちょっとグイ・ルンメイさんにも似て・・・。

彼女、日本のQTをトライしてプロツアーに何試合か出る資格を得たようですが、日本の試合を選択してもらったことには嬉しさを覚えます。アメリカに参戦する前にまずは日本ツアーで実力試しということなのでしょう。

彼女のプレーにはキレがあって見ていて気持ちが良かったです。それよりも感心したのは、グリーンで自分のパターを終えると日本人選手の中には早々とグリーンを離れて次のホールへ行こうとする人が多いのですが、彼女はグリーン脇で全てのプレーヤーのプレーが終わるまでしっかり残っていました。マナーも良い選手で好感を持ちました。

彼女、この大会の最終日もスコアを上げて10Tでフィニッシュでした。今後の活躍に期待しています。

最後に・・・、昨日ホールアウト後に、彼女はドライビングレンジで練習を開始しました。その場所に足を運んでみると、白いロープの後ろに彼女の様子を見守る女性が・・・。思い切って話しかけてみると、彼女のお母様でした。最初は日本語で話してみましたがダメとのことで、国語はOKですか?と話すと、驚いたお顔で「日本語はダメだけど国語は大丈夫」とのお答えが・・・。

「どうしてあなたは中国語が話せるのか?」から始まって、台湾人もお話好きなので、堰を切ったかのようにあれやこれや言葉が飛んできました。ヤオさんのキャディーは西洋人でしたので彼は誰なのか聞いたらOZ人で、彼の奥様は大陸人とか・・・。色々な話が飛び出してきたのであっという間に時間が過ぎてしまいました。

台湾や大陸のゴルフ事情の話にも話が及びましたが、お母様曰く「台湾にはちゃんとしたパット練習場がないので困っています」とのこと。そのお話の通りにヤオさんは少しパットに弱みがありそうです。パットがもっと強くなったら上位に出てくる可能性の高い選手と感じました。

ヤオさんはまだ台湾では学生で、彼女も彼女のお母様も参加する大会を決めてその前に日本入りされているようです。日本に一時的に住まわれているものと思っていましたので驚きました。台湾では台北に住んでいらっしゃるそうです。キャディーさんとは英語でコミュニケーションされていましたが、日本語も片言お話出来るようです。練習を終えてサインをもらうときに「明天也加油ba。」と激励すると向こうからは日本語で「有難うございます」との挨拶が!こういうちぐはぐな会話もまた楽しいものです。

ということで、今後女子ゴルフの大会を観戦予定の方、彼女が出ていたら是非応援してあげて下さい。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ナツかしいナツメ! | トップ | 蔡淳佳「隠形紀念」MV »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

挨拶・その他」カテゴリの最新記事