ビルボード・チャート日記 by 星船

70年代、80年代から最新までビルボードのヒットチャートにあわせて名曲を紹介します。
(最新チャートはお休みします)

ビルボード 全米 Top40 1985年11月30日付 スターシップ Starship - We Built This City

2021-11-28 20:45:49 | 1985年ビルボードTop40
1985年11月30日付ビルボード All American Top40、3位から上がっての1位はPhil Collins & Marilyn Martinの"Separate Lives (Theme From White Nights)"。この曲、映画「White Nights」サウンドトラックからのテーマ曲です。Phil Collinsですが、もちろん皆さんご存知、Genesisのドラマー兼ボーカリストで、ソロでも大ヒットを連発、"Against All Odds (Take a Look at Me Now)"などこの曲で4曲目のNo.1ヒットとなりました。一方、Marilyn Martinですが、この曲が初めてのシングルヒットで初のNo.1を記録しました。

2位は2週間の1位からダウン、Starshipの"We Built This City"。Starship、ルーツは60年代のJefferson Airplaneまでさかのぼります。その後、1974年にJefferson Starshipとなり、さらに1984年、ジェファーソン・エアプレイン創設メンバーのポール・カントナーがバンドを去ったことにより、Starshipとなりました。Starshipとしては初めてのヒットですが、Jefferson Airplane時代の最高位5位の"Somebody to Love"、Jefferson Starship時代の最高位3位の"Miracles"と合わせて3曲目のTop5ヒット、グループの長い歴史を経ての初めてのNo.1です。
3位は4位からアップ、Mr. Misterの"Broken Wings"。Mr. Misterですが、アメリカのロックグループ。彼ら初めてのTop40ヒットがTop3ヒットになりました。
4位は2週間続けた2位からダウン、残念ながら1位にはなれませんでした、Glenn Freyの"You Belong To The City"。Glenn Freyですが、もちろん皆さんご存知、The EaglesでDon Henleyなどとともに、ボーカリスト、ソングライター、ギタリストとして活躍し、イーグルス活動停止後、ソロではこの曲で6曲目のTop40ヒット、最高位2位の"The Heat Is On"に続く2曲目の2位を記録するヒットになりました。この曲、No.1となったJan Hammerの"Miami Vice Theme"と同じくテレビドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』サントラ収録曲です。
5位は前週と変わらず、Heartの"Never"。Heartですが、1975年にデビューしたアメリカンロックグループ。1975年の初めてのヒット"Magic Man"が最高位9位、それ以降ヒットを積み重ね、この曲で11曲目のTop40ヒットで初めてのTop5ヒットになりました。

この週2位は2週間の1位からダウン、Starshipの"We Built This City"。年間チャートは14位。長い歴史を持つStarship、初のNo.1ヒットで、もちろん彼らグループの最大のヒットとなりました。

さてStarship、その歴史は1965年までさかのぼり、アメリカン・ロックの創成期にあたります、サイケデリック・ロックの代表格がJefferson Airplane。オリジナルメンバーのポール・カントナーにマーティ・バリン、さらにもう一人のボーカルのグレイス・スリックが加入し、その年1967年に出した"Somebody to Love"が最高位5位の大ヒット、人気を確立します。

その後、メンバーチェンジを繰り返し、1973年にJefferson Airplaneはいったん解散、Jefferson Airplaneのメンバーのポール・カントナー、マーティ・バリン、グレイス・スリック、ディヴィッド・フライバーグなどに、ギタリストのクレイグ・チャキーソ、ピート・シアーズが加わり、Jefferson Starshipと改名、1974年にファーストアルバム『Dragon Fly』を発表、そして翌年1975年にリリースしたセカンドアルバム『Red Octopus』が大ヒット、アルバムチャートでNo.1、シングルでも"Miracles"が3位を記録する大ヒットとなり、復活します。
Jefferson Starship、ポール・カントナー、マーティ・バリン、グレイス・スリックの3人が曲を作り、さらにはその3人がボーカルも担当するという、メンバーの個性が発揮された素晴らしいグループでした。

特に3枚目の『Spitfire』は素晴らしいアルバムでした。大好きなアルバムで、今でもよく聴きます。アルバムジャケットは長岡秀星さんのデザインで、そこには「星船」の文字。シングル"With Your Love"は最高位12位、年間84位のヒットとなっています。こちらをご覧ください→→→

1978年、ボーカルで中心メンバーのグレイス・スリック、マーティ・バリンが相次いでバンドを離れ、代わりにミッキー・トーマスが加入、それまでのポップバラード路線から、ロック路線に急転向します。
Starshipになってから、音楽性が変わったと言われますが、実はこの79年のミッキー・トーマスの加入、81年のグレイス・スリックの復帰で、このバンドの音楽性が変わったと思います。
中でも5枚目のアルバム「Freedom At Point Zero」、そのアルバムからのシングル"Jane"は新生ジェファーソン・スターシップを象徴する曲でした。ロック色の強い私の好みの曲です。ミッキー・トーマスはエルヴィン・ビショップ・グループの名曲"Fooled Around and Fell in Love"のリードボーカルで有名ですね。こちらをご覧ください→→→

さて、前振りがだいぶ長くなりましたが、1984年、ジェファーソン・エアプレインのオリジナルメンバーのポール・カントナーがバンドを去ったのですが、その際、『ジェファーソン』の名称を、「ジェファーソン・エアプレイン」のメンバーが同意しないと名乗れない、ということになってしまい、バンド名が「ジェファーソン」をとって、「スターシップ」に縮められ、再スタートを切ることになりました。

その新生Starshipのファーストアルバムが『Knee Deep in the Hoopla』、そのアルバムからのファーストシングルがこの曲"We Built This City"です。
この曲の作者ですが、 Bernie TaupinにMartin Page、Dennis Lambert、Peter Wolfの4人の共作。なんと Bernie TaupinとPeter Wolfが入っているってビックリですよね。Peter Wolfはプロデューサーとしても参加、アルバムのプロデューサー、その他の曲も提供するという、全面的な協力をしています。

"We Built This City"ですが、邦題は「シスコはロック・シティ」。日本でも大ヒットしました。
「産業ロック」と酷評する評論家もいましたが、曲は素晴らしいですし、ミッキー・トーマスとグレイス・スリックの二人の力強いボーカルの掛け合いがまた素晴らしいんです。文句なくNo.1にふさわしい曲だと思います。

アルバム『Knee Deep in the Hoopla』はシングルのヒットに伴いアルバムも大ヒット、最高位こそ7位でしたが、アルバム年間チャートでは13位となる大ヒットアルバムとなりました。


今週 先週 song / artist
1 3 SEPARATE LIVES (THEME FROM WHITE NIGHTS) / PHIL COLLINS & MARILYN MARTIN
2 1 WE BUILT THIS CITY / STARSHIP
3 4 BROKEN WINGS / MR. MISTER
4 2 YOU BELONG TO THE CITY / GLENN FREY
5 5 NEVER / HEART
6 6 LAY YOUR HANDS ON ME / THOMPSON TWINS
7 9 WHO'S ZOOMIN' WHO / ARETHA FRANKLIN
8 13 ELECTION DAY / ARCADIA
9 17 PARTY ALL THE TIME / EDDIE MURPHY
10 14 SLEEPING BAG / ZZ TOP
11 18 ALIVE & KICKING / SIMPLE MINDS
12 22 SAY YOU, SAY ME(TITLE SONG FROM WHITE NIGHTS) / LIONEL RICHIE
13 11 BE NEAR ME / ABC
14 8 MIAMI VICE THEME / JAN HAMMER
15 15 ONE OF THE LIVING / TINA TURNER
16 19 I MISS YOU / KLYMAXX
17 7 HEAD OVER HEELS / TEARS FOR FEARS
18 10 PART TIME LOVER / STEVIE WONDER
19 21 PERFECT WAY / SCRITTI POLITTI
20 12 YOU ARE MY LADY / FREDDIE JACKSON
21 25 SMALL TOWN / JOHN COUGAR MELLENCAMP
22 20 SOUL KISS / OLIVIA NEWTON-JOHN
23 16 LOVE THEME FROM ST. ELMO'S FIRE / DAVID FOSTER
24 26 SISTERS ARE DOIN' IT FOR THEMSELVES / EURYTHMICS AND ARETHA FRANKLIN
25 30 TONIGHT SHE COMES / CARS
26 28 WRAP HER UP / ELTON JOHN
27 39 THAT'S WHAT FRIENDS ARE FOR / DIONNE & FRIENDS
28 33 WALK OF LIFE / DIRE STRAITS
29 32 OBJECT OF MY DESIRE / STARPOINT
30 31 RUNNING UP THAT HILL / KATE BUSH
31 35 EMERGENCY / KOOL & THE GANG
32 23 TAKE ON ME / A-HA
33 47 TALK TO ME / STEVIE NICKS
34 36 BURNING HEART / SURVIVOR
35 40 LOVE IS THE SEVENTH WAVE / STING
36 37 CONGA / MIAMI SOUND MACHINE
37 38 YOU'RE A FRIEND OF MINE / CLARENCE CLEMONS & JACKSON BROWNE
38 24 SAVING ALL MY LOVE FOR YOU / WHITNEY HOUSTON
39 42 DO IT FOR LOVE / SHEENA EASTON
40 45 EVERYBODY DANCE / TA MARA & THE SEEN

コメント (66)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ケイト・ブッシュ Kate Bush ... | トップ | トンプソン・ツインズ Thomps... »
最新の画像もっと見る

66 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
80年代のワーストソングNo1ですと… (音時)
2021-11-28 22:16:27
http://neverendingmusic.blog.jp/archives/20405342.html
この曲は、星船さんや僕のような全米トップ40を聴いていたリスナーはとても思いで深く、好きな曲だと思います。だって、ジェファーソン・スターシップがミッキー・トーマスというボーカリストを迎え、歌詞をバーニー・トゥピンが書いていて、全米No1になったんですよ。速攻で、シングルを買って当時もめちゃ聴きました。
 でもRolling Stone誌の読者投票企画「80sの最悪の曲を決める"The 10 Worst Songs of the 1980s"」では第1位という「栄冠」を得ています。…まあきっとわざわざこの曲が嫌いだとかコメントする人がいそうですよね(-_-;)。
◆この曲は歌詞で"Marconi plays the mamba" (マルコニがマンバを演奏する)という部分がナゾで、ここは作者もStarshipメンバーも意味を明らかにしていません。この曲の歌詞を書いたのは、エルトンの相棒のソングライター"バーニー・トゥピン"。この曲の面白さはこの歌詞もあると思っています。ちなみに、"Marconi"は“ラジオの父”とも言われる発明家、グリエルモ・マルコーニ(1874-1937;イタリヤ人)のことで、僕の解釈は、"Marconi"=ラジオ のこと、"Mamba"=毒蛇のような音楽=ロック音楽 ということ。「Marconi plays the mamba」は「ラジオが"毒のある"ロック音楽を流してるよ」という意味ではないか?と思います。あえて、ラジオの父のマルコ二の名前を出して「Marconi plays the mamba」という歌詞を歌ってるあたりもこの曲の味わいとして、ぜひ知ってほしいところです。
◆歌の途中で入るDJのしゃべりのなかで言われている町については、
「the city by the bay」はサンフランシスコ、
「the city that rocks」はニュー・ヨーク・シティ、
「the city that never sleeps」はクリーブランド・オハイオのこと。邦題「シスコはロックシティ」(シスコ=サンフランシスコ)と付いたのも、も、このあたりから来ているのでしょうね。
ですので、僕にとってはこの曲の楽しいところを沢山発見しています。80年代のワーストソングか?と言われると...僕はそうでない!と声を大にして言いたいなと思います。
Unknown (太ったボンジョビ (ノ・∀・)ノ)
2021-11-28 22:20:31
⭐⛴️さん、なんというか、おめでとうございました🎉。
この日のためにブログを続けて来られたのですな、いやまだ通過点、こっからが楽しいんですよね、少なくともあと2年くらいでしたっけ?
私はビフォーアイゴーというシングルまでは聴いておりませんが、シングル3曲はかなり好きであります。
このシスコソングはそれまでインテリ気味の短調でシングル出していたのと違って、もろ新境地、しかも脳天気、何が悪い、という妙なパワーがブリブリでしたね。
普通なら「やり過ぎじゃん」「ヤケクソか?」「知性を棄てて何が残るんだ」と思うはずの私はこのとき「あれ?大好きな82年ごろっぽいじゃん、何かイイゾ」と肯定してしまったですよ。
そしてまさかピーターウルフが隠れていたとは!曲調にちょっと納得であります。
さて⭐⛴️さんの名前がついに戴冠されましたが、来年の今ごろはボクのもよろすくお願いいたしますです。
お互いに84年のシングルはスルーでしたので、トップのときくらいは派手にイキたいですヨーヨー。
遂にこの時が来ました! (hannah)
2021-11-28 22:38:10
星船さん、こんばんは。
僕がこのブログに参加してから約4年半、遂にこの時は来ましたね。
60'sから活躍の大御所バンドの見事な復活です。
Starshipになって初のロックっぽい楽曲の♪Jane♪ヒット後は80'sになってからの3枚のアルバムは低空飛行の飛行船でした。
♪Find Your Way Back♪とか♪No Way Out♪はいい曲でしたけどね。
そして外部のソングライターの全面的協力のもと、遂に初の№1です。
星船さんの説明もいつもより詳細に長くなっているのは、喜びの表れですね。
このブログの参加メンバー全員でお祝いです。
Unknown (安全牌~)
2021-11-29 04:48:38
うへ~また出たよ。『産業ロック』語る…ひょ~ろん家!…産業に従事したロックの事言ってるんでしょ。この人逹は音楽評論を仕事にしていて…ご~く当たり前の事を普通に言ってるだけなんだけどね。当時の受け取る側の中・高生あたりは…何故かムキになってたみたいだね。わしゃ知らんけど(笑)。何でも産業に従事せずに確立できる真のロックと言うのがあるらしいよ。お馬鹿だね。幻想もいいところだよ。もの知らぬにも程がある。そして言葉の意味を悪~く伝えて来たのは、ひょ~ろん家ではなくて、もの知らぬコイツらなのじゃ~‼。…そうそう、産業に従事したロックの大御所といえば、まず思い浮かぶのはビートルズじゃない。デビュー当時なんて特に…アメリカのバンドなんかも言えてる。代表格は自由に演ってそうに見せてるツェッペリンやストーンズで…イェ~イ👍…バリンバリンの産業ロックでっせ~💃。わしゃまだ産まれとらんけどね(笑)。しかし、産業ロックと言う売りだけで…アメリカで1等賞取れる程、アマ~い世界じゃないわなあ…♪
Unknown (blackmore1207)
2021-11-29 07:54:35
おはようございます。
ジェファーソンエアプレイ→ジェフファーソンスターシップ→スターシップに変わり、85年のアルバムはMr.ミスターのようにサウンドに変身し大ヒットでした。
この曲のタイトルもシンディローパーみたいな「シスコはロックシティ」と「セーラ」(原題はsara何ですが・・)は良くラジオでも流れました。シングルジャケットもデバージみたいになっています(笑)
この頃マイク&ザメカニックス、グレンフライなど同じ人とは思えないようなU.K.POPようなサウンドが流行り90年代には結果元サヤ?に戻っていきました(笑)
色々とありましたが大好きなアルバムで良く聴きました。
Unknown (安全牌~)
2021-11-29 15:13:50
動画拝聴しました。出だしがイエスはたまたクイーンかと思った。…全然良いじゃないですか!。グレースの白い🐰の頃よりも、ちゃんとした音楽ですよ🎵…ここからは超個人的だから気にしないでね。ジェファーソン・エアプレーンは一部(ヒッピームーブメント)からは絶大な支持だったみたいだけど、ど~も、あのだらだらとしたお経みたいなグルーヴ感に乗り気にならなかった。…グレース・スリックはマンズ愛想無いし←(ヒッピーにとってはカリスマ女神)…そもそも日本にはフーテン野郎(形だけで何の思想も無い)はいても、ヒッピーは皆無だ。ましてヒッピーフラワー文化なんて無かったから、ジェファーソン・エアプレーンを根本から理解しようなんて…無理なんじゃ~。(でもやってることは面白かったしグレース信者も…ポチポチ…居たね…笑)
Unknown (かんた)
2021-11-29 17:51:42
私はこの曲を聞くと、なぜか阪神・淡路大震災を思い出します。
その理由については、音時さんのブログのコメントで書かせていただいたので、そちらをお読みください。
おそらく音時さんのコメントに記載されているURLをクリックしてもらえれば読めると思います。

ところで、この曲の邦題は『シスコはロックシティ』です。
私はどうも、この邦題が好きになれません。
やっぱり、サンフランシスコのことを「シスコ」ってなってくると、クリームソーダを「クリソー」と言ったり、レモンスカッシュを「レスカ」と言ったりする、あのノリに近いものを感じてしまうんですよね。
あの当時だと、この邦題でよかったかもしれませんが、今となっては「シスコ」なんて、ダサダサの死語みたいです。
もしろん、そう思えてしまうのは私だけかもしれませんが。
Unknown (ハリジョージスン)
2021-11-29 19:37:32
こんばんは。この曲&アルバムは好きでしたね。「産業○ッ○」と評する向きもあったようですが、外部ライターを起用しているもののメンバーの「執念」を感じます。グレイス姉御とミッキーのツインボーカルもグッド!歌詞も良かったなぁ。「セーラ」も大好きでした。
Unknown (太ったボンジョビ (  * ´0`))
2021-11-29 20:09:09
ぉおお~っとみなさん、お祝いコメントの嵐かと思いきや、スターシップの変わりようになかなかの辛辣コメント多数!
なるほど、その分みなさんのアツさを感じまして、スイート気分でなく、ワイルドな気持ちになりましたよ。
で、クイズをばをば…。
アルバム「…フープラ」ですが、ジョンクーガーの「アメリカンフール」と共通点があります。
その共通点は言わなくていいので、その共通点を持つ、別のアルバムを答えてください。
どーですか、しんどいでしょー。ちゃんとアルバム買うか借りるかして、ちゃんと聴いてないとなかなか浮かばないと思いますよ。
たぶん最近来られてないMr.databaseさんでさえ、こんなの要素にないでしょうしね。
もっとも、私のクイズですので背景は関係ありません。
ただし「シングル3つがトップ40入り」「1位の曲がある」てぇのは、なしですよん。
さー答えてもらおーか!
Unknown (太ったボンジョビ ( ・∀・))
2021-11-29 20:52:12
クイズ、ちょっとサンプルが足りないですよね?すみませんです。
フープラとアメリカンフールだけではちょっと…。
で、その共通点はエア・サプライのデビューアルバムもそうでありました。どーでしょーか?
共通点は分かってもそんなアルバムは探せないでしょー!
どーですかね?

コメントを投稿

1985年ビルボードTop40」カテゴリの最新記事