そぶえ元希 通信 

 日本共産党 足立地区副委員長・准中央委員 ★ 日々の活動や思いをつづります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まさに「歴史的総会」だった3中総!「共闘の時代」にふさわしい党をつくり、2019年参院選・統一地方選勝利へ新しい前進へ決意新たに!

2017年12月07日 | 活動報告

12月2~3日に開催された「第3回中央委員会総会」(3中総)に参加しました。

今回の3中総では、志位和夫委員長が①総選挙の教訓と課題、②政治情勢と当面する課題、③2019年の参院選・統一地方選挙で新たな躍進をめざす党活動の党建設の方針について報告しました。

全国各地で広がった本格的な「市民と野党の共闘」の経験や党大会決定にもとづく「綱領を語り合う集い」や「楽しく元気がでる支部会議」などの党活動の経験が54人から語られ、深められました。

総選挙での議席・得票で後退はしましたが、全国どこでも他党派や市民連合、労働組合との共同が発展し、大きな財産を手にしたこと、そして次なるたたかいである2019年の参院選・統一地方選での勝利へ向けて、日本共産党の綱領・歴史・理念を丸ごと理解してもらう活動と本腰を入れた党づくりに取り組む決意がみなぎり、私も大きく勇気と元気をもらいました。

志位和夫委員長は「大きく豊かな成果が得られた『歴史的総会』」と評価しましたが、まさに「歴史的」な総会だったと思いました。

討論には私も参加し、(1)足立で生まれている後援会活動の抜本的強化の取り組み、(2)若い世代を党に迎える世代的継承の取り組みの経験について発言しました。全国の経験に学び、さらに大きく発展させていきたいと思います。

私はいま、約2時間半の報告と結語、そして2日間にわたった討論から「3中総決定の中心点について」とまとめ、各地での報告を開始しています。

膨大な会議の中身を約1時間にまとめることは毎回大変ですが、支部や党員の皆さんが、今後の支部での討議の参考にし、決定そのものを「読みたいな」と思ってもらえるように総会に参加した率直な思いや学んだ点などを、全国の教訓を紹介しながら話しています。5日夜には「3中総報告会」を開催し、多くの方が参加して話を聞いていただきました。

総選挙の後退から教訓をくみつくし次なる前進へ、この12月から前進をつくるために、各地で3中総の中身を語り、

実践の先頭に立って頑張りたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 選挙が終わればやりたい放題... | トップ | 新成人の門出を祝う「2018年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

活動報告」カテゴリの最新記事