おじゃましました

講演や学校訪問などの記録

7月16日 九州大学病院 臨地実習指導者研修会

2009-07-16 | Weblog
アンケート自由記述

・研修の内容すべて初めて聞くことばかりでとても学ぶ事の多い90分でした。
・自分の物事の見方がかたよっていることに気づかされました。自分のビジョンを考え直し、一つの方向に迷いながらも進んでいくことが大切なんだと深く感じました。看護に関わることだけではなく、人間としての幅を広げたいと思える講義でした。先生ありがとうございます。
・今までの3回の研修の中で一番おもしろかったし、今後の学生指導においてためになる講義でした。ありがとうございます。資料も面白かったです。最後の先生の話を聞いて、もう一度自分の仕事、声かけなど見直そうと思いました。
・グループワークがあったので、(自己紹介)違う部署の力と、話すことができるきっかけになってよかったです。あと、色めがねで人を判断してはいけないということを、今日の講義を聞いて改めて感じた。
・普段あまり考えない内容の質問もあり、難しくも感じましたが、改めて考える機会になりました。ありがとうございました。
・難しい言葉が多かった。今回の研修で組織が(ビジョン)目的に向かって進む時、外部からの新しいことや指摘も取り入れ、変化に対応することが必要であることが分かった。また、その変化のためには、その組織の空気や風土を変えることができるリーダーシップを発揮できる人、きちんと言葉の形式で伝えていける人、コミュニケーション(手の差があったり、立場が違ったりする人との)能力のある人が必要であって、そういう役割も私たち一人一人が求められていたり、意識していていったりしないといけないのだなと思った。今日はありがとうございました。
・非常に興味深く、ためになる講義でした。ありがとうございました。自分だけでなく、若い世代のたくさんの子に聞いてもらいたいと思いました。
・とても良い講義でした。ありがとうございました。自問自答しながら、努めていきたいと思います。
・ご講義ありがとうございました。
・自分の看護観、目標、ゴールとは何か。もう一度考えてみようと思いました。ありがとうございました。
・横文字が多く、難しい内容でしたが、「人間を看る」大切なキーワードです。大事なポイントにゆっくりと大きく指導して下さったので、今後の実習指導に役立てていきたいと思います。ご指導ありがとうございました。
・「何となく行動するのではなく、そこに意味を求める、考えていくことで質の高いものを得ることができる」という感想を持ちました。
・看護師の役割が再認識できました。ありがとうございました。
・自分が看護師として、今働いている意味について深く考える機会が今までなかったが、良い機会になった。
・ビジョンをもって、働こうと思います。お話ありがとうございました。
・一つ一つの単語が難しく思いました。聞きなれない単語で。勉強不足なのかと思いますが。
・病院組織は命令型で、かなり古いなあと思った。病院組織はボトムアップ型になるのは不可能なのだろうかと思った。心理も教育も経営も病院もとにかくな――でも一緒だと思った。見方の違いだといつも思う。
・楽しかったです。仕事して、ビールを飲んで寝ることを反省しました。ビジョンをもって真剣に考えようと思います。
・改めて組織としての方向性を見直し、ベクトルを同じ方向に向けて前進する大切さに気づきました。(日常の勤務の中では、見失いがちです。現実ばかり見えますから。)現在の部署に就職して6年目になります。知識も技術もあまり自信はありませんが、看護学生の学生係を任命され、日々模索しながらの関わりでした。「自分の給食や、看護の大切さ」を中心に、学生にも、将来働く時に気付いてくれたら、その子のプラスになっていたらいいかなと思いながら、指導していましたが、今日の講義でそれも間違いじゃないということが分かってよかったと思います。
・ありがとうございました。頑張りたいと思いました。
・今日は有意義な研修でした。上司にも伝えたいメッセージが多くありました。
・人に教える教育はとても難しいと思っていましたが、いろいろと話を聞く中で興味が持てました。
・看護師として、どうして行きたいのか考えます。
・自分自身のあり方を考えたいと思いました。人を看る前に、自分を見つめ直さないといけないと思いました。ありがとうございました。
・学生と関わる時は視点を変えて関わろうと思いました。たぶん私はあまり柔軟な方ではないので。
・講義内容が少し難しかったです。人を多面的に看る重要さを再び認識しました。
・自分の頭が固く、新しいものを受け入れるのに時間がかかるため、本日の講義にて少し考え方も変わった気がします。ありがとうございました。90分間気合いの入りまくった講義ありがとうございました。40才過ぎには見えませんでした。メタファーやアイスブレーキングなど知らない用語勉強になりました。ありがとうございました。
・ビジョンとミッションの話が心に残りました。目標を持って意識を高く持とうと思います。
・日々の生活に追われ、先のビジョンを考えることが少なくなってきていることに気付きました。あつい中ありがとうございました。
・「ジョハリの窓」で、自分達には見えているけど外部からは見えない部分=隠したい所、自分たちだけの常識になっている所、一番印象に残りました。
・看護って何だったっけ、と改めて考えた。知らないうちにルーティンワークになっていることもあって、学生さんに何を教えることができるのか。とても難しいなと思った。でもできるだけ、自分の知を言葉にして、伝えたいと思う。
・教育と看護の共通点を知り、今後の実習指導に役立つ内容でした。あと、看護師として仕事をしていく上でも少し意識が変わった気がします。ありがとうございました。
・自分が漠然とリーダーっぽいと感じていた人たちは確かに古い文化や習慣を変えた人でした。空気・視点を変えれるようなリーダーになりたいと感じました。どうもありがとうございました。
・自分の存在理由というものを入職してから考えたことなかったので、いい機会になりました。業務に追われがちですが、学生の時のある意味ピュアな気持ちを思いだして、業務も学生指導も行っていきたいと思います。
・日々の業務に追われて、看護師とは何かとあまり考える機会がなかったので、上記を埋めるのに時間がかかってしまった。最後のスライドの患者さんの声が普段自分はどのように接しているかと考え、印象に残った。
・学生教育のために、とても「ためになる」講義でした。楽しく興味深く参加させて頂きました。ありがとうございました。患者やその家族のために、これからも「それなりに」やっていきたいと思います。
・ありがとうございました。
・今まで、存在理由やビジョンなど深く考えたことがなく、今回の研修を受け、自分自身について振り返り、今後のことを考えていくきっかけとなりました。自分がいかに狭い視野しか持っていないかも気づき、今日学んだ事を少しでも実践していけたらと思います。ありがとうございました。
・看護について改めて考え直すことができました。
・私の目は節穴です。ボールペン青しかできませんでした。すみません。
・人と見る事、考えさせられました。
・多方面からの話を開けて、勉強になりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。