三代目虎真之助blog 『森から出たまこと』

「森はいのちの源」 奥三河の森から学んだこと、感じたこと、得たものを書き記しています。

ドイツ林業研修 その4の1

2013-09-30 10:03:09 | 森づくり

9月17日(火) 今日も雨。さらに昨日より寒い。

 

訪れたのは、いまやドイツNo.1の売上と従業員数を誇ると言われる林業機械メーカーのPFANZELT社。

売上高約30億円。従業員数約100名。

創業は1991年。

もともとは農家林家だった現社長が、1人でガレージで始めた会社。

当初はウィンチ専門メーカーのS&R社の下請仕事を受注。

1995年にトレーラーを開発すると、その後次々にベースマシンやウィンチ付トラクターを開発。

細かな部品まで自社生産にこだわり、そのため修理や部品交換に迅速に対応できることで、販路が拡大。

今では、経営難に陥った元親会社のS&R社を買収するまでに成長した。

 

社屋もドイツらしい外観。

玄関にあるベンチ(?)。

簡素だがおしゃれ。

 

真ん中にいるのが社長。

右側にいるのが、営業担当のScheuさん。

現在の販売先は欧州が中心だが、今後、日本市場での展開に向け具体的に動き出しているとのこと。

会社の概要説明の後、工場内を見学。

残念ながら撮影禁止だったため、詳細が伝えられないが、工場内は実に整理整頓されておりスペースも十分。

工場は、業績に合わせて増築を重ねていったため、まっすぐに細長い形状になっているのだが、

その建設に関しては、資材も施工も半径20km圏内の業者にすべて発注したとのこと。

地元雇用にも積極的で、研修生も13人ほど受け入れている。

 

その後、実際にPFANZELT社の製品を見学。

今回の研修の講師である森林官のランゲ氏の長男、パウル君がデモンストレーションを担当。

パウル君は、職業訓練大会で全ドイツ中4位の成績を収めているそうだ。

 

ウィンチ付トラクター(写真左側の機械)

主に農家隣家が農業・林業兼用機として使用。

公道上でもよく見かけたが、時速80kmは出るらしい。

 

ウィンチ部分は、アタッチメントでトレーラーにも付け替えられる。

付替え時間約3分程度と簡単。

その他の機械もすべてホイール式。

ドイツではしっかりとした林道が整備されているため、それを壊しかねないクローラー式よりも、

移動がスピーディーなホイール式が主流。

 

こちらの機械はベースマシンのFelix。

後輪がクローラーだが、真ん中がゴムになっているため道路も走行できる。

 

これらの機械は現場の声を丁寧に拾い上げ、改良につぐ改良を重ねてできている。

以前に紹介した防護服のVEG社もそうであったが、現場の声を大切にしている企業がいまドイツで伸びている。

経営面でも実に勉強になった。

 

午後からは、オーストリアに移動して、パッシブハウスの見学。

長くなるのでまた明日。

つづく 

コメント

ドイツ林業研修 その3

2013-09-27 11:41:30 | 森づくり

9月16日(月) 今日も雨。おまけに寒い。

 

午前中は、林業装備の開発販売会社EVG社を訪問。

安全装備(防護パンツ・安全靴・ヘルメット)の説明を受ける。

 

EVG社は創業50年で、もともとは農業共同組合のような団体。

数年前から林業の安全装備に関する部門を立上げ、いま飛躍的に伸びている会社。

この説明をしてくれている方が、部門を立ち上げた責任者のルーガー氏。

安全装備には常にイノベーションが必要であり、「軽さ」と「通気性」を向上させることが重要と。

その理由は、「快適性が事故を防ぐ」との信念から。

統計的に、森林作業の事故は夕方が多く、その原因は疲労から。

そこで、ベルギーの生地専門メーカーと契約を結び、ストレッチ性と通気性に秀でた生地を開発し、

それを防護パンツに使用。

単に手に持ったときの軽さではなく、実際に装着したときにいかに軽さを感じられるか、

といったことまで考慮し、重さを分散させる形状が計算されている。

 

試着の際には必ず安全装備に関する講習を修了した者がアドバイスにあたり、

フィット感(ウエストには若干のゆとりをもたせ、太ももはしっかりフィット)や、ひざと裾の位置の確認、

サスペンダーもしくは伸縮性のあるベルト使用などをアドバイスする。

言うことを聞かない客には売らない、とも。

これも林業での事故を防ぐため。

徹底している。

試着しているのは、今回いっしょに研修に参加した恵南森林組合のHさん。

彼は、昨年も当研修に参加しており、すでにEVG社の防護パンツを現場で使用しているそうだ。

「めちゃくちゃ快適ですよ!」とのこと。

今回も新作を新たに購入していた。

さらに彼はEVG社の定めた講習も修了しており、EVG社の安全装備の国内第1号のアドバイザーとなった。

その認定書の授与式があったが、それを地元のTVが取材に来ていた。

 

午後からは、バイエルン州有林のソントホーフェン事業所の伐採現場の見学。

右の2人が州の森林官(※2人共そうだったかどうか忘れましたが、公務員であることは確か)。

左の2人は州から直接雇われている森林作業員。

 

ちなみに彼らが着用している防護服は、先ほどのEVG社の特注品。

EVG社がバイエルン州の森林関係者の制服納入を、今年初めて受注したそうです。

 

大径木の伐倒を見学。

樹齢は忘れましたが、この受け口をご覧いただければ大径木であることは、一目瞭然。

 

次に追い口を入れる。

そして、ここからが驚き!

おもむろにジャッキを取り出すと、ボックス状にくり貫いた追い口へはめ込む。

 

こんな感じ。

で、このレバーでジャッキアップしていき、見事、伐倒。

してやたったりの森林官。

日本でジャッキを使った伐倒は見たことがないが、こちらでは大径木の際には普通に使うらしい。

そういえば、EVG社にも、普通にジャッキが販売されていた。

 

その後は架線集材の現場を見学。

 

ハーヴェスタ。

「DOOSAN」というのは日本では聞きなれないメーカーだが、

いま、ヨーロッパにかなり進出してきている韓国の重機メーカー。

 

タワーヤーダ

この現場で、材の搬出を担当しているのは、入札で受注した民間事業体。

ドイツでは、伐倒までは直営班が行い、搬出材は民間事業体に発注するケースが多いようだ。

 

集材の様子

確かこの現場では、伐倒~集材で、30€/立方メートルだったかと。(memo取り忘れのため怪しいが…)

ただ、この現場は通常に比べ伐倒量が多く、材積が大きいからその金額でも可能とのこと。

それにしても、スゴい。

 

この現場でも、材は道際に集積され、後からトレーラーが運搬に来る。

林内に路網が、それもトレーラーが走れるようなしっかりとした路網が張り巡らされているからだ。

 

つづく。

コメント

ドイツ林業研修 その2

2013-09-26 11:26:33 | 森づくり

9/15(日) 朝、ホテルを出発し、クライルスハイムへ向かう。

 

 

今回、説明を担当してくれたのは、森林官(フォレスター)のKarl Kolb(カール・コルブ)氏。

日本ではまだ珍しい、高価値の広葉樹を育てる施業について教えていただく。

 

まずはじめに目を引いたのが、土壌図。

担当区画の土壌が50mメッシュにて記された地図を見せていただく。

この土壌図はドイツ全土に関してあり、このサイズのものは携帯用として森林官が持ち歩けるようになってるとのこと。

 

ここまで細かいデータがあることに、一堂、驚愕。

 

Kolb氏曰く、「木は土壌の上に成り立つ。土壌に合わせた植生が大事」と。

聞けば至極当たり前のことであるが、実際の施業の際には忘れがちな重要な視点である。

この土壌を確認するために、現場ではトレンチを掘って調査するとのこと。

コア抜きでも良いが、深さが80cm程度が限界であり根の状態がみえないのが欠点。

この現場では大学生に研究の一環で掘らせたとのこと。

確かにこうして掘ると、腐葉土の層の厚みまで良くわかる。

日本に比べて腐葉土の層が薄いが、分解が早くミネラルが浸透しやすいというという利点もあるそうだ。

こうして、土壌の粒の大きさ、根が伸びやすい状態か、水が沸いていないかどうかなどをチェック。

 

土壌を重要視しているので、林業機械が走行できる場所も厳格に制限。

林道と集材路以外には機械を絶対に立ち入らせないようにしている。

その理由を、水を使って説明してくれた。

kolb氏の左側が集材路として機械が走行したところ、右側は機械が一度も入っていないところ。

そこにプラスチックのパイプを打ち込み、同時に水を注ぎ込み、浸透具合をチェック。

ご覧のように、機械の入っていない右側の土壌はふかふかで水の浸透も早い。

一方、左側はカチカチで水も全然浸透していかない。

機械が走行した後の土壌は固く、植物の成長が妨げられると証明してくれました。

日本の場合は腐葉土が厚いので、特に機械施工には注意を要するとの指摘も。

 

ドイツでは基本的に切り捨て間伐はなく、すべての間伐材が集材されて使用されている。

集材された木は、林道脇に積み置かれ、業者がトラックで取りに来る。

その場所を運転手に伝える手段は、GIS。

示された場所にどの材がいくつあるかをオンラインで確認し引き取りにくるそうです。

ちなみに材価は、薪で60€/立方メートル、針葉樹で100€/立方メートル。

薪はほすべて地元で使用、針葉樹は100km圏内に運ばれているようです。

 

なかには、こうして細い枝材などが林地内に残されている場所も。

ただ、これは放置してあるのではなく、市民にまき材として売却する予定だとのこと。

区画を決めて、まきが欲しい人を募集し、市民に自分でここに来て拾って集めて持って帰ってもらうそうです。

ちなみにお値段は、20€/立方メートル。

だいたい普通の家1件で1シーズンで15立方メートルぐらい必要とのこと。

林地に余ったものだけでも、結構な売上になりそうな感じです。

ここは公有林のため、この売却代金は市の売上に。

 

日本だと、その会計処理が面倒くさい、との声が聞こえてきそうです。

 

午後からは森林レクリエーション施設の見学。

あいにくの雨で人出は少なかったですが、休日の天気の良い日であれば200人ぐらいが来るらしい。

林道がランニングやウォーキングの方のコースとしても活用されている。

ところどころにアスレチックな設備も。

こうした施設は、都市部に近いところに設けることで、都市住民の森林に対する理解を深めるのに役立っていると。

これらの施設を創るのも、森林作業員の方々の仕事。

木製のため時が経てば腐るのですが、そうすれば修繕したり作り直す。

そうして、森林作業員自身も自らの仕事と社会の関係性を実感しているそうです。

 

初日からいきなり盛り沢山の内容だったわけですが、それにしても、森林官の仕事の内容や権限の幅が実に広い。

路網計画や伐採木の選定、木材の市場調査、森林作業員への作業指示等々、

また、それらを行なうための、土壌や植生、自然生態系、環境負荷、コスト計算等々の知識の取得。

 

現場や移動中、また昼食時に地元の方がみな、kolb氏に声をかけていましたが、

森林官は地域でも一目置かれている人格者、というイメージでした。

 

そして、そのイメージは、この後、出会う様々な森林官すべてに共通するものでした。

 

つづく。

コメント

ドイツ林業研修 その1

2013-09-25 08:55:47 | 森づくり

落語家、立川志の輔のまくらに、国民性の違いを表したこんな一節がある。

 

沈没しそうな客船にて、他の乗客を救うために何人かが海に飛び込まなければならないときは、

相手の国籍に応じて、こんな風に呼びかけると良い。

アメリカ人には、「いま、あなたが飛び込めば、あなたは英雄になれる!」

フランス人には、「いま、あなたが飛び込めば、あなたはモテる!」

イギリス人には、「いま、あなたが飛び込めば、あなたは紳士だ!」

ドイツ人には、「規則で飛び込まなければならないことになってます。」

そして、日本人には、「みんな飛び込んでますけど……」、と。

 

それはさておき、ドイツ林業研修の報告です。

 

9月14日(土)~23日(水)まで、Smart Sustainable Solutions ㈱主催の、視察セミナーに参加してきた。

※開催プログラム

http://www.nippon-forest-vision.jp/fileadmin/medien-nfv/news/NFV-Seminar201309.pdf

 

プログラムをご覧いただければお分かりのとおり、かなり内容の濃い視察セミナーである。

「視察」という言葉は、いつの頃からか「観光」のカムフラージュ的な言葉に置き換わっている感があり、

今回も数人から、「いいね!」と羨むような言葉をいただいた。

私自身も、15年振りの海外となるため、事前の荷物のパッキング段階では少々浮かれがちであったのだが、

現地到着後は、そんな甘い考えなどまたたくまに一掃され、これは「視察」ではなく「研修」なのだと実感させられた。

 

その8日間のプログラム内容はかなりのボリュームであるため、これから数回にわけて報告していきたいと思う。

時差ぼけをなおしつつ……。

 

8日間、毎日、山に通いつめたレンタカー。

さすが、ヨーロッパ。デザインが格好いい!

大人が9人乗って、各自のスーツケースを詰め込んでも、楽々のサイズ。

ということはつまり、これだけのサイズの車、またオフロード車ではない乗用車でも走行可能な林道が、

ドイツには整備されていることの証明でもある。

 

道についてはおいおい紹介していこうと思うが、実際に現地の森林官の車も、

volkswagenやaudiのステーションワゴンタイプの車が多かった。

 

研修スタート!

まずは、南ドイツ、クライルスハイム市の広葉樹林に向かう。

 

コメント

組手什シリーズ第2弾 完成!

2013-09-12 18:12:11 | 森づくり

先月初めの高校生のインターンシップのときに、研修の一環で製作した棚。

 

時間不足と材料不足で完成に至らず、その後しばらく放置したままになってしまっていたが、

近所のNPO法人穂の国森林探偵事務所(http://moritan.org/)から部材を分けてもらい、

当社の若手ホープ、石田直貴の手によって、本日、ようやく完成。

石田直貴(21歳)

 

なかなかの出来ばえ。

サーバー等のPC関連の機材とコピー用紙などの事務用品を置く予定です。

サーバーは、わりと重量がありますが、全然問題ありません。

「木」は、見た目よりも強度があるのです。

 

コメント