ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

ビルボード 全米 Top40 1984年7月14日付 Bruce Springsteen - Dancing In the Dark

2020-07-12 21:57:39 | 1984年ビルボードTop40
1984年7月14日付ビルボード All American Top40、2週目の1位はPrinceの"When Doves Cry"。Princeですが、初めてのTop40ヒット"I Wanna Be Your Lover"以来5曲目のTop40ヒット。これまでの最高のヒットが6位を記録した"Little Red Corvette"ですので、もちろん初めてのNo.1です。

2位は前週と変わらず、これで3週目の2位、Bruce Springsteenの"Dancing in the Dark"。Bruce Springsteenですが、初めてのTop40ヒットは1975年の"Born to Run"、以来、5曲目のTop40ヒットで、1980年に5位を記録した"Hungry Heart"以来2曲目のTop5ヒットです。
3位も前週と変わらず、これで2週目の3位、The Pointer Sistersの"Jump (For My Love)"。The Pointer Sistersですが、70年代初めから数々のTop40ヒットを持っていますが、Top5ヒットは78年に2位を記憶した"Fire"などこの曲で通算5曲目。大人気女性ポップスグループです。
4位は6位からアップ、Billy Idolの"Eyes Without a Face"。Billy Idolですが、デビューは1982年、デビューアルバムからのシングル"Hot in the City"が最高位23位を記録、次のシングルが最高位36位の"White Wedding"、そしてこの曲が3曲目のTop40ヒットで、もちろん初めてのTop5ヒットになりました。
5位は2週間の1位からダウンして2週目の5位、Duran Duranの"The Reflex"。Duran Duranですが、1982年に初めてのヒットで最高位3位を記録した"Hungry Like the Wolf"以来この曲で4曲目のTop5ヒット、3曲目のTop3ヒットで初めてのNo.1獲得となりました。

この週3週目の2位はBruce Springsteenの"Dancing in the Dark"。最高位は最終的には6月30日から7月21日までの4週間の2位、年間チャートは14位。残念ながらPrinceの"When Doves Cry"を抜けず1位にはなれませんでした。スーパースターBruce Springsteen、合計12曲のTop10ヒット、そのうち4曲のTop5ヒットを持っていますが、その数々のヒット曲の中でも最高のヒットとなりました。

ご存知、アメリカンロックの大御所、ロック界のスーパースターBruce Springsteen、デビューは1973年、ファーストアルバム『Greetings from Asbury Park, N.J.』をリリース。このファースト、翌年のセカンドと、多少はヒットしましたが、大ヒットには結びつきませんでした。シングルも、ファーストアルバムからのシングル"Blinded by the Light"もシングルHot100には入れませんでした。(この曲ご存知ですよね、Manfred Mann's Earth Bandのカバーバージョンが1977年に1位を記録する大ヒットになりました。ライブでは彼も演奏していて、モーレツにかっこいい曲でした)

初めてのヒットは彼の3枚目のアルバム『Born to Run』、最高位3位を記録。シングルもタイトル曲が23位を記録する初めてのTop40ヒットになります。(私は、この曲で初めてBruce Springsteenのことを知ったのですが、この時からすでに大物の風格を漂わせている強烈な個性を持ったミュージシャンでした)
その後はアルバムを中心に大ヒットを連発、5枚目のアルバム『The River』が2枚組にもかかわらず1位を記録する大ヒット、シングルカットされた"Hungry Heart"も最高位5位の初めての大ヒットシングルになります。

そして7枚目のアルバム『Born in the U.S.A.』が、名実ともにアメリカンロックを代表するスーパースターの位置を確立する特大のヒットとなります。
このアルバムは通算7週間の1位、年間チャートは1984年に28位、1985年には年間1位、1986年も16位と、3年連続の年間チャートに入る歴史的な大ヒットアルバムとなりました。

そのアルバムからのファーストシングルがこの曲"Dancing in the Dark"です。曲の作者はもちろん彼自身。このPV、Springsteen若いですね!


そしてこのPVは2013年のライブ映像です。円熟した彼のライブもまたカッコイイです。やっぱりSpringsteenはライブが素晴らしい!
シングルでこそ1位にはなれませんでしたが、彼はやっぱりアルバムアーチストであり、ライブで最も彼の素晴らしさが発揮されます。


今週 先週 song / artist
1 1 WHEN DOVES CRY / PRINCE
2 2 DANCING IN THE DARK / BRUCE SPRINGSTEEN
3 3 JUMP / POINTER SISTERS
4 6 EYES WITHOUT A FACE / BILLY IDOL
5 5 THE REFLEX / DURAN DURAN
6 4 SELF CONTROL / LAURA BRANIGAN
7 8 ALMOST PARADISE / MIKE RENO & ANN WILSON
8 19 GHOSTBUSTERS / RAY PARKER JR.
9 9 THE HEART OF ROCK & ROLL / HUEY LEWIS & THE NEWS
10 10 LEGS / ZZ TOP
11 14 INFATUATION / ROD STEWART
12 12 MAGIC / CARS
13 13 DOCTOR! DOCTOR! / THOMPSON TWINS
14 7 TIME AFTER TIME / CYNDI LAUPER
15 21 STATE OF SHOCK / JACKSONS
16 17 SAD SONGS / ELTON JOHN
17 20 BREAKIN'.. THERE'S NO STOPPING US / OLLIE & JERRY
18 16 DANCE HALL DAYS / WANG CHUNG
19 15 BORDERLINE / MADONNA
20 24 I CAN DREAM ABOUT YOU / DAN HARTMAN
21 33 STUCK ON YOU / LIONEL RICHIE
22 11 LET'S HEAR IT FOR THE BOY / DENIECE WILLIAMS
23 27 WHAT'S LOVE GOT TO DO WITH IT / TINA TURNER
24 25 NO WAY OUT / JEFFERSON STARSHIP
25 32 IF EVER YOU'RE IN MY ARMS AGAIN / PEABO BRYSON
26 26 DON'T WALK AWAY / RICK SPRINGFIELD
27 31 PANAMA / VAN HALEN
28 28 I'M FREE / KENNY LOGGINS
29 30 SUNGLASSES AT NIGHT / COREY HART
30 34 ROMANCING THE STONE / EDDY GRANT
31 36 SHE'S MINE / STEVE PERRY
32 23 STAY THE NIGHT / CHICAGO
33 43 ROUND AND ROUND / RATT
34 22 MODERN DAY DELILAH / VAN STEPHENSON
35 37 ALIBIS / SERGIO MENDES
36 42 THE FIRST DAY OF SUMMER / TONY CAREY
37 45 SEXY GIRL / GLENN FREY
38 40 BOYS DO FALL IN LOVE / ROBIN GIBB
39 51 ROCK ME TONITE / BILLY SQUIER
40 46 TURN TO YOU / GO GO'S

コメント (16)   この記事についてブログを書く
« Van Stephenson - Modern Day... | トップ | マイク・レノ&アン・ウイル... »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジャベドが初めて聴いたブルースの曲 (音時)
2020-07-12 22:44:53
http://neverendingmusic.blog.jp/archives/17639653.html
おお星船さん、ちょうどブルース・スプリングスティーン!ですか。現在上映中の映画「カセットテープ・ダイアリーズ」はブルースの曲満載の映画で、主人公ジャベドくんが初めて聴いたブルースの曲がこの曲でした。サウンド以上に歌詞が彼の心を打ちます。
 あの頃、WALKMANでカセット・テープで聴いていたなあ…。ブルースの曲はクロム以上のテープで録音していました!(^^)
Blinded By The Light (星船)
2020-07-13 20:18:43
音時さんこんばんは。
音時さんとブログで会話していると、ホント昔のことを懐かしく思い出します!
スプリングスティーン、私も録音してカセットで聞きましたよ。クロムですか!メタルというのもありましたね。マクセル、TDK、ソニーのカセットで録音してました。懐かしいです!
映画「カセットテープ・ダイアリーズ」の原題は「Blinded By The Light」というのですね。是非見なくっちゃ!
カッコいい! (hannah)
2020-07-14 00:19:26
星船さん、こんばんは。
ボスの登場ですね。
1983年からのブリティッシュインヴェイションをよく思っていない方々(私もそうです)にとっては、♪Born In The U.S.A.♪のアルバムジャケットで溜飲を下げました。
この曲も当然1位と思っていたのですが、1位が♪When Doves Cry♪であれば仕方なかったですね。
もちろん、最高にカッコいい曲です。
Unknown (太ったボンジョビ( ̄O ̄)アチャー)
2020-07-14 00:38:50
ボス、お得意の魂の叫び、今回は
「ビッグヒットシングルが欲しいんじゃい!」でしたかね?
もちろんカッコいいんですが、ボスでなくリック・スプリングフィールドみたいな人の方が…。
ハングリーハートも明日なき暴走もバドランドもボスらしさ満載なんですが、これはちょと軽いというか、歌を気にしすぎというか、狙ってるっぽいスよね?
ネブラスカを全く聴いてない私ですが、心境の変化か何かは分かりませんが、よくこの曲作ったもんだな、と訝っておりました。
曲中の「服変えたい髪変えたい顔変えたい」はビリージョーの
「店閉めたおうちも売った切符買った」みたいな安さも見え隠れしていますね。
よし、明日はボーンアルバムについて書いてみよう!
おやすみなさいまし。
(。-ω-)zzz
ホントカッコ良かったです (星船)
2020-07-14 20:10:22
hannahさんこんばんは。
私のブログでは、好みでない曲は何気にスルーしているのですが(多分ご存知だとは思いますが^^;)、スルーした曲はブリティッシュ・インヴェイジョン系の曲が多いとは思います。中にはいい曲もありましたので、全部スルーというわけでもありませんです。
Bruce Springsteen、ホントカッコ良かったですよね。
ヒット間違いなし (星船)
2020-07-14 20:17:57
太ったボンジョビさんこんばんは。
ボスのアルバムでは『明日なき暴走』は衝撃的なアルバムでした。あの疾走感、迫力には感動しました。
そして、その後は地味目のアルバムが続きましたが、この7枚目のアルバム『Born in the U.S.A.』では、久し振りにあの感動がよみがえりました。
ヒットシングルを狙ったかもしれませんが、狙ってヒットする、さすがボスです。
"Blinded by the Light"、"Because the Night"と、ほかのアーチストに提供した曲にもヒット間違いなしの曲がありました。
Unknown (太ったボンジョビ( ´∀`)b)
2020-07-14 20:41:02
おーそうだった、ビコーザナイツがありましたねー。
パチィスミスのよりも86年5枚組ライブのやつ!
あれは感動したし、特に最初のピアノ、そしてカラオケも初期はビコーザナイツを発見したら毎回やってました、だって知名度がバカ高いもんでして。ふうふう。
しかーし、ボスの3曲だと
明日なきボーントゥラン
ポイントブランク
シャッタウンベイベイントゥジスタネルオブラブですな!
暴走は特に最高!ジャケットもカッコいい!
ポイントブランクはリバーよりも寂しさが素敵!
タネルはイントロとあウトロが大好きですよ!
さてブラインデドは実は聴いたことありません、YouTubeでも今すぐは探らないことにしようっと。
Unknown (ローリングウエスト)
2020-07-14 21:06:36
この曲は大ヒットでしたね。スプリーングスティーンには珍しく、魅惑的なイントロと流れるようなリズムで歌い上げていた曲でした。ビリーアイドルも不思議で妖しい魅力がありましたね。
両雄並び立つ (hannah)
2020-07-14 21:26:41
星船さん、こんばんは。
今週の1位、2位は奇しくも、84年いや80年代を代表するアルバム♪Purple Rain♪と♪Born In The U.S.A.♪からのシングルでした。
これだけの大ヒットアルバムが時期を同じくして並び立つのも珍しいですね。
しかも、Prince、B.Springsteenとアメリカ復権を印象付けるアーティストがうれしいです。
やっぱりボス (星船)
2020-07-14 21:58:22
太ったボンジョビさんこんばんは。
"Because the Night"はPatti Smithバージョンも、10,000 Maniacsもカッコよかったなぁ!でも一番はやっぱりボスのライブヴァージョンですよね。あれを聞いた時には感動したなぁ!
"Blinded by the Light"の方は、これはマンフレッド・マンバージョンでしょう。このライブもまたカッコよかった。ボスのバージョンは地味でした。

コメントを投稿

1984年ビルボードTop40」カテゴリの最新記事