三代目虎真之助blog 『森から出たまこと』

「森はいのちの源」 奥三河の森から学んだこと、感じたこと、得たものを書き記しています。

現場進捗状況

2016-04-27 11:35:13 | 土木

先月、新たに工事を受注しました。

 

工事名:道路改良工事

工事場所:新城市八束穂地内

発注者:愛知県新城設楽建設事務所

 

昨年度の現場と同様、国道151号線の道路を拡幅し歩道を設置する工事です。

 

下の写真が昨年度の現場完了状況。

将来的な4車線化に向け道路を拡幅しましたが、

当面は、写真右側の2車線を車道として利用し、

写真中央にある仮置ガードレールに挟まれたスペースを歩道として利用します。

 

今回の工事では、そこから福田園さんの看板のある交差点までの区間の道路拡幅と歩道設置を行います。

それに伴い、4/25に車線の切り替えを行いました。

以前と線形が変わっていますので、ご通行の際はお気を付けください。

 

当現場には、今年4月に入社した新入社員(豊橋工業高校卒・18歳)も常駐しています。

下記の写真は、仮置ガードレール移設のために、ボルトの付け替えを行っているところ。

右側に写っているのは、当社勤続40年超の大ベテラン社員。

自分の孫(19歳)よりも若い社員とともに汗を流しています。

ちなみに、このベテラン社員、新城市の地域おこし協力隊のDa MONDE山田君の叔父さんです。

 

牛倉の歩道設置工事現場にも、新入社員(豊橋工業高校卒・18歳)が常駐しています。

こちらの現場では、担当職員の方針の下、協力会社の社員とのコミュニケーションを重視し、

現場監督の仕事だけでなく、手が空いた時には現場作業を率先して手伝うように指導しています。

 

道の駅つくで手作り村の現場にも、新入社員(新城高校卒・18歳)がいます。

こちらの現場は、ほぼ完了しているので、

完了書類作成のための補助作業をしています。

 

今後この3名が切磋琢磨しながら、一日も早く、いっぱしの現場監督に育ってくれることを期待するとともに、

いまいるベテラン監督たちが、初心を想い出しながら、人に教えるという行為を通じて

自らのさらなるステップアップをはかってくれることを期待しています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンテナ苗

2016-04-22 17:03:33 | 森づくり

以前、このブログでもご紹介したコンテナ苗。

http://blog.goo.ne.jp/motokazu0604/e/7eb3df217c0180be90e5f686a334982c

 

その生産現場を見学してきた。

 

愛知県内で唯一、コンテナ苗を生産している前田樹苗園さん(愛知県丹羽郡大口町)

http://maeda-jubyouen.com/

目の前を車が行き交う住宅街の中で、およそ10万本の苗を育成中。

 

創業70年。

3年前から、3代目を務めているのは、前田臣代さん。

植え付けや出荷の繁忙期は、近所の方にも手伝ってもらうそうだが、

日常の管理は、1人でされているとのこと。

 

今は愛知県産の種を購入し、最初の1年間は浜北にある業者に育ててもらっているとのことだが、

自社で種から発芽させる技術も研究中。

奥が、スギの幼樹。

手前が、ヒノキの幼樹。

最近では、獣害の影響で、山の中ではなかなか目にすることがない。

 

こちらは挿し木による、少花粉スギ。

前田樹苗園さんでは、苗木10万本のほとんどがヒノキ。

少花粉スギも需要がありそうなのにと思ったら、そもそもの挿し木による苗の生産量が少ないらしい。

前田樹苗園さんのところで、愛知県の生産本数のほとんどを購入しているようだが、

まだ5000本ほどしかないとのこと。

 

先の研修時にも言われていたが、コンテナ苗生産は、まだ始まったばかり。

まだまだ改良、開発の余地が多々ありそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんぐり鉄道 in 桜淵公園

2016-04-04 16:29:04 | 奥三河の紹介

今年もやりました!

蒲郡のまちづくりサポートセンター業務を担う「NPO法人三河社中」と、

蒲郡を中心としたミニチュアSL愛好家「どんぐり鉄道」によるコラボイベント。

 

自分たちの趣味であるミニチュアSLを使って、まちづくりに寄与したい「どんぐり鉄道」さん。

さくらまつりを家族連れにも楽しんでもらうため、子供向けアトラクションを増やしたい「新城観光協会」さん。

団体やイベントをつなぐことで、地域の課題解決を図ることがミッションである「三河社中」。

3者が、WinWinの関係でつながる、このイベント。

 

さらに昨年からは、「ぜひ地元の団体に売上を寄付したい」と、どんぐり鉄道さんから申し出があり、

昨年、「子育て情報誌さくら」さんに寄付させていただいたところ、

今年は、子育て情報誌さくらさんからマスコットキャラクターのさくらちゃんにご登場いただくことに。

しかも、どんぐり鉄道さんの旗をもって桜淵公園中を歩いてPRしていただいたため、

1日中、お客さんがとぎれることないほどの、大盛況に!!

 

WinWinの関係が、さらに広がりました。

 

さくらちゃんが乗ってるのは本物のSL。

ちゃんと石炭で走ってます!

 

穂積市長も、開催3年目にして初乗車!

3

 

さすが、蒲郡。

名鉄蒲郡線の存続を応援するパノラマカー!

 

こどもたちに一番人気は、やっぱりドクターイエロー

 

ご乗車いただいたみなさま、ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現場進捗状況

2016-04-02 17:50:45 | 土木

新城作手地区で工事中の現場が、地元紙で紹介されました。

 

4月2日(土) 東愛知新聞

 

工事を請け負う側としては、常に天候不順や不測の事態等も想定しているため、

「完成時期」がマスコミ等で明らかにされるのは、実はプレッシャーがかかるものなのです。

 

ですが、当現場は、2班体制にしながら急ピッチで現場を進めることができたため、

工期である5月10日はもちろんのこと、新聞紙上にもある通り、GWには間に合う見込みとなりました。

 

4/2現在で、すでにほぼ完成しています。

 

ちなみに改修前はこんな感じでした。

 

つくで手作り村の皆さんも完成を心待ちにされており、ブログでご紹介いただいています。

http://www.tsukude.com/2016/03/post-135.html

 

これからGW~夏にかけて、作手地区はちょうど良い観光シーズンとなります。

ぜひ、みなさん、作手に、そして、道の駅つくで手作り村に、足をお運びください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加