吃飯了没有?

元中国深セン駐在員のブログ~中国・中国芸能情報・各方面の旅行日記、日本の街歩き情報を配信します。

夕暮れから夜へ(1)

2014-03-01 14:02:26 | マカオ情報
昨晩はビールとマッコリを結構飲んでしまいましたので、今朝起きたら時間は既に11時を回ってしまっていました。いつも寄るレストランは既に席は満席でしたので、昼食は今泉にある南仏風料理店に行ってきました。このお店、一度休業していたためなのか、中はほとんどお客がおらず閑散としていました。

どうしてなのかなあと思ってセットメニューを食べた後で納得。味は普通で、一番大きな問題はメニューに書かれている料理の具材と出てきた具材が異なっていたことでした。ポトフはベーコンと書かれていましたが、実際は入っていないではないですか!トマトの煮込みは肉団子と書いてあったのに入っていたのは魚でした。

多分もう一度来ることは無いので、帰り際給仕さんに言って帰ってくることはありませんでしたが・・・。昨今メニューの誤記が話題になっていますが、まだこういうお店があるのですね。

とくだらない話となってしまいましたがマカオの話題に戻ります。


↑夕食を食べにとあるポルトガル料理店へ足を向けたのですが・・・。元旦は休業とのことでガッカリでした。そのレストランは澳門放浪記(1)で写真を紹介したお店でしたが・・・。

仕方ないので夕食はセナド広場周辺のどこかで食べることに変え、またマカオ半島の中を散策することに。こんな場所にも小さな公園があって若者達がバスケに興じていました。


↑坂を登り切った場所に今まで目にしなかった教会を発見。聖ローレンス教会です。勿論世界遺産となっています。今までこんな雰囲気の良い教会を見逃していたことを後悔しました。中に入ってみたかったのですが既に閉まっていました。ガイドブックによれば、「美しい光が差し込む午前中に訪れたい」と書かれていましたが・・・、夕暮れ時も十分綺麗でした。椰子の樹の感じが南国感を出しています。


↑澳門らしい通りをセナド広場方面へ。


↑こういう路地裏を横目に見ながら進んで行くと・・・


↑昼間も訪れたドンペドロ5世劇場が。閉門ギリギリで中庭に入って写真を撮りましたが、劇場の中は見せてもらえませんでした。


↑こちらは聖オーガスチン教会。このあたりに来ると学生時代訪れたトレドの街を思い出してしまいます。


↑聖ヨセフ修道院の前でマリア像を前にお祈りしている人の姿を見かけました。こういう光景、とても素敵です。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« サンズからwynnへ(3) | トップ | 夕暮れから夜へ(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マカオ情報」カテゴリの最新記事