ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

デイヴィッド・フォスター David Foster - Love Theme from St. Elmo's Fire(1985年の洋楽 Part45)

2021-11-18 21:11:12 | '85年洋楽
1985年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart45はDavid Fosterの"Love Theme from St. Elmo's Fire"。最高位は11月16日付の第15位。年間チャートは残念ながら圏外でした。

さてこの曲、曲名から分かると思いますが、映画『セント・エルモス・ファイアー』 愛のテーマ。インスツルメント曲です。
映画『セント・エルモス・ファイアー』 、監督はジョエル・シュマッカー、出演しているのはエミリオ・エステベス、ロブ・ロウ、アンドリュー・マッカーシー、デミ・ムーアなどなど、大ヒット青春映画でした。私も見に行きました。大変面白い映画だったです。
この映画からは、すでに紹介しましたが、John Parr の"St. Elmo's Fire (Man In Motion)"が2週間の1位を記録、年間チャート18位の大ヒットになりました。詳しくはこちらをご覧ください→→→

この映画のサウンドトラックのプロデューサーはデイヴィッド・フォスター。"St. Elmo's Fire (Man in Motion)"についても、プロデューサーはもちろんDavid Fosterで、曲もJohn ParrとDavid Fosterの共作です。
そしてこの曲"Love Theme from St. Elmo's Fire"の、曲の作者・プロデュースとも、もちろんDavid Fosterです。

David Fosterですが、このブログをご覧の方々はもちろんご存知ですよね。希代の名プロデューサーであり、ソングライターです。
彼が作り、プロデュースした曲は数知れず、私のブログでもすでに何曲も紹介されています。Boz Scaggsの名曲"Look What You've Done to Me"、Earth, Wind & Fireの"After the Love Has Gone"、Chicagoの"Hard to Say I'm Sorry"・"Hard Habit to Break"などなど、書ききれないほどの大ヒットを手掛けています。

そのDavid Fosterですが、数々の大ヒットを手掛けてはいますが、彼が単体でのソロでのヒット曲・Top40ヒットは、実はこの曲のみなのです。そちらの方が驚きですよね。
曲はストリングスと、彼のピアノ・キーボードで演奏され、David Boruffという方が唯一saxophoneで参加しています。


さてこの曲、サントラの最終曲には、歌・歌詞入りの曲が収録されています。歌っているのはDanny Gerrard と Amy Holland。
Amy Hollandですが、1980年に"How Do I Survive?"という曲で最高位22位を記録したヒット曲を持っています。 Danny Gerrardについては、カナダ出身の歌手のようですが、詳細は不明です。

コメント (34)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ビルボード 全米 Top40 1985... | トップ | ビルボード 全米 Top40 1985... »
最新の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (太ったボンジョビ (# ̄З ̄)ぐぬぬ)
2021-11-18 23:15:36
⭐⛴️さんには二重に申し訳ありませんが、どんなに良い選手でも読売だと嫌っているのと同様で、デビフォタの曲は
「ダイアンウォレンほどではないが、避けて通りたい」というのがポリシーであります。
(まさか「燃え尽きて」がボズの自作ではなかったなんて悲しいス)
ただこの愛のテーマはリアルタイムでは割りと好ましく、拡張高いなと思っておりました。
そして映画、見てない私ですが、なんスか、このリア充の塊みたいなヤツらは?悔しくて不愉快であります。
毎日が合コンみたいな生活でしょうか?
安パイさんらは乱●当たり前みたいな都市生活だったかもしれませんが、私は田舎で無垢にこそこそ攻めていたりして、成果がなかなか上がらなかったですからねー、いくらでも僻みそうですねコレは。
そのビデオ、有名なおふたりを探してみました。
デカ頭でグラサンタバコが伸郎?
ショートカットでマユゲ~な可愛いのがデミ?
うーん、やっぱり安直なジョンパーのタイトルソングがキモくて、レンタル拒否して私は見なかったのかな?
唯一の単独クレジット (hannah)
2021-11-19 00:10:11
星船さん、こんばんは。
いわずと知れたD.Fosterですが、初めて名前を聞いたのは、J.GraydonとのコンビでEWFの♪After The Love Has Gone♪をヒットさせたときです。
その後、限定ユニットAirplayで1枚だけアルバムがありましたね。
Chicagoの復活も彼の役割が大きかったと思いますが、特に♪Hard Habit To Break♪は名曲でした。
プロデューサーとしての活躍が目立ったアーティストですが、単独クレジットはこの曲のみだったんですね。
Unknown (安先短🌻)
2021-11-19 00:13:28
まぁ~いやだわ~💦…こう見えても品行方正清廉潔白👼。…ヒドイ人ね~😢。さてと、週末は『ファイアー🔥』借りて、映画三昧しましょ~と***
Unknown (ハリジョージスン)
2021-11-19 00:48:30
こんばんは。ちょうどこの曲の頃か忘れましたが、オレたちひょうきん族 「アホちゃいまんねん、パーでんねん!」by明石家さんま  というわけでジョン・パーは苦手でした… (意味不明)
Unknown (お目覚め安先短🌻)
2021-11-19 08:03:38
『ファイアー🔥』借りて、音消して、自分の好きなミュージックMixして、鑑賞する手もありまっせ~***『バンダー・グラフ・ジェネレータ』のCDも、一緒に借りて来るベェ~🎵…アバンギャルドだね~‼。…ケムシマユゲ。
Unknown (音時)
2021-11-19 08:20:06
http://neverendingmusic.blog.jp/archives/28394658.html
卒業、というとこの曲は頭に浮かんできます。さすがに男女グループでここまででセイシュンではなかったけど、時間を学生時代にいつも共有していた仲間がそれぞれに旅立っていく場面は自分でも心が揺さぶられます。コロナで二年間、入学式ができない、大会や文化祭、修学旅行もできなかった大学生や高校生も、次の春は元気に胸を張って母校を巣立っていってほしいですね。
(PS)この曲に歌詞があるのはびっくりしましたね!
デイヴィッド・フォスターというだけで (星船)
2021-11-19 22:40:54
太ったボンジョビさんこんばんは。
いやいや、デイヴィッド・フォスター、いい曲書くじゃあないですか。私は大好きですよ。どちらかというと、デイヴィッド・フォスターというだけで聞く気になります。Boz Scaggsの"Look What You've Done to Me"は二人の共作ですね。たしか"Jojo"もそうだったんじゃあないかな。
デミムーア、綺麗ですねー、可愛いですねー。『ゴースト』も良かったな。
黄金トリオ (星船)
2021-11-19 22:47:26
hannahさんこんばんは。
デイヴィッド・フォスター、いい曲作りますよね。"After the Love Has Gone"はDavid Foster、Jay Graydon、Bill Champlinの黄金トリオでしたね。デイヴィッド・フォスターを意識したのは私もこの曲でしたか。もっとさかのぼるとCheryl Lynnの"Got to Be Real"もDavid Fosterが参加していました。Chicagoでもホントいい曲作っていますよね。素晴らしいソングライターでありプロデューサーですね。
Unknown (星船)
2021-11-19 22:48:37
安先短さんこんばんは。
休日にはたまにはゆっくり昔の映画を見るのも良いですね。
土曜日の夜は (星船)
2021-11-19 22:51:05
ハリジョージスンさんこんばんは。
「オレたちひょうきん族」、そうでした、この頃の土曜日の8時でした。その後お風呂に入ってから「全米Top40」を聞くのでした。

コメントを投稿

'85年洋楽」カテゴリの最新記事