のんびりゆかいな暮らし

春夏秋は里山を歩き、自然の恵みをおすそ分けしてもらい、生き物を観察。時に街角探検。夜は和紙を使った物作り、絵や書道を。

ハブを退治するマングースが絶滅の嬉嬉!推定50匹が…

2018-10-20 21:16:38 | 日記
社会のことば

10,000匹のマングースが50匹に
でも、もともとは30匹

🐨 マングースと毒蛇ハブの決闘ショーは今や昔です。
😺 マングースはハブの頭の下に食いつくんですね。
🐨 奄美大島ではハブを捕まえると報奨金がもらえるんです。
    たしか1匹3,000円でした。
   NHKテレビでやっていました。
😺 棒の先で頭の下をつかむんですね。
🐨 マングースは1979年、ハブ対策などで奄美市名瀬に
   30匹が放たれ、奄美大島全島に分布域を広げました。
   ピーク時には1万匹を超えたとみられ、
   アマミノクロウサギなどの在来生物を捕食して
   生態系への影響が深刻化しました。
😺 ハブを食べてくれるけど、
   増えすぎてアマミノクロウサギを
   食べられたんじゃたまりませんね。
🐨 そこで、マングースを捕獲する作戦
   を実行しているんです。
😺 捕獲籠などで捕まえるんですか。
🐨 そう言ったワナもあるし、探索犬に追わせて
   追い詰めて捕獲する方法もあります。
😺 でも、マングースもかわいそうですね。
   人間の都合で放たれて、増えすぎたと言って
   駆除されるなんて。
🐨 まあ、やむをえないでありましょう。
   害獣になってしまったんですから。
😺 ところで、ハブはどうするんですか。
🐨 報奨金を出してつかまえてもらっているんです。
😺 それでは追いつかないでしょう。
🐨 マングースみたいに追い詰めるのは難しいでしょう。
   焼石にイモですか。
😺 水でしょう。
   マングースは放った時の数まで減って絶滅寸前。
   絶滅して喜ばれるのはハブくらいですか。


『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 癒し系の埴輪が日本人の心を... | トップ | 日本初の水星探査機「みお」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事