骨董屋 青雲館

昭和の金沢、まだ子供だったころのことや、今の金沢に思うことなど、折々に綴っています。

外国人観光客のトラブルについて

2024年05月31日 | 日記
コロナ以降、国の内外を問わず、あちこちの観光地ではオーバーツーリズムが問題になっている。
こちらでも北陸新幹線ができて以来、コロナが問題になるまでは観光客が多すぎて、これまでの金沢がどこかへ行ってしまったような思いがしたのでよくわかる。

日本の魅力を感じてわざわざ遠い所から来訪してくれるのはありがたいが、いくら日本が安全だといわれていても、日本にいるのは日本人だけとは限らない。
もともと「平和ボケ」しているといわれる日本人を狙って、外国から出稼ぎ犯罪に来る外国人も多いのだ。
日本の安全神話を信じるあまりに、楽しいはずの旅の途中でそんな輩の餌食にならないように、観光客も気を抜かないでほしいと思う。

それから観光に来た外国人は「日本人は優しくて親切」だという感想を持つようだが、それに悪乗りしたのか、それとももともとの国民性か、中には日本で失礼な行動をしてもかまわないと思っているような観光客の振る舞いも問題になっている。

日本には「郷に入っては郷に従え」ということわざがあるが、どこの国でも、他国からの観光客がその国の文化をないがしろにしたり、傷つけたりすればよい気持ちはしないだろう。
いくら「お客様」でも、やっていいことと悪いことはある。

どんな国にも迷惑な人やおかしな人はいるだろうが、外国からの観光客によるトラブルばかり続けば、日本人の心は離れていくだろうと思う。
海外の観光地では「日本人は妖精」と言われるほど、取り扱いに注意しないと後で大変なことになると思われているようだから、あまり直接文句は言わなくても、このようなことばかりが続けば観光客の姿を見たらシラッと姿を隠すかもしれない。
「さわらぬ神にたたりなし」とばかりに、必要最低限以外はかかわりを持たず、日本人同士でこっそり対策をたててやり過ごすこともあるだろう。
よその家を訪問して、その家のルールを無視し、やりたいようにやる人は次から呼んでもらえるだろうか。
また呼んでもらえたとしても、心からもてなしてもらえるだろうか。

どうしても旅先というのは、非日常的の楽しさからついはしゃぎすぎることもあるだろう。
でもその土地に住んでいるものにとっては、その外国人一人の行動でも、その国の人はこんなことをするのかと思ってしまうこともある。

マナーを守って行動すればきっと楽しい旅になるはず。
折角お金も時間も使って来てくれるのだから、より良い日本を楽しんでいってほしいと思う。

コメントを投稿