ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

ビルボード 全米 Top40 1984年2月11日付 Lionel Richie - Running With The Night

2020-02-09 22:14:41 | 1984年ビルボードTop40
1984年2月11日付ビルボード All American Top40、2週目の1位はCulture Clubの"Karma Chameleon"。
Culture Clubですが、アメリカでの初めてのヒット"Do You Really Want to Hurt Me"が第2位を記録、続くシングル"Time (Clock of the Heart)"も連続2位。この曲でついに初めてのNo.1獲得となりました。

2位は4位からアップ、Kool & The Gangの"Joanna"。Kool & The Gang、R&B界のスーパースター、レギュラーチャートでも1980年のNo.1ヒット"Celebration"を始めこの曲で7曲目のTop10ヒット、4曲目のTop5ヒットです。
3位は前週と変わらずこれで3週目の3位、The Romanticsの"Talking in Your Sleep"。The Romanticsですが、アメリカ出身のロックグループ。彼ら初めてのTop40ヒットでTop3入りです。
4位は2位からダウン、2週間の1位の大ヒット、Yesの"Owner Of A Lonely Heart"。Yesですが、ロックファンの方々ならばご存知、イギリスのプログレッシブ・ロックバンド、プログレロックの先駆者。アルバムでは『こわれもの』や『危機』などがアメリカでも大ヒットしていますが、シングルは1971年に最高位40位を記録した"Your Move"、1972年に13位を記録した"Roundabout"に続く3曲目のTop40ヒットで、もちろん初めてのNo.1ヒットです。
5位は11位からまさにジャンプアップ、Van Halenの"Jump"。Van Halenですが、初めてのヒット"You Really Got Me"以来この曲で5曲目のTop40ヒットで、初めてのTop5入りです。

この週7位はLionel Richieの"Running With The Night "。
最高位はこの2月11日付の7位。年間チャートは53位でした。

Lionel Richie、皆さんご存知The Commodoresの中心人物。数々のポップスバラードの名曲を生み出したスーパースターです。

1981年からソロ活動を開始、いきなりDiana Rossとのサウンドトラック"Endless Love"で9週間の1位、年間チャート2位の特大のヒットを記録します。その後ソロのファーストアルバム『Lionel Richie』を発表、そのアルバムからのシングルカット"Truly"が1位、"You Are"が4位、"My Love"5位と、バラードの大ヒットを連発します。

続いて1983年に2枚目のソロアルバム『Can't Slow Down』を発表、そのアルバムからのファーストシングル"All Night Long (All Night)"が4週間の1位を記録する大ヒットとなります。
この"All Night Long (All Night)"はお得意のバラードではなく、軽快なダンスポップス。良い曲でした。
そして続くシングルカットがこの曲"Running With The Night "です。

"Running With The Night "ですが、曲の作者はLionel Richie自身とCynthia Weilの共作。Cynthia Weilはアメリカのソングライターですが、彼女の夫のBarry Mannも有名ソングライター。夫妻で数々の名曲を作った凄い方々です。
代表作はAaron Neville & Linda Ronstadtの"Don't Know Much"、Hansonの"I Will Come to You"など、いい曲作りますね。
プロデューサーは、こちらもLionel Richie自身とJames Anthony Carmichaelの二人。James Anthony Carmichaelですが、コモドアーズ時代からLionel Richieと組んで活動している名コンビです。

アップテンポでロック系のこの曲、なんといってもこの曲の特徴は途中のギターソロ、すごくカッコ良いですが、これはSteve Lukatherが弾いているのですよね。ドラムスにもJeff Porcaroが参加しています。バックボーカルには"All Night Long (All Night)"に続きRichard Marxが参加しています。


今週 先週 song / artist
1 1 KARMA CHAMELEON / CULTURE CLUB
2 4 JOANNA / KOOL & THE GANG
3 3 TALKING IN YOUR SLEEP / ROMANTICS
4 2 OWNER OF A LONELY HEART / YES
5 11 JUMP / VAN HALEN
6 8 THAT'S ALL / GENESIS
7 7 RUNNING WITH THE NIGHT / LIONEL RICHIE
8 10 PINK HOUSES / JOHN COUGAR
9 9 THINK OF LAURA / CHRISTOPHER CROSS
10 6 I GUESS THAT'S WHY THEY CALL IT THE BLUES / ELTON JOHN
11 5 BREAK MY STRIDE / MATTHEW WILDER
12 18 99 LUFTBALLONS / NENA
13 14 LET THE MUSIC PLAY / SHANNON
14 15 AN INNOCENT MAN / BILLY JOEL
15 21 GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN / CYNDI LAUPER
16 12 I STILL CAN'T GET OVER LOVING YOU / RAY PARKER JR.
17 22 NOBODY TOLD ME / JOHN LENNON
18 19 WRAPPED AROUND YOUR FINGER / POLICE
19 20 MIDDLE OF THE ROAD / PRETENDERS
20 - THRILLER / MICHAEL JACKSON
21 23 YAH MO B THERE / MICHAEL MCDONALD & JAMES INGRAM
22 16 HOLIDAY / MADONNA
23 24 SO BAD / PAUL MCCARTNEY
24 13 SAY SAY SAY / PAUL MCCARTNEY & MICHAEL JACKSON
25 29 NEW MOON ON MONDAY / DURAN DURAN
26 31 I WANT A NEW DRUG / HUEY LEWIS & THE NEWS
27 32 GOT A HOLD ON ME / CHRISTINE MCVIE
28 39 HERE COMES THE RAIN AGAIN / EURYTHMICS
29 30 SEND ME AN ANGEL / REAL LIFE
30 17 TWIST OF FATE / OLIVIA NEWTON-JOHN
31 35 BANG YOUR HEAD / QUIET RIOT
32 36 THIS WOMAN / KENNY ROGERS
33 52 SOMEBODY'S WATCHING ME / ROCKWELL
34 33 NIGHTBIRD / STEVIE NICKS
35 37 GIVE IT UP / KC
36 41 FOOTLOOSE / KENNY LOGGINS
37 38 THE DREAM (HOLD ON TO YOUR DREAM) / IRENE CARA
38 42 ALMOST OVER YOU / SHEENA EASTON
39 59 THE LANGUAGE OF LOVE / DAN FOGELBERG
40 63 AUTOMATIC / POINTER SISTERS

コメント (14)   この記事についてブログを書く
« Madonna - Holiday(1984年の... | トップ | Real Life - Send Me An Ange... »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (音時)
2020-02-10 18:03:34
http://neverendingmusic.blog.jp/archives/23463646.html
いつもコメント早い皆様もこの曲は思い入れないかな(^_^;)。二曲の全米No.1ヒットに挟まれて、ライオネルにしては知られてない曲ですよね。でも星船さんが書かれてる通り、気合いの間奏ギター、この音色はやっぱりルーク!バックコーラスのリチャードマークスは言われるまでわかりませんでした。歌詞はランニングインザナイトではなく、ウィズを使ってるところが、朝が来たら別れてしまう二人を暗示しているような気もします。
今週のAT40 80s (omnibusfan)
2020-02-10 19:14:27
 星船さま こんばんは。
 今週のAT40 80sは、まさに1984年2月11日付けチャートでした。何年か前にもオンエアされていたのですが、今回もしっかり録音しました。(笑)
 ライオネルリッチーのこの曲、当時よくかかっていた記憶がありますが、最高位は7位でしたか。もう少し上だったかと思いました。(笑)
 この週のチャートでは、マイケルジャクソンの「スリラー」の20位初登場が目を引きますね。No1にはなれなかったけど。それに対して、フットルースは5ポイントupでトップ40初登場でした。
Unknown (太ったボンジョビ(っ´・ω・`)っ)
2020-02-10 21:16:28
うーーーーん
これ、誰かにあげれば良かったのに…と思いましたよ。
ライオネルは濃すぎないバラードが持ち味だと思うので、この曲だと真反対に「エモーショナルなロック調」であり、それを彼がやるのはもう腹一杯、なんですのね。
だからレイディをケニーロジャースに歌わせたのは正解だったと思うし、ソロ初が3分少々のトゥルーリーだったのも⭕だったと思うんですよね。
あと何度も書いてしまいますが、アルバムの中だとタイトルソングの「キャントスローダウン」、これは初めて聞いて一発で好きになってしまったものでして、今でも車中でヘビーリッスンしております。
新しいLionel Richie (星船)
2020-02-10 22:45:43
音時さんこんばんは。
実はこの時、"All Night Long (All Night)"→"Running with the Night"のヒットは、改めてLionel Richieのファンに返り咲いた時でした。この前の"Endless Love"や"Truly"などあまりのバラード続きでいいかげん嫌になっていた時に、特にこの"Running with the Night"は新しいLionel Richieの魅力を発見した気分になったものでした。
7位止まり (星船)
2020-02-10 22:56:36
omnibusfanさんこんばんは。
ライオネル・リッチーのこの曲、良い曲だったんですけど、7位止まりで残念でした。やっぱりバラードじゃなきゃヒットしないのでしょうか、と、当時残念に思いました。
マイケル・ジャクソンの「スリラー」は4位止まりでしたが、アルバムがあれだけ売れた上に、7曲目のシングルカットですから、4位まで上がったのが奇跡だと思います。「スリラー」はやっぱりいい曲でしたよね。
贅沢なバック (hannah)
2020-02-10 22:59:02
星船さん、こんばんは。
これまでのL.Richieのイメージを打ち破る新たな一面のロック調の曲ですね。
そのせいか、最高位7位にとどまりましたが、バラード過ぎるという周りの雑音を跳ね返すような曲です。
しかも、S.LukatherとJ.Porcaroそれにまだ無名のR.Marxsのバックですか。贅沢すぎますね。
Lionel Richieの曲の中で (星船)
2020-02-10 23:01:45
太ったボンジョビさんこんばんは。
アルバムの中で"Can't Slow Down"ですか!アップテンポの良い曲ですよね。
実は私はLionel Richieの曲の中でどの曲が一番好きかと言われれば、なんといってもこの曲です。一番私の好きなタイプの曲ですね。
新しい可能性 (星船)
2020-02-10 23:05:30
hannahさんこんばんは。
そうでした、この曲は新しいLionel Richieの可能性を感じさせる曲でしたね。私の大好きな曲です。でもこの後の、この傾向の曲はほとんどありませんでした。そこが残念なところです。
バックも良かったですね。
Unknown (太ったボンジョビ( ´ ロ`))
2020-02-11 18:42:44
🌟⛴️さんの言われるように、以降のライオネルにはこの路線の曲はなかったですね?
この曲はマイケルには向いてたと思いますね。
オフザウォールやビリジーン、リメンバーザタイムのようにナイーブに歌ったんじゃないかなと…。
一方でマイケルのヒューマンネイチャー、ヒールザワールド、あの娘が消えたのようなあっさりめの曲は出来ればやめて欲しいなと…。
やっぱり向き不向きはあるのではないかと…。
なお天の邪鬼なもんでして、ライオネルだとシングルが不調になり始めた?、コンカー、バレリーナ、セ・ラあたりが好きだったりするもので、86年までは臥薪嘗胆で行かせてくださいまし。
2012年のNo.1ヒットアルバム (星船)
2020-02-11 20:08:25
太ったボンジョビさんこんばんは。
あれだけ大人気で、シングルを出せばTop10ヒットになったLionel Richieも、80年代後半からはヒット曲が出なくなりました。まあ、仕方ないところもありますが。
そんな中で2012年に出したアルバム『Tuskegee』が1位になった時には驚きました。カントリー系の素晴らしいアルバムでした。

コメントを投稿

1984年ビルボードTop40」カテゴリの最新記事