そぶえ元希 通信 

 日本共産党 足立地区副委員長・准中央委員 ★ 日々の活動や思いをつづります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

千住9条の会「奴らを通すな!ノーパサラン」に参加してきました!

2018年05月23日 | 活動報告

22日夜、東京芸術センターの「天空劇場」で開催された千住9条の会が主催する「奴らを通すな!ノーパサラン」に参加してきました。全体で280人が参加され、大盛況でした。

この集会、協賛団体には区内の各種団体が名前を連ねました。

政党では私たち日本共産党足立地区委員会とともに、立憲民主党東京第13総支部が名前を連ね、

立憲民主党からは立憲民主党の第13支部の総支部長の北條智彦さん、足立区議会で「立憲・民主の会」幹事長のおぐら修平区議が参加していました。日本共産党からは私、そぶえ元希と、党区議団からぬかが和子区議、はたの昭彦区議、浅子けい子区議、西の原えみ子区議が参加し、連帯のメッセージを送りました。

 

安倍9条改憲を許さない「3000万署名」を広げて安倍内閣総辞職を求めていくとともに、

市民と野党の共闘で新しい政治を切り開く取り組みが、足立区からも大きく広がっていることが実感できる集会となったと思います。

メインゲストの小森陽一さん(九条の会事務局長・東京大学大学院教授)が講演します。

小森さんは、自民党がどのように改憲を策動してきたのか歴史を振り返りながらわかりやすく報告します。

私は長年、青年学生運動にかかわり、その時代から、小森さんのお話は幾度と聞いてきましたが、いつ聞いても「さすが」の一言の、抜群の中身です。

「自衛隊の3文字は安保法制(戦争法)の11の法律を背負っており、アメリカと一緒になって全世界で軍事行動ができるもの。その自衛隊を憲法に書き込むと9条1項・2項は無効化されてしまうことなんです」と、自民党改憲案の問題点と危険性を鋭く指摘します。そして、どうやって九条改憲をさせない世論と運動を広げるかについて熱く訴えます。

「なぜ『3000万署名』なのか」についても、安保法制(戦争法)反対のたたかい、2016年参院選での野党共闘、昨年の総選挙など、一連の動きを改めて思い返しながら、「改憲発議しようとする勢力が2度と国会に戻ってくることができない数が3千万。本当に政治を変えることができる数なんです」と指摘しました。

党足立地区委員会では、各支部が党として集めた署名数は2万人分を突破しましたが、改めて全国3000万の峰を目指して、気持ち新たに取り組む決意がわいてきました。

続いて行われたゲストスピーカーの方々の発言も、青年や沖縄、労働や教育など現場の声に根差して憲法を守る取り組みの大事さがひしひしと伝わってくるもので、とても勇気と元気を分けてもらい、今後の取り組みに生かすべき点を多く学ばされました。

馬場ゆきのさん(未来のための公共)

 

元山仁士郎さん(元SEALDs琉球)

 

白神優理子さん(弁護士)

 

楠秀樹さん(千住9条の会世話人・大学講師)

 

隠ぺい・改ざん・ねつ造・セクハラ疑惑・外交破たん。

内政でも外交でも追い詰められている安倍政権ですが、だからこそ9条改憲にしがみつき、働き方改悪など悪法強行に執念を燃やしています。政治を担う資格は全くない安倍政権を総辞職に追い込み、市民と野党の共闘をさらに大きく発展させ、野党連合政府を実現するために全力をあげていきたいと思います。

そのためにも、党の自力をつけるため、残す5月も奮闘したいと思います!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「都営住宅の空き家調査」が... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

活動報告」カテゴリの最新記事