気ままな思いを

何気ない日々のこと 感想 思いなどを
綴る雑日記です 

旬の味覚・栗

2017-10-06 | 飲食物


茨城は栗の生産日本一です。
栗は同じ品種同士では受粉できない自家不結実性なので、他品種の花粉が必要になる。
そこで栗生産者は「接ぎ木」という作業を行う。栗の実から成長した台木(父方)に
異なった品種の枝(母方)を接ぎ足すことで、同じ性質(味や形は母方)を持った木を
増やして成長させていく方法。
接いだ部分に水脈がつながり、根からの水分を吸い上げるようになるのだ。

食べているのは実ではなく栗の種の部分なので、高い栄養価を持つ。
造血作用を促進する破産(ビタミンB群の一種)や、腸内環境を改善する
食物繊維のほか、カリウムやカルシウム、マグネシウムなど健康維持に
不可欠な栄養素も多く含まれている。

ゆでる、焼く、蒸すなど、調理方法はさまざま、「栗は茹で足りないよりは、茹ですぎ
ぐらいがおいしい。平均50分ぐらい、水が足りなくなったら途中で水を足せば大丈夫」。
茹であがったら水でさらして表面温度を下げてあげると、皮が硬くなりにくく、
むきやすくなる。しっかりゆでると甘みが増し、ホクホクした食感も楽しめる。


*** ふるさと通信を参考に  ***

栗の接ぎ木に(父方)(母方)などの言葉があることも知りませんでした。
接ぎ木などして、美味しい栗を作っている努力に、感謝ですね。
茹ですぎるくらいが美味しいということも、参考になりました。




栗の画像でがありませんが、このような色のパプリカもあるのですね・・・

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 今日も夕陽にて・・・ | トップ | 茶葉の効用 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
旬の味覚栗 (kazahana)
2017-10-07 20:30:45
motoko様

栗の生産日本一
羨ましいです。

栗の木は、こちらにもありますが、旬を味うことはないです。
売っている天津甘栗か、スーパーの栗ご飯用の剥いたものくらい。
代わりに栗のようなカボチャを食べています。(笑)
実りの秋 (iina)
2017-10-08 09:05:52
実りの秋です。
茨城は、山海の幸に恵まれた立地に食卓が山もりになって にぎわいますね。
    たっぷり食べすぎて、肥らぬようご用心ください。


> 浜離宮・・・隅から隅までは歩いていませんので、改めて懐かしく拝見しました。お茶屋さんでお茶を飲んだことなど・・・
明日は、お隣の芝離宮をブログします。
iinaは、いずれもはじめて歩きました。 まさに、都会のオアシスを堪能しました。

旬の味覚栗 (motoko)
2017-10-08 17:10:10
kazahanaさん  今晩は

茨城に来て、栗の白い花を初めて見ました。
細長い白い房のようですが、栗の木が沢山ですので
白い花が見事でした。
梨、ブドー、柿と(メロンは別ですが)果物が
豊富で、甘いものに注意する身には、控えて食べています。
北海道は寒いので、栗の木は合わないのかも
しれませんね。かぼちゃも結構いいお値段で、
半分のものを買ったりして食べています。
美味しいですものね。
有難うございました。
実りの秋 (motoko)
2017-10-08 17:17:21
i i n a さん 今晩は

ご心配いただきまして、有難うございます。
少しスカートのウエストがきつくなってきて、
体重は計って、気をつけているところです。

浜離宮も訪れる人が少なくなったのではないでしょうか。通り越して、お台場に行ってしまう人が多いようです。(船の場合ですが・・・)
お隣の芝離宮を楽しみにしています。
有難うございました。

コメントを投稿

飲食物」カテゴリの最新記事