ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

ビルボード 全米 Top40 1984年6月30日付 デュラン・デュラン Duran Duran - The Reflex

2020-06-28 20:19:56 | 1984年ビルボードTop40
1984年6月30日付ビルボード All American Top40、2週目の1位はDuran Duranの"The Reflex"。Duran Duranですが、1982年に初めてのヒットで最高位3位を記録した"Hungry Like the Wolf"以来この曲で4曲目のTop5ヒット、3曲目のTop3ヒットで初めてのNo.1獲得となりました。

2位は4位からアップ、Bruce Springsteenの"Dancing in the Dark"。Bruce Springsteenですが、初めてのTop40ヒットは1975年の"Born to Run"、以来、5曲目のTop40ヒットで、1980年に5位を記録した"Hungry Heart"以来2曲目のTop5ヒットです。
3位は8位からジャンプアップ、Princeの"When Doves Cry"。Princeですが、初めてのTop40ヒット"I Wanna Be Your Lover"以来5曲目のTop40ヒット。これまでの最高のヒットが6位を記録した"Little Red Corvette"ですので、初めてのTop3ヒットになります。
4位は5位からアップ、Laura Braniganの"Self Control"。Laura Braniganですが、初めてのTop40ヒットが1982年にいきなり2位を記録した"Gloria"。以来、4曲目のTop40ヒットで、2曲目のTop5ヒットです。
5位は7位からアップ、The Pointer Sistersの"Jump (For My Love)"。The Pointer Sistersですが、70年代初めから数々のTop40ヒットを持っていますが、Top5ヒットは78年に2位を記憶した"Fire"などこの曲で通算5曲目。大人気女性ポップスグループです。

この週2週目の1位はDuran Duranの"The Reflex"。1位はこの2週間、年間チャートは16位、彼ら最高のヒットになりました。

Duran Duranですが、私のブログにはこれで4回目の登場となります。大好きなロックグループです。
サイモン・ル・ボンの魅力的なボーカルはもちろんですが、彼らの独特な陰のある曲が大好きです。

さてDuran Duran、ファーストアルバムは1981年にリリースした『Duran Duran』、まずはイギリスで大ヒット、最高位3位を記録します。日本でも大ヒットしましたね。
アメリカでの人気は翌年1982年にリリースしたセカンドアルバムの『Rio』から。シングルカットされた"Hungry Like the Wolf"が最高位3位、年間17位の大ヒットになります。

そして1983年にリリースしたサードアルバム『Seven and the Ragged Tiger』も続けて大ヒットになります。その間のシングルも、この時点で初めてのヒットから1年ちょっとしか経っていませんが、この曲で既に6曲目のTop40ヒット、5曲目のTop10ヒットになります。

このサードアルバム『Seven and the Ragged Tiger』からのファーストシングル"Union of the Snake"が3位、セカンドシングルの"New Moon on Monday"が10位と続けてヒット、この曲"The Reflex"は、なんと3曲目のシングルカットでついに1位を獲得します。アルバムからの最後のシングルカット曲になりますのでが、その3曲目が最高の、それも1位となるのは珍しいのではないでしょうか。

"The Reflex"の作者はメンバー5人の共作。ロックにダンスミュージックが融合、凝った作りの曲で、単なるビジュアルバンドではない素晴らしい曲を作ります。



ダンスリミックスバージョンがありますが、こちらはシックのNile Rodgersによるリミックス、カッコいいアレンジですね。


今週 先週 song / artist
1 1 THE REFLEX / DURAN DURAN
2 4 DANCING IN THE DARK / BRUCE SPRINGSTEEN
3 8 WHEN DOVES CRY / PRINCE
4 5 SELF CONTROL / LAURA BRANIGAN
5 7 JUMP / POINTER SISTERS
6 6 THE HEART OF ROCK & ROLL / HUEY LEWIS & THE NEWS
7 2 TIME AFTER TIME / CYNDI LAUPER
8 10 EYES WITHOUT A FACE / BILLY IDOL
9 3 LET'S HEAR IT FOR THE BOY / DENIECE WILLIAMS
10 12 ALMOST PARADISE / MIKE RENO & ANN WILSON
11 9 OH SHERRIE / STEVE PERRY
12 11 BORDERLINE / MADONNA
13 19 LEGS / ZZ TOP
14 13 ITS A MIRACLE / CULTURE CLUB
15 20 MAGIC / CARS
16 16 STAY THE NIGHT / CHICAGO
17 22 DOCTOR! DOCTOR! / THOMPSON TWINS
18 23 INFATUATION / ROD STEWART
19 25 DANCE HALL DAYS / WANG CHUNG
20 26 SAD SONGS / ELTON JOHN
21 21 WHO'S THAT GIRL? / EURYTHMICS
22 24 MODERN DAY DELILAH / VAN STEPHENSON
23 14 SISTER CHRISTIAN / NIGHT RANGER
24 15 YOU CAN'T GET WHAT YOU WANT / JOE JACKSON
25 30 BREAKIN'.. THERE'S NO STOPPING US / OLLIE & JERRY
26 28 NO WAY OUT / JEFFERSON STARSHIP
27 29 DON'T WALK AWAY / RICK SPRINGFIELD
28 31 I CAN DREAM ABOUT YOU / DAN HARTMAN
29 46 GHOSTBUSTERS / RAY PARKER JR.
30 - STATE OF SHOCK / JACKSONS
31 35 WHAT'S LOVE GOT TO DO WITH IT / TINA TURNER
32 37 I'M FREE / KENNY LOGGINS
33 36 SUNGLASSES AT NIGHT / COREY HART
34 38 PRIME TIME / ALAN PARSONS
35 39 OBSCENE PHONE CALLER / ROCKWELL
36 41 ROMANCING THE STONE / EDDY GRANT
37 42 IF EVER YOU'RE IN MY ARMS AGAIN / PEABO BRYSON
38 40 FAREWELL MY SUMMER LOVE / MICHAEL JACKSON
39 52 PANAMA / VAN HALEN
40 18 HELLO / LIONEL RICHIE

コメント (20)   この記事についてブログを書く
« ジョー・ジャクソン Joe Jack... | トップ | マドンナ Madonna - Borderl... »
最新の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
星船さんへ (ミュウ)
2020-06-28 20:57:12
こんばんは!
彼らはブリティッシュ・インヴェイジョンの象徴のようなバンドですよね。
ニュー・ロマンティックということばもありました。
とにかく、すごい人気だったのを覚えています。
特に女子に人気でしたね。
ダンサブルなロックは今聴くと、けっこう新鮮です。
7人とぼろぼろの虎が全米制覇! (音時)
2020-06-28 21:08:29
http://neverendingmusic.blog.jp/archives/11346531.html
「Seven and Tne Ragged Tiger」の"7"は「メンバー5人+マネージャー2人」のことだそうですよ。この曲で7人もとうとう全米制覇!しましたね。
 サイモンの書くDuran×2の曲の歌詞はまあとにかく難解です(-_-;)。"The Reflex"は何かの"反射"を意味しているはずですので、"ギャンブル依存症"とその反動でどうなるのか??という解釈を取って和訳しました。
CMソングに (hannah)
2020-06-28 21:33:41
星船さん、こんばんは。
アルバムからの3曲目のシングルでついに№1ですね。
とにかくDuran人気が凄かったですね。ただ単なるアイドルと違うところは、メンバー全員が曲を作って、楽器を担当して、アーティストだったというこことですね。
確かお酒のCMにも使われていたを思います。
Unknown (秋里&ままん)
2020-06-29 02:21:27
このあたりのチャートに並んだ曲は懐かしいですv。
とっても洋楽がチャーミングでカッコ良い時代でしたねv。
あ、ユーリズミックスとかもアメリカでチャートinしてたんですねv。
とうとう1位に (golden_70s)
2020-06-29 20:23:08
すごく人気がありましたね。
そして、ついに、この曲で1位なりました。

最初は、単なる、ヴィジュアル系のバンドかと思いましたが、そうではなかったですね。
この曲、結構、好きです。
誤解されていた (星船)
2020-06-29 20:26:02
ミュウさんこんばんは
当時のDuranDuranの人気は凄いものでしたよね。
日本ではビジュアルで話題になって、帰って誤解されたようなところがありましたが、音楽性が凄かった。
今でも好きでよく聴きます。
まさかのNo.1 (星船)
2020-06-29 20:43:33
音時さんこんばんは。
難しい歌詞なのですね。サイモンしかわからない歌詞って、ありなんでしょうか?
まさかDuranDuranが全米No.1を獲るとは、応援していたのでうれしかったです。
実力派バンド (星船)
2020-06-29 20:52:49
hannahさんこんばんは。
DuranDuranが全米No.1になるとは、驚きましたが、あとから思うと1位になってもかしくない、素晴らしい曲でありました。ビジュアルだけでない、才能あるメンバーが集まった、実は実力派バンドでありました。
バラエティに富んだ (星船)
2020-06-29 20:55:50
秋里&ままんさんこんばんは。
この当時の洋楽、イギリス系の曲が強かったり、ロック系の曲が上がってきたり、ダンス系の曲が上がってきたり、バラエティに富んだチャートになっていました。毎週どんな曲が上がってくるのか楽しみにしていました。
この曲で (星船)
2020-06-29 21:04:53
golden_70sさんこんばんは。
デビューしたころのDuran Duranはビジュアルで売り出されて、かえって損していましたね。実力派でありました。この曲でついに全米No.1ヒットになりました。応援していたのでうれしかったです。

コメントを投稿

1984年ビルボードTop40」カテゴリの最新記事