ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

ビルボード 全米 Top40 1984年12月1日付 ティナ・ターナー Tina Turner - Better Be Good To Me

2020-11-29 21:05:45 | 1984年ビルボードTop40
1984年12月1日付ビルボード All American Top40、これで3週目の1位となりました、Wham!の"Wake Me Up Before You Go-Go"。Wham!ですが、イギリス出身のポップデュオ、母国イギリスではこの時点で既に5曲のシングルヒットを持っていましたが、アメリカでは初めてのTop40ヒットで、いきなりのNo.1獲得です。

2位は4位からアップ、Daryl Hall & John Oatesの"Out of Touch"。Daryl Hall & John Oatesですが、1976年に初めてのTop40ヒット"Sara Smile"が4位を記録、その後沢山のヒット曲を重ねています。この時点で"Rich Girl"を皮切りに5曲のNo.1ヒット、Top3ヒットはNo.1ヒット5曲を含めこの曲で通算7曲目になりました。
3位は前週と変わらす、Chaka Khanの"I Feel for You"。Chaka Khanですが、ソロでは1978年の"I'm Every Woman"の21位が最高位。Rufus and Chaka Khanとしては"Tell Me Something Good"の3位、"Sweet Thing"の5位に続く2曲目のTop3ヒットで3曲目のTop5ヒットです。
4位は2位からダウン、Prince & The Revolutionの"Purple Rain"。Princeですが、5週間の1位で年間チャートNo.1の年度を代表するヒット"When Doves Cry"、2週間の1位"Let's Go Crazy"に続く3曲目のTop3ヒットです。
5位は前週と変わらず、Tina Turnerの"Better Be Good to Me"。Tina Turnerですが、デビューは1950年代の大ベテラン。Ike & Tina Turnerで活動し、沢山のTop40ヒットを持っています。ソロでは最高位26位の"Let's Stay Together"の後、ご存じのとおり"What's Love Got to Do with It"が3週間の1位、年間2位の年度を代表する大ヒットになり、次のシングルのこの曲もTop5ヒットとなりました。

この週5位はTina Turnerの"Better Be Good To Me"。最高位は11月24日付と12月1日付の第5位。年間チャートは1985年の59位。年間チャートは年度の途中でありましたが、翌年のチャートにランクインしました、意外に上位へのランクインだったです。集計方法はどうなっているのでしょうか?

さてTina Turner、突然ブレイクしたアルバム『Private Dancer』から3曲目のシングルカット。私のブログでも3曲連続の紹介になりました。もちろん、3週間の1位で年間チャート2位の大ブレイクシングル"What's Love Got to Do with It"では彼女のことを詳しく紹介していますので、こちらをご覧ください。→→→

この曲、"Better Be Good To Me"ですが、いろいろと話題が多い曲なのです。
まずは、オリジナルですが、アメリカのニューウエイブ系ロックグループSpiderの1981年のアルバム『Between the Lines』の収録曲です。シングルカットもされたようですが、ヒットしなかったようです。

曲の作者はそのSpiderのメンバーHolly Knightと、名プロデューサーMike Chapman、Mike Chapmanとコンビを組むソングライターのNicky Chinnの3人の共作です。
Spiderですが、1曲だけですがTop40ヒットを持っているんですよね。皆さん覚えていましたか?1980年6月に最高位39位、たった2週間しかTop40内には入りませんでしたが"New Romance (It's a Mystery)" という曲です。覚えやすい曲で、私は聞きなおしたらメロディは覚えていました。この曲も作者はHolly Knightです。

実はこのHolly Knightですが、ソングライターとして大成功した人で、Scandal f.t. Patty Smythの"The Warrior"も彼女とNick Gilderとの共作です。Pat Benatarの"Love Is A Battlefield"にも名前がありますね。

さてTina Turnerの"Better Be Good To Me"ですが、動画で見ると、ライブ、カッコイイですねー!
まさに女性版ロッド・スチュワート、ボーカルはド迫力です。ロック系の曲にはまさにぴったりです。


こちらがオリジナルのSpiderの"Better Be Good To Me"です。Tina Turner版に比べると迫力不足ではありますが、軽い感じの曲となっていて、そこもまた良いかも。曲が良いんですかね。


そしてこちらがそのSpiderのの唯一のTop40ヒット"New Romance"です。覚えていました?いい曲ですね。もっとヒットしても良かったです。


今週 先週 song / artist
1 1 WAKE ME UP BEFORE YOU GO-GO / WHAM!
2 4 OUT OF TOUCH / DARYL HALL & JOHN OATES
3 3 I FEEL FOR YOU / CHAKA KHAN
4 2 PURPLE RAIN / PRINCE & THE REVOLUTION
5 5 BETTER BE GOOD TO ME / TINA TURNER
6 8 ALL THROUGH THE NIGHT / CYNDI LAUPER
7 12 THE WILD BOYS / DURAN DURAN
8 9 PENNY LOVER / LIONEL RICHIE
9 7 STRUT / SHEENA EASTON
10 11 NO MORE LONELY NIGHTS / PAUL MCCARTNEY
11 13 SEA OF LOVE / HONEYDRIPPERS
12 6 CARIBBEAN QUEEN / BILLY OCEAN
13 14 COOL IT NOW / NEW EDITION
14 19 WE BELONG / PAT BENATAR
15 17 I CAN'T HOLD BACK / SURVIVOR
16 10 I JUST CALLED TO SAY I LOVE YOU / STEVIE WONDER
17 21 IT AIN'T ENOUGH / COREY HART
18 24 VALOTTE / JULIAN LENNON
19 22 WALKING ON A THIN LINE / HUEY LEWIS & THE NEWS
20 15 DESERT MOON / DENNIS DEYOUNG
21 38 LIKE A VIRGIN / MADONNA
22 16 BLUE JEAN / DAVID BOWIE
23 20 HARD HABIT TO BREAK / CHICAGO
24 39 ALL I NEED / JACK WAGNER
25 27 DO WHAT YOU DO / JERMAINE JACKSON
26 29 HELLO AGAIN / CARS
27 32 BORN IN THE U.S.A. / BRUCE SPRINGSTEEN
28 30 WE ARE THE YOUNG / DAN HARTMAN
29 34 RUN TO YOU / BRYAN ADAMS
30 18 THE WAR SONG / CULTURE CLUB
31 33 I DO' WANNA KNOW / REO SPEEDWAGON
32 35 CENTIPEDE / REBBIE JACKSON
33 23 WHAT ABOUT ME / JAMES INGRAM/KIM CARNES/KENNY ROGERS
34 41 UNDERSTANDING / BOB SEGER & THE SILVER BULLET BAND
35 40 STRANGER IN TOWN / TOTO
36 47 YOU'RE THE INSPIRATION / CHICAGO
37 37 TEARS / JOHN WAITE
38 26 I CAN'T DRIVE 55 / SAMMY HAGAR
39 45 PRIDE / U2
40 50 JAMIE / RAY PARKER JR.

コメント (24)   この記事についてブログを書く
«  Kenny Rogers with Kim Carn... | トップ | サミー・ヘイガー Sammy Haga... »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大ヒット間違いなし (hannah)
2020-11-29 22:26:39
星船さん、こんばんは。
ソングライターがH.Knight、プロデューサーがM.Chapman、ヴォーカリストが今年最も勢いのある女性アーティストT.Turnerとくれば、大ヒット間違いなしですね。
オリジナルはSpiderというのは知りませんでしたが、やっぱりポップな曲です。
でも、T.Turnerが歌うと迫力タップリです。
♪What's Love ~♪よりも彼女らしい迫力があります。
それにしても、1st Singleの♪Let's Stay ~♪が26位止まりだった時は、こんなブレイクは予想できませんでした。
ツンデレの"ツン" (音時)
2020-11-29 22:54:15
http://neverendingmusic.blog.jp/archives/27156748.html
正直、えっまたティナ?と思いましたが、スルーするには惜しいカッコいい曲ですよね。PVもいいけれど、ティナ姐さんのライブでのこの曲、スゴいです。
ツンデレの"ツン"に"やさしくしてよ"と何度も繰り返す歌ですね。Spiderのオリジナルは知りませんでしたが、こちらは男性が主人公で"ツン"の女性へ"優しくしてよ…"と何度もせがむ?…なんかこちらの方が身につまされる感じも…(^▽^;)。
"Better Be Good To Me" (maki)
2020-11-30 10:41:32
プロデューサーが、ことし亡くなった
Rupert Hineで、Rupert Hineといえば!
なバンド、The Fixxのボーカル
Cy Curninが、ビデオにも出てくる
いろいろと、80年代が青春(笑)な自分には、
うれしくなってくる楽曲です。

Tinaさん、先週、お誕生日だったんですよね。
ホント、いつまでのお元気でいてほしいです。
Tina Turnerの歌唱力は (星船)
2020-11-30 21:08:17
hannahさんこんばんは。
そうでしたよね、この曲。才能ある人が結集して作られたヒット曲といっても良いでしょうか。
Tina Turnerの歌唱、ホント迫力満点ですよね。カッコイイ曲に仕上げてくれました。
"Let's Stay Together"の時のは想像だにできなかったこの大ブレイク、曲が良く、かつ彼女の歌唱力の凄さのおかげでしょうか。
オリジナルとは (星船)
2020-11-30 21:15:22
音時さんこんばんは。
そうなんですよ、このアルバムからは3曲連続の紹介になってしまいましたが、やっぱりこの曲の迫力というか、カッコ良さにはしびれました。
そうですか、オリジナルとは設定が男女逆の内容なのですね。さすが音時さん、いろいろ教えていただいてありがとうございます。またこの曲を聞く楽しみが増えます。
大ヒット必然の (星船)
2020-11-30 21:17:56
makiさんこんばんは。
そうか、プロデューサーのことについて書くのを忘れました。Rupert Hineyといえば、超売れっ子プロデューサーですね。
マイク・チャップマンにホーリー・ナイト、それにルパート・ハインまで結集した、大ヒット必然の曲でしたね。
売れっ子プロデューサー (hannah)
2020-11-30 21:43:44
星船さん、こんばんは。
このアルバムのプロデューサーR.Hineは今年亡くなりました。
そうそう、同時期にヒットしたThe Fixxのあの特徴的な楽曲も彼のプロデュース、その他H.Jonesなどまさに旬のプロデューサーでした。
ちょっと前のV.Gareyもそんな感じでした。
プロデューサー如何でヒットが左右される場合もありますが、R.Hineを起用したT.Turnerの勝ちですね。
Rupert Hine (星船)
2020-11-30 22:53:01
hannahさんこんばんは。
Rupert Hineは、特に80年代に入ってから、大活躍したプロデューサーでした。私のブログの"One Thing Leads To Another"の時にも紹介しましたが、プロデューサーの腕により、カッコイイ曲にも、聞きやすい曲にもなりますねので、プロデュースを誰にゆだねるかによって、ヒットするのかしないのか、わかれることもありますね。
Unknown (ティナ・タナ夫)
2020-11-30 23:05:45
あら … スタシプさん、またアタシの曲、とり挙げてくれた訳?
いいの?城島イケルくんがジレてんじゃないの?
つーかアナタあたしのまともなファンなんじゃないの?
日本人にしちゃアツい男の人みたいね、嬉しいわ。
でもねスタシプさん、犬ったボンジョビってのが居てね、アタシのこと、50代の顔と20代の肢体を持つナイスガイとかヒドいこと言ってんのよね。
おまけにジャニスほどショウビズに命かけてないだの、シェールほど若いツバメ(リッチー3ボラ)にのめり込んでないだの60年代からのロッカーとしては中途半端みたいなことのたまってんのよね。
ただこのベタビグは相当気に入ったみたいでね、
「スパイダーは初めて知ったけど、ティナは原曲に忠実にやってるし、圧倒的なパワーがあって、しかもイントロのチャンチャン … チャンチャンからして雰囲気が素敵すぎる」とかベタ褒めなのよー。
おまけに「シュラー」「キャプチャード」「ワキャーンチュビ」とか印象に残り過ぎる、とか評価メチャ高なのよー。
あとあのおっさん、ハイヒールで動きまくるアタシの身体にベタ惚れらしくて、mmkだよホント。
じゃね、スタシプさん、来春のシングルは無理しないでね、だってアタシ今映画撮ってんのよ。
サントラ出たらよろしくね。
オススメはサントラのメインタイトルのテーマソングよりも、ブラックサバスみたいなオドロオドロな曲があるから楽しみにしててね。
じゃ、今からブライアンに抱かれてデュエットしてくるわ、アヂオス!
Unknown (サイコチキン)
2020-12-01 08:37:06
ティナ・タナオさんの説明は…すっごく分りやすいね❗…セクシー・ダイナマイト💣…ハイヒール👠の女王の歌を、久々に聴きいてみよう‼…💕

コメントを投稿

1984年ビルボードTop40」カテゴリの最新記事