ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

Christopher Cross - Think of Laura(1984年の洋楽 Part7)

2020-02-20 21:44:28 | '84年洋楽
1984年の洋楽ヒット曲を紹介するシリーズのPart7はChristopher Crossの"Think of Laura"。
最高位は2月4日と11日の第9位。年間チャートは83位でした。

Christopher Crossですが、アメリカテキサス出身のシンガーソングライター。
Christopher Crossといえば、やっぱり1979年にリリースされた彼のファーストアルバム『Christopher Cross』、邦題は『南から来た男』でアメリカのみならず、日本でも、いや全世界で大ヒットしました。シングルもデビューシングル"Ride Like the Wind"が第2位、そして次のシングル"Sailing"がNo.1ヒットと、いきなりの大ブレイクでした。
デビューシングル"Ride Like the Wind"では、その天使の歌声とも言われたハイトーンボイスが話題となりました。

実は今回、Christopher Crossの曲を紹介したのには理由がありまして、1981年のグラミー賞、彼のファーストアルバム『Christopher Cross』とシングル"Sailing"が主要4部門を独占したのですが、この記録はずっと彼だけのものだったのです。とにかく、最優秀新人賞は一生に一回のみ、その年に最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞ですから、それはもう大記録なのです。
そしてついに今年のグラミーで、ビリー・アイリッシュが主要4部門を獲得し、4部門独占の二人目になりました。記念すべき今年のグラミー賞でした。

話が脇道にそれましたが、今回紹介の"Think of Laura"、アルバム『Another Page』収録曲です。1位になった"Arthur's Theme (Best That You Can Do)"はサウンドトラック『Arthur』収録曲だったので、アルバムとしては『Another Page』は彼の2枚目のアルバムですね。
曲の作者はもちろんChristopher Cross、プロデューサーはファーストアルバムと同じくMichael Omartianです。

コメント (16)   この記事についてブログを書く
« ビルボード 全米 Top40 1984... | トップ | ビルボード 全米 Top40 1984... »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最後のトップ40 (omnibusfan)
2020-02-20 22:53:16
 星船さま こんばんは。
 クリストファークロスの「忘れじのローラ」いい曲でした。
 まさかこの曲が最後のトップ40になるとは、当時思いもよりませんでした。
 1981年のグラミー賞のことはよく覚えています。
 スターランドボーカルバンドとかデビーブーンとか、一発屋のグラミー賞新人賞受賞者もいましたが、それに比べれば多くのヒット曲に恵まれました。
 私自身は、1980年の来日コンサート、最前列で見ました。部活動さぼって(笑)
 前座は佐野元春でした。40年も前のお話です。
Unknown (音時)
2020-02-21 06:43:05
http://neverendingmusic.blog.jp/archives/23590593.html
クリストファーのライヴを観に行ったときにこの曲を歌ってくれたのですが、背景のスクリーンに、ある女性の写真を映し出していました。アルバム「アナザー・ページ」のジャケットに載っていた女性とは違いました。そのときのクリストファーの話してくれたコメントは英語だったので完全には聞き取れなかったのですが、友人であった"ローラ"が不幸な事故に遭われて亡くなったのを偲んだ歌ということです。
後で調べてみたら、ジャケットの女性は「ペイジ」という当時クリストファーがお付き合いしていた女性でローラはその友人。友人(ローラ)を失って気落ちしている恋人(ページ)を励ましている歌のようです。そうした私的な物語を歌にしたようですよ。
Unknown (太ったボンジョビ( ´ 〇`))
2020-02-21 09:17:13
うーん、ビリーアイリッシュ、凄いみたいですね
文春の町山USAコーナーで偶然読んで「頑張れ」と思ったのですが、グラミー賞4冠とはもう次元が違っていましたに。
歌ではグレタさんと同じ旨を言ってるのに60のオッサン(USA)らに大人気、というのはそれもすごいかも。
さてクリストファークロス…甘いですねえ、最後のトップ10とか…よく10に入れたなあ、という感想ですが、カラオケにはあるんですよね!
アナーザーページは超高前評判でしたが色々と残念でしたね。
でも「悲しきメモリー」だけはitunesで買ってしまいました、イイ曲だったので。音圧が低くて悲しいですけど。
( ´。`) ノオータイムフォーットー
最後のTop40ヒット (星船)
2020-02-22 00:07:27
omnibusfanさんこんばんは。
この曲、良い曲でしたよね。
この曲は彼のきれいな声にぴったりの曲でした。
2枚目のアルバムで最後のTop40ヒットになってしまって残念でした。
1980年の来日コンサートに行かれたのですか。大ヒットの直後の最も勢いがあるときですね。
私は1986年の3度目の来日公演に行きました。
ローラは? (星船)
2020-02-22 00:15:45
音時さんこんばんは。
そうなんですか、ローラは恋人のことかと思っていましたが、恋人の友人で、その友人をなくした時の歌だとは!いつも知らない情報をありがとうございます。
『Another Page』は (星船)
2020-02-22 00:20:37
太ったボンジョビさんこんばんは。
私もビリー・アイリッシュを聞いたことはありましたが、そうも良く理解できませんでした。やっぱり最近の流行の曲にはなじめません。
"No Time for Talk"ですか、こちらはどちらかというと"Ride Like the Wind"系の曲ですね。『Another Page』はアップテンポとバラードがいい具合に混ざっている良いアルバムでした。
Unknown (実験鼠)
2020-02-22 11:01:47
おはようございます。
クリストファー・クロスの『アナザー・ペイジ』は確か当時のレンタルレコード店で借りて聴いたと思いますが、ほとんど印象に残っておらず・・・この曲も覚えてませんでした^^; 最高9位とは、1STシングルより売れたのですね? ちょっと意外でした。

ちなみにビリー・アイリッシュは話題になっていたので、少し聴いてみましたが、どこがいいのかさっぱり分かりませんでしたw
ファーストのインパクトが (星船)
2020-02-22 18:00:12
実験鼠さんこんばんは。
クリストファー・クロスの『アナザー・ペイジ』はなかなか良いアルバムでした。声に特徴がありすぎて、ファーストのインパクトが強すぎたのか、セカンド以降はヒットが続きませんで残念でした。
ビリー・アイリッシュは私も・・・です。
来日コンサート (hannah)
2020-02-22 21:53:37
星船さん、こんばんは。
僕も彼の80年のコンサートに行きました。無名時代の佐野元春が前座で、後に彼がビッグになるとはもいませんでした。
さて、この♪Think Of Laura♪はアルバムリリースから1年以上立ってのヒットでしかも♪All Right♪よりも上位にランクされて驚きでした。
いい曲がたくさんありますが、デビューがあまりにもインパクトが強すぎましたね。
Unknown (太ったボンジョビ( ´ ~`))
2020-02-22 21:57:00
アクースティーな曲はあんまり知らないけど知っているのはビッグヒットばかりのような
君の友達
ロンガー
ペイシェンス
モアザンワーズ
クラプトンのヤツ
うーん、全部カラオケにあるということはフォーク系の方がリクエストが高いのでせうか?
ギターサウンドのみだと覚えるのに苦労するので、やはりバンドサウンドの方がイイなあ…
ボスのネブラスカ、日本のロックファンの4人に1人くらいしか聴いてないようだと邪推しておりめす。
( ̄b ̄)っウッジュノォーマッネエェーム♪

コメントを投稿

'84年洋楽」カテゴリの最新記事