もとこんぐ MOTOKONG

■四国愛媛■小さな語学学校発信のブログです☆
【もとこんトコ・ランゲージセンター】は松山市駅南口から徒歩1分!

同窓会楽しかった。

2007-12-31 19:26:55 | ブログ

昨夜の同窓会。なかなか楽しかった。

卒業以来で数えると本当は25年ぶりなのだそうだ。

確か大学時代に一度集まったけれど、そういえば全員ではなかったなぁ。

人の心なんて、16歳のままだ。なんて、どこかで読んだことがあるが、

やっぱりそうなのかも知れない。

なんとなく座る席も、場を盛り上げる役どころや、裏方のまとめ役も

だれが何と言わずとも、自然と決まっているのだ。不思議なものだ。

来年からは、毎夏、毎冬声かけしましょうということになった。

ちゃんとそういうことになるはず。

皆さん、よいお年をお迎えください。

コメント

22年ぶりの同窓会ってどうよ。

2007-12-29 22:00:29 | ブログ

イギリス旅行のお土産話はまだまだあるのに、

あっという間に今年も最後となってしまった。

明日はなんと22年ぶりの同窓会(高校の時のホームルームのね)。

よく考えてみると、飛行機で15時間ほど旅をしてやっと会える友達のほうが

回数会っているということだ。

同じ市に住んでいても、携帯もメールアドレスも知らない学生時代の友達の

ほうが多いなんて、なんか不思議で、ちょっと悲しい。

まあ、それも明日で変わるかも。

同窓会の連絡を受けて以来、アドレス帳のデータは少しずつ増えている。

カナダ人パート講師のAに「22年ぶりに同窓会があるのよ~。」

と先週話したら、「そんなもん、行かないほうがいいぜ。」

「保険の勧誘にあったりとか、昔ちょっと好きだったチアリーダーの子が

俺よりデカくなってなってたりとかさ。いろいろだぜ。」

(話をしたのは、ちょうどクリスマス前で、Aは中途半端な白髪のひげをこれまた中途半端な

長さに伸ばしている。サンタクロースをどこかでやるらしい。体はばっちりサンタクロース)

(まあ、なんの話題を振っても、Aは毒舌なので気にはしないが。)

「もし、そうだとしても、同窓会ってどんなものか『この目』で確かめたいのよ。わたし。」

「人生の教訓を学べそうでしょ!」

「まあ、楽しんでおいでよ。ちゃんといい子でいるんだよ~(笑)」

「いい子でいるから、プレゼントよろしく~(笑)。じゃね~」

えせサンタ×おばさん の年の瀬トーク。

■まあ、デジカメは先ほど充電完了っと。

こわいながらも同窓会っと。

コメント

イングランド 電車の旅 その2

2007-12-13 21:08:39 | ブログ

ファーストクラスとはいえ、車両の端の10席ほどのことで、シートの色が違うだけである。

「ファーストクラスとといっても、シートの色が違うだけで、何も変わらないね。」

たたんだコートをラックに載せながら、ビジネスマンがこちらを向いてニッコリ笑った。

(ファーストクラスに乗るのは、パリッとしたスーツ姿のビジネスマンばかりだ。)

果たして電車の中でどう有効に時間を使っているのだろう?

タイムマネジメントの苦手な私にとっては、観察する絶好の機会である。

ファーストクラスに乗っているビジネスマンの行動は、恐ろしく似ている。

まずさらりとコートを脱ぎ、(下はスーツだから薄手のコートなのである。)

ラックに載せる。テーブルの上に新聞を広げ、必要なところだけをどんどんと

読んでいく。パームか携帯で、スケジュールチェックなどを行う。

降りるときには、新聞は置いていく。

乗車時間は20分~40分くらい。

今回の旅の間、ファースクラスで見かけた女性は一名。

行動はまったく同じだった。アパレル系なのか

流行りの服におしゃれなバゲット型バッグ、髪にはピンクオレンジ

のラインが効いていて、年齢不詳。

チェックする記事が違うだけで、同じ行動パターンである。

コートを脱ぐ。新聞を開く。欲しいところだけをつまみ読み。

携帯やパソコンでネットをチェック。あるいは誰かにメール。

コートをはおる。新聞は置いていく。

果たして、逆に

一人旅のアジア女性は彼らの目にどう映ったのか。

ヒビがはいったスーツケースの角に、ガムテープを貼り、

フリースを重ね着してダウンコートを羽織っただるまのような女。

怖がらせたかも。はは。

コメント

イングランド 電車の旅 その1

2007-12-07 22:19:50 | ブログ

イギリス旅行のお土産話

教室ではさんざん話しておきながら

ブログにアップするのが、遅くなってごめんなさい。

いろいろありますが、今回の旅では Britrail のLondon Plus Pass

を使ってみた経験をお話しします。

■■

前回イングランドを訪れたのはなんと2000年。

7年近く経っていたことに自分でびっくり。

2000年に電車に乗った頃は、車体は見たことがないほど老朽化。

ドアは手動で開けなければならない。雨で線路が水に浸かれば

不通となり、5,6時間遅れることさえ珍しくなかった。

車内アナウンスは皆無、駅に駅員がいないことも多く

券売機も見当たらなかった。

いつ着くか、どの駅なのかも分からずにスーツケースを引きずって旅するのは

かなりストレスで、自分が降りる駅より先まで行く乗客に

「私の降りる駅がきたら教えてくださいね。」とお願いして、

居眠りさえ出来ないほど緊張していた。

多少は良くなっていても、まだまだかなり不便だろうと思いながらも、

以前にも行ったところだから、なんとかなるだろう!と覚悟の上で

今年は、外国人旅行者用の期間限定乗り放題パスを使ってみることにした。

(乗り間違えても、また乗り換えればいいじゃあないかぁ!)

海外から日本にやってくる外国人のほとんどが、JRの乗り放題パスを利用しているので

私もその逆をやってみようと思ったわけである。

たしかに、外国人旅行者が間違えて列車にのっても、乗り放題パスなら

安心だし、国内中どこへだっていける。

今回は1週間弱の短い旅。訪れるのもロンドン周辺と

南東部のみなので、そのエリア内が乗り放題のロンドンプラスパスを購入。

8日間のうちの4日分が乗り放題(ファースト・クラス)で22,000円だった。

ファーストクラスにしたのは、セカンドクラスとそう値段に差がなかったからだ。

使い始める日には、まずチケットカウンターへ行って、パスポートを見せ

validation stamp (バリデーションスタンプ 有効期間開始スタンプ)をもらう。

あとは、乗りたい電車に乗るだけである。

Victoria 駅から、友人の待つFaversham 駅まで1時間ほどの旅。

7年のうちに、コンコースの掲示板は全て電光掲示板にかわり、

"ON TIME"が目立つ。

イギリスでも時間通りに電車が走るのね~(感動っ!)

プラットホームに行って、またびっくり!自動ドアだ~っ(よかった~っ)

車両内の両端には電光掲示板

"This train calls at ......"

停車する駅名が表示される。(これなら全然大丈夫~)

電車はちゃんと定時に出発したのであった。

コメント

く、苦しい。。うしろまえ まえうしろ

2007-12-06 22:01:25 | ブログ

ずいぶん、松山も寒くなってきました。

今シーズンのユニクロのリバーシブルフリースジャケットは

あったか~くて、油断すると眠くなります。

ぐんと寒くなったので、今日はタートルネックセーターを着てみました。

寝ぼけまなこで着たので、(それでもしっかり確認したつもりだった。)

まちがったのでしょうね。なんだか首元がかゆいなぁ~と

おもったら、タッグでした。しかも気づいたのは午後7時くらい。

明日はまちがえまい。

それはそうと、「うしろまえ」「まえうしろ」??

どっちが正しいのでしょうか。

いまから広辞苑で調べます~

あ~ねむたい。フリースのせいかな。

燃料が値上がりしてるから、暖かい服を着て工夫するのもいいかもね。

コメント (1)

イギリスから帰ってきました

2007-12-02 22:30:34 | ブログ

帰ってきたのは27日(5日前)なんだけど、

帰ったその日から日本時間モードで仕事を再開したら

2日後ぐらいに時差ボケがどっと押し寄せてきてしまいました。

昨日の夜やっと、普通に睡魔到来。

携帯に、「あなたはねむくな~る、ねむくな~る」と

メールを送ってくださったお友だちに感謝(効いた!?)

■パーティー写真■

11月18日のパーティー写真がぞくぞくと教室に来ています。

写真を撮ってくださった参加者の方から、データを頂いているので

遠くからいらっしゃった方には、近々お送りしますね。お楽しみに。

チアリーダー、社交ダンサーと一緒の集合写真はなかなかいい感じに撮れています。

■イギリス旅行のお土産話■

まあ、あれこれと話はつきませんが、

ボチボチとアップしようと思います。

外国人旅行者用の乗り放題パスを使った電車の旅は

なかなか楽しめました。

イギリスの友人との楽しい時間など

パーソナルなこぼれ話は教室限定で~す。

海外のお友だちには、そろそろクリスマスカードの時期ですね。

Eカードも良いけれど、やはり郵便で届く手書きのカードは

心に響きますね。

友人の顔を思い浮かべながら、自分の近況をカードに書き込もうと思います。

コメント