三代目虎真之助blog 『森から出たまこと』

「森はいのちの源」 奥三河の森から学んだこと、感じたこと、得たものを書き記しています。

飼い主さんを探しています!

2011-08-30 17:59:57 | 日記

当社のもう1つの部署である、土木事業部の工事現場に1匹の子猫が迷い込んできました。

 

朝、現場で打ち合わせ中に、近くで子猫の鳴き声を聞いた当社職員が、

ふと国道を見ると、生後2ヶ月ぐらいの子猫が道路上に立ち尽くしており、

道路は、朝の通勤ラッシュも重なり大渋滞を引き起こしていました。

そこで、当社職員が子猫を抱きかかえ、ひとまず現場事務所内に移動させた後、

道路が落ち着いたのをみはからって放してあげたのですが、

一向にその場を離れないため、作業終了後の夕刻、

事務所まで持ち帰ってきてしまいました。

 

よく見るとかわいそうなことに、右後足の先端部分が切断されて失っていました。

とてもよくなつく猫なので、きっと飼い猫であるとは思うのですが・・・

 

もしお心当たりのある方は、当社までご連絡下さい。

TEL:0536-22-1651  E-mail:tamura@tamuragumi.net

発見日時:8月29日(月) 午前8:00過ぎ

発見場所:新城市八束穂地内 (国道151号線清井田交差点付近)

特徴:生後2ヶ月ぐらい・右後ろ足の先端部分を切断し失っている

 

コメント

穂の国森づくりの会さんへ

2011-08-30 17:43:24 | 森づくり

当社創業80周年記念事業の映画「森聞き」チャリティ上映会の売上金180,000円を

NPO法人穂の国森づくりの会さんに寄付させていただきました。

今回は、単に金銭での支援というかたちになってしまいましたが、

今後は、当社の事業活動を通じて地域貢献を果たすCSR活動に

力を注いでいきたいと思います。

穂の国森づくりの会さんとは、今後もWin-Winの関係を築いていくことを

お約束させていただきました。

写真は、穂の国森づくりの会の大木専務理事さんです。

 

NPO法人穂の国森づくりの会

http://www.honokuni.org/

コメント

R-STYLE SHOP

2011-08-25 15:26:23 | 森づくり

FMA!ch!の「R-STYLE SHOP」に出演することになりました。

きっかけは、この番組のナビゲーターである安藤竜二さんが

新城市に建設が予定されている「道の駅」のアドバイザーを務められていることから、

新城市内のオモシロい人を番組で紹介しようと探していたところ、

なぜか私の名前があがったそうです……???

 

私はそんなにオモシロい人間ではないですが、

せっかくの機会ですので、奥三河の森のことをPRさせていただこうと思います。

お時間ある方は、ぜひラジオをお聞きください。

 

FMA!CH!80.7 「R-STYLE SHOP」

ON AIR  9/3(Sat) 12:00~12:30

http://fma.co.jp/pc/program/r-style/

コメント

LED蛍光灯設置

2011-08-24 12:14:39 | エコ

社内の節電対策の一環で、蛍光灯をLEDに交換しました。

LEDは青年会議所活動を通じて知り合った、(株)ミヤチさんに依頼しました。

(株)ミヤチさんは、元々水道工事会社だったのですが、

専務の宮地さんが、大学でエネルギー関係を研究されていたこともあり、

新規事業として、数年前から太陽光事業やLEDの応用事業を展開されていた

いわば、この業界の先駆者です。

 

LEDは省エネだけど「暗い」というデメリットがあることを心配していましたが、

設置してみて、これなら十分という感じです。

今後も、当社ができる節電対策を行なっていくとともに、

森林資源を活かした、当社が提供できる節電事業も検討していきたいと思います。

  

(株)ミヤチ

http://www.myctec.co.jp/company.html

 

コメント (1)

愛知県観光交流サミット in 奥三河

2011-08-19 17:38:06 | 森づくり

9月22日(木)~23日(金)に新城文化会館にて、

「第4回愛知県観光交流サミットin奥三河」が開催されます。

 

そして、その中の12:15から始まるパネルディスカッションに、

パネラーとして参加させていただくことになりました。

私の担当は「奥三河の活力と課題」と、大変幅の広いテーマとなっていますが、

奥三河の森林整備の必要性を観光政策とからめてお話しできればと考えています。

 

奥三河観光のネックのひとつは移動距離です。

1000キロ平方メートルに及ぶ広い奥三河の各地を回るのは、

運転手にとっても小さいお子さんにとってもなかなか大変なことです。

そこで、その移動する空間が単なる移動ではなく、それもが1つの観光資源となるような森林整備を

この奥三河で展開していく必要性を提案させていただきたいと思います。

 

お時間のある方、ご興味のある方、ぜひお越し下さい。

オイシイものが盛りだくさんの奥三河物産展も開催されます。

http://shinshirokankou.com/

コメント