ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【保護されていない通信】難波先生より 

2019-02-14 11:25:01 | 難波紘二先生
【保護されていない通信】 
 毎朝、まず書斎に行き「Googleニュース」でその日の主なニュースをチェックする。その後、韓国の主要メディア(聯合ニュース、朝鮮日報=230万部、中央日報=96万部、東亜日報92万部、ハンギョレ新聞 20万部)の記事と論調をチェックする。
 日本にプロバイダがあるニュースサイトでは「Livedoor」、「Yahoo」もよく利用する。

 ところが今年の1月になって、Google経由でLivedoorのニュースサイトにアクセスすると必ず「保護されていない通信」という警報が、画面真上の表示されたURLの左端に出ることに気づいた。その前に一度、ウイルス侵入されかけて、MACの警告が入り「ウイルス駆除」をやったことがある。
 このことと関係があるかどうか不明だが、以後、別サイトにアクセスする度に「保護されていない通信」という警告が出るかどうかを確認してきた。
 その結果、国内のサイトで出るのは、
1) Livedoorのみ
韓国のサイトで出るのは、
1) 朝鮮日報、
2) 東亜日報、
3) ハンギョレ新聞
中国のサイトでは
4) サーチナ
と分かった。聯合ニュース、中央日報についてはGoogle経由でアクセスしても警告が出ない。
そこでYahoo経由で上記4サイトにアクセスを試みた。Yahooで興味あるニュース記事を見つけ、それをクリックしても警告は出ない。ただそのサイトの下欄にある「関連記事」をクリックするとやはり警告が出る。最下段の右にある新聞社名をクリックし、その新聞社(通信社)のサーバにアクセスした後なら、警告が出ないことがわかった。

具体的には「Yahooニュース — 国際欄 — 韓国・北朝鮮欄 — ニュース一覧」という手順となる。この方法だと無難に朝鮮日報、東亜日報、ハンギョレ新聞のHPにアクセスできることがわかった。ただ「Yahooニュース —中国・台湾」を経由するとおびただしい記事が出るので「サーチナ」が見つからない。このサイトは雑記事が主なので、使用を諦めることにした。「レコード・チャイナ」はGoogleからのアクセスでも問題はない。
結局Livedoorが最大の問題だと判明した。以後はこのサーバへのアクセスを止めようと思う。

差し当たりインターネットの使用に問題はないのだが、不勉強な私にはこの現象の意味がわからない。なぜこうした異常が起こるのだろうか?ネットの機構に詳しい方があったら、ぜひ御説明と今後の対策についてのご意見をお願いしたい。またこうした現象を経験した方があったら、ぜひその経験をお知らせ願いたいと思う。

これとは無関係だと思うが、昨土曜日にパソコンを使用中「メモリ不足でファイルの保存ができません」という警告が出た、昨日は夜遅くまでワードで書評を書き、エクセルに書籍データの入力をしたので、開き放しのファイルが多かったのでそのせいかと思ったが、それが閉じられない(「保存しない」なら閉じられる。)。貴重な書籍DBが破損されたら困る。
そこでいろいろ思案したら、「デスクトップにそのまま表示されているファイルの数が多すぎる」という意味ではないかと思いついた。そこで「2018フォルダー」を新設して去年の写真やファイルをそこに移した。その時点で「再起動」をかけたら、立ち上がりはずいぶん時間がかかったが、起動後は正常に作動し始めた。
要するにデスクトップのファイルやフォルダーが溜まりすぎて、PCの作動が遅くなり8GBのメモリをオーバーしたのだと思う。
仕事場に大掃除が必要なように、PCにも大掃除が必要だと判った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【村上春樹とノーベル文学賞... | トップ | 【夜郎自大】難波先生より »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

難波紘二先生」カテゴリの最新記事