もっちゃんのボケ防止日記

 ウォーキングにサイクリング、ハイキング、バードウォッチングと4つのingでボケ防止。最近は鳥撮りにハマってます。

新浦安から葛西臨海公園へ

2019年01月07日 16時11分02秒 | 日記
 昨日は、午前中、市主催の新春交礼会に参加した。式の前に吹奏楽や木遣り、合唱があった。式では市長の年頭挨拶等があり、市政の一端を知ることができた。しかし、せっかく晴れて部分日食が見られたのに見る事ができなかった。残念。

 交礼会終了後、大宮の氷川神社に初詣に行った。午後になったら曇ってしまい、少し寒くなっていた。神社の参道には露店が並び、参拝客が大勢いた。今年一年の無病息災と家内安全を祈願して、破魔矢と神社札を買って帰って来た。

 今日は出かけることにしていたが、起きて外に出ると北風が冷たかった。空は晴れているので、車で海まで行ってみることにした。

 始めに新浦安に行ってみた。出会ったことのないカモが来ていると聞いたので、海沿いを歩き回ってみた。北風が強く、カモたちの姿は少ない。スズガモにヒドリガモ、キンクロハジロの群れ、中にオナガガモも混じっている。数羽のハジロカイツブリが盛んに潜水を繰り返していた。カンムリカイツブリの姿もあった。



 しかし、いくら探してもお目当てのカモが見つからない。海は波立ったままで、風が止む気配もない。車に戻ると万歩計は7,000歩を指していた。

 新しい出会いは諦めて、葛西臨海公園に行ってみた。

 ちょうど干潮時刻なので、直ぐに西の渚に行ってみた。しかし、風が強く、鳥影はなし。ウミネコとユリカモメが1羽いただけだ。

 突堤に行くと、CMさんが一人いた。双眼鏡で東渚を見たら、はるか遠くにミサゴの姿がある。カメラを向けてみたが、遠すぎてはっきりしない。

 渚は諦めて、野鳥園に行くことにした。途中の林でコーヒータイムにする。風の来ない所でのんびりしていると、ツグミが姿を見せてくれた。人に慣れたのか、かなり近くまでやって来る。



 野鳥園に入り、上の池を見るとハシビロガモがヨシ原の片隅で風除けしていた。ヨシの中で何かが動いていた。何かと思ったら、オオジュリンのようだ。しかし、カメラが間に合わず。残念。

 ウォッチングセンターに行くと工事が終わっていた。下の池を見ながら、お昼にした。池には鳥影はなし。

 食後、上の池の傍に立ってみた。向かいの松の木の天辺に鳥影を発見。双眼鏡で見るとノスリのようだ。カメラを向けると直ぐに飛び立った。ちょうどカメラを構えていたので、飛び出し場面が撮れた。



 池の反対側の木に止まったが、枝が邪魔をする。

 ノスリを諦めて、園内を歩いてみた。実のなっている木にメジロがいた。疑似岩の観察舎に入ると、アオアシシギがいた。アオアシシギは春と秋の渡り期に飛来するはずだが、ここで越冬するつもりなのだろうか。

 傍にイソシギもいた。寒くなった池でシギに出会うとは驚きだ。



 観察舎を出て歩いていたら、アオジが飛び出して来た。水路に出てみると、ハジロカイツブリがいた。昨季はウミアイサに出会えたが、今日はその姿がない。

 遠くにオカヨシガモらしき群れがいた。風が強く、波立った海面では餌を探すのも大変だろう。

 期待した出会いはなかったが、ノスリに出会えたので満足して帰ることにした。

 帰りは渋滞があり、家に着くまでかなりの時間がかかってしまった。万歩計を見ると17,379歩(24.0㎞)。予想外に歩き回っていたようだ。お陰で足が痛い。今晩は風呂でマッサージしなければ…。

 明日は弟の病院付き添いだ。また、1日がかりになりそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 待てば海路の日和あり | トップ | 鳥影は多かったがピンボケの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事