ある宇和島市議会議員のトレーニング

阪神大震災支援で動きの悪い体に気づいてトレーニングを始めいつのまにか、トライアスリートになってしまった私。

【清算と御破産】難波先生より

2019-02-28 07:56:45 | 難波紘二先生
【清算と御破産】
日韓関係はますます悪化の一途をたどっている。なじみの本屋に行ってみると百田尚樹「日本国紀」を初め日本史の本が売れているし、ムックの「戦国時代物」や「刀剣類」の本が良く売れている。日本史ブームであり、戦後日本の転換点にいま差しかかっているのは疑いない。

韓国の国会議長が米ブルンバーグ-TVのインタビューで、「日王(天皇のこと)は退位する前に渡韓して、元慰安婦に直接謝罪すべきだ」と発言したことを「朝鮮日報」(韓国最大の新聞)は<慰安婦:天皇謝罪に言及の韓国国会議長に河野外相「発言気を付けて」>と間接報道している。韓国メディアが国会議長の発言に忖度しているのである。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00080166-chosun-kr

日本国天皇の国事行為に関しては「日本国憲法」第一章第七条により規定された国事行為以外の行動を禁じられている。但し第四条第二項によりその行為を委任することができる。
内閣総理大臣はその行為を天皇に委任されている。
 
 1993年1月、「日朝国交正常化」交渉のため、北京に赴いた宮沢喜一首相は直前に「朝日」が報じた「慰安婦連行に軍関与」という虚報のため、何度も謝罪している。
この旧日本軍資料は
吉見義明 「従軍慰安婦」(岩波新書, 1995/4)
の章扉(p.13)に「軍慰安所従業婦等募集に関する件」という陸軍支那派遣軍への命令書の写真が載っているので、アマゾンで中古本でも手に入れて、ぜひ読んでほしい。

 内容は「慰安所設置のため内地において、この慰安婦等を募集するにあたり、いたずらに軍部了解等の名義を利用し、ために軍の威信を傷つけ、かつ一般市民の誤解を招くおそれあるもの(中略)将来これらの募集等に当たりては、派遣軍において統制し、これに任ずる人物の選定を周到適切にし、その実施に当たりては、関係地方の憲兵および警察当局との連携を密にし、もって軍の威信保持上ならびに社会問題上、遺漏なきよう配慮相成りたく、命令により通牒する。」(昭和13(1938)3月4日の日付のある陸軍省兵務課のこの書類には、陸軍省次官の決済印と陸軍大臣の「委任印」が認められる。

 この文書を誤読した中央大学商学部の吉見義明教授と彼からの資料に基づいて、宮沢首相訪韓の直前に、「慰安婦問題に軍関与の証拠発見」と一面で報じた「朝日」のために、宮沢訪韓は無茶苦茶になった。村山談話、河野談話もみなそれに振り回されたものだ。

 「朝鮮日報」の記事に寄せられた読者コメントを読むと、「戦犯の息子である日王(今上天皇)は退位前に訪韓し、元慰安婦に直接謝罪すべきだ」と発言した韓国国会議長を支持する意見はほとんどまったくない。ほとんどが自国の国会議長をバカにしているのが、せめてもの救いだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00080016-chosun-kr

 韓国人はしょっちゅう「過去の清算」を日本に要求し、昭和天皇を「戦犯」呼ばわりする。しかし日本はそもそも朝鮮(韓国)と戦争していないのだから、韓国にとって戦犯ではありえない。サンフランシスコ講和条約では戦勝国でも敗戦国でもない「第三国」として、朝鮮・台湾・中国(中華人民共和国)は分類されている。よって日本滞在中の中国人と朝鮮人が「第三国人」として当時呼ばれたのである。

 ところで、私の「日本語・朝鮮語辞典」には「計算(ゲサン)」はあるが、「清算」という言葉が載っていない。「清書(ジョンソ)」はあるから、清算は「ジョン・サン」と発語するのではないか。
(ネットで「日本語→朝鮮語」翻訳辞典を検索すると清算=チョンサン(chong-san)とあった。私のWORDではハングルの文字表記ができないが、朝鮮語辞典の「日常会話編」で「勘定をお願いします」の項を調べると、英語のCheck, please=ゲサンヘ ジュセヨ とあった。まさに上記の計算(ゲサン)が用いられている。)
https://www.google.com/search?q=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E7%BF%BB%E8%A8%B3&oq=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%AA%9E&aqs=chrome.1.69i57j0l5.20308j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8

 そこで「新明解国語辞典」(三省堂)を引くと、「清算」には以下の2義が載っている。
①<今までの貸し借りをすっかり整理して、後始末をつけること。>
②<今まで続いてきた、不本意な関係に結末をつける。(例:疑惑を清算する。)>
 「広辞苑」の「清算」には、
<金額などを細かに計算すること。また、計算して過不足などを処理すること。用例「乗り越し運賃をーする」> とある。これは上記①の意義だ。

 そこでお願いだが、どなたか現代韓国語に詳しい方があったら、韓国人の言う「清算」の正しい意味を教えてもらえないだろうか…。
 私の語感では、韓国の言う「清算」は日本語の「御破産 (ごわさん or ごはさん)」に近い。算盤で計算する時に算珠をチャラにする時に言う「御破産で願いましては、」というアレだ。
「広辞苑」の「御破産」には「新明解」の「清算」用例②に相当するものとして、
②<今までやって来たことを、最初の何もなかった状態にもどすこと。「合併計画をーにする」
という説明と用例がある。

 「覆水盆に返らず」という格言がある。この世は熱力学の三大法則に従って動いている。中でも時間がからむ歴史は、熱力学第二法則つまり「エントロピー増大の法則」が貫徹している。従って「歴史の清算」が「朝鮮併合の歴史の初期化」を意味するのであれば、「それは不可能だ」というしかない。エントロピー増大法則も分からない、こんな国からノーベル科学3賞の受賞者がひとりも出ないのは、何の不思議もない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【修復腎移植の未来】難波先... | トップ | 【歴史の評価基準】難波先生より »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

難波紘二先生」カテゴリの最新記事