もっちゃんのボケ防止日記

 ウォーキングにサイクリング、ハイキング、バードウォッチングと4つのingでボケ防止。最近は鳥撮りにハマってます。

芝川調節池でハヤブサと出会った(95番目の出会い)

2017年02月08日 13時59分01秒 | 日記
 天気予報では北風が収まると言っていたが、朝から冷たい風が吹いていた。昨日ほどの強さはないが、せっかくの日差しが台無しだ。

 今日は、久しぶりに芝川調節池までバイクで行ってみた。途中、芝川沿いを見て歩いた。枯れたヨシ原の中に鳥影は見えたが何の鳥かは分からなかった。カメラを向ける前に、ヨシ原の中に入ってしまった。

 調節池に着くと、雪を被った富士山がきれいに見えた。風が強く、手袋をしていても手がかじかむほどだ。

 土手にはカメラを構えた人が数人いた。遠くに白鳥らしき姿が見える。ノスリが上空を旋回していた。

 土手沿いに行くと、池の中にミコアイサの姿があった。カメラを向けてみたら、ツーペアーいる。望遠で撮ってみたが、遠すぎる。

 池の端の木にノスリが止まった。カメラを向けたが、やはり遠すぎる。もう少し近くで撮影したいと思い、土手を戻ってみた。しかし、やはり遠い。何とか撮影したが、ピントが甘くなってしまった。

 風の当たらない所に行くと、ジョウビタキのメスが顔を出した。オスの姿はない。近くの木にモズがやって来た。ヒヨドリとツグミも来たが、ホオジロがいたのでカメラを向けてみた。しかし、シャッターを押す前に飛び去られてしまった。野鳥を撮るのは難しい。

 池にはカルガモの群れとヒドリガモ、ハシビロガモの姿が見える。

 先に行くと、高圧線の高い鉄塔の一番上に鳥影を発見。カメラを向けると、鷹のようだ。獲物を捕らえたようで、必死に食べている。しかし、こちらからは後姿しか見えない。なかなか顔を上げないので、全体が捉えられない。

 場所を移動してみたが、上手く撮れない。飛び立つのを待とうと思い、目を離したすきに飛び立たれてしまった。それでも、何枚かは撮影できた。帰ってから調べたら、何とハヤブサだった。初の出会いで、95番目の出会いとなる。



 白鳥までの距離が短くなったところでカメラを向けてみた。4羽いるのだが、皆寝ている。頭を上げるのを待っていたが、なかなか起きようとしない。風が強いからだろう。

 1羽が頭を上げたので、シャッターを切ってみた。オオハクチョウなのか、コハクチョウなのかはっきりしない。大きなのが2羽、少し小さめのが2羽いる。多分、オオハクチョウとコハクチョウではないかと思う。

 池の周りを巡っていくと、ジョウビタキのオスがいた。しかし、ヨシの陰に隠れてしまい、なかなか撮影させてくれない。

 池を見ると、カンムリカイツブリがいた。早くも冬羽から夏羽に生え変わろうとしているようだ。その近くにキンクロハジロの群れがいた。

 風の収まる気配がなく、急ぎ足で帰ることにした。みちくさ道路に出ると、脇のヨシ原にシジュウカラとメジロの群れがいた。直ぐ近くの木に、シロハラが止まっていた。



 今日は新しい出会いがあったので、北風の吹く中をやって来てよかったと思う。満足満足。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野鳥との出会いを求めて 北... | トップ | 昨日 そして今日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事