有馬もとの補助犬訓練士ダイアリー

聴導犬・介助犬国際認定インストラクター(日本聴導犬協会)有馬もとのプライベートブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

37: 協会で、静かな日曜日

2005-09-25 15:00:57 | 補助犬&聴導犬&介助犬
 市川でのプロジェクトが急遽、台風でキャンセルになり、夜に帰ってきたので、久々に日曜日に協会におります。なんとも静かな宮田村です。

 屋根の軒にスズメバチと、赤蜂という獰猛2種が巣を作っているので、このところ、窓が開けられません。近くの「蜂」プロがおっしゃるには、
「スズメバチはまだいいが、赤蜂はおっかねーぞ」
 とのことで、ワンちゃんたちが刺されても困るので、10月末に蜂が自主的に巣から離れるのを、待つことにしました。

 協会のスタッフの半分は、岐阜の獣医師会のお招きで動物愛護フェスティバルに出かけました。毎年お招きいただけるのは、とてもありがたいことです。
 さっき、スタッフから電話があり「デモは順調ですが、岐阜はまだまだ暑いですよーーー」と、悲鳴半分、愚痴半分。
「ワンちゃんたちに水を飲ませてねーー」と、それだけ言っておきました。

 本当なら、市川で同じ境遇を、私と矢沢ちゃんが、体験するはずでしたが、静かな、宮田村日曜日になり、なんか、幸せ。

 市川に同行した3頭も、今は、ぐっすり。
 風の通る部屋でノビノビと体を伸ばして寝ています。犬舎が私自身、嫌いなので、病気で隔離しなくてはならない時以外はほとんど犬舎を使いません。
 なので、常時、協会犬がオフィスに10頭ちかくゴロンゴロンしています。

 おもしろいのは、午後の4時か5時ごろ「寂しい時間」があって、1頭が「抱っこしてほしい」と言ってスタッフにすり寄ってくると、その後に列を作って、どの子も抱っこされる順番を待つんです。
 なので、1頭ずつ同じ時間の長さで抱っこして、頬ずりして「大好きだよ」「かわいいね」「いい子だね」って語りかけることで、感情豊かでやさしい子に育てるようにしています。
 スキンシップは哺乳類であるどの動物にも、仲間として生きていくためには必要なことなので、この時間は「健全な成長」にとって、とても貴重な時間です。

 さて、今日は、これから、助成金の申請と、認定試験のカリキュラム創りとをして、岐阜組の帰りを待ちます。宮田村は、曇り。風は強いですが、秋風の爽快な日和です。


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 36: 台風で、急遽 帰って参... | トップ | 38: にゃん太にまたたびを! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ここでは (みっちま)
2005-09-25 21:00:41
初めまして

ある時間になると寂しさからスタッフのところにすり寄ってくるワンコの姿って愛おしくて微笑ましい~気分になります。

私もまだまだ自分のワンコに対して心が読めているだろうか?と反省する日々です。これを機に寄ってきたときは優しく語りかけてまた~遊んであげたいと思っています。

よろしく (NON)
2005-09-26 09:58:04
ねころぐにコメントくださって、感動!

ありがとうございます。

この、「抱っこをしてすりすり」って、重要ですよね。人間に対してもそう。どんなに大きくなっても、どんなに年寄りになっても、そう。

といっても、ご老人を抱っこしてすりすりはできないですが、「あなたを大切に思ってますよ」という気持ちで接することが必要かなと思ったりしています。
みっちま様、NON様、コメントありがとうございます (有馬もと)
2005-09-26 15:45:20
 みっちま様、NON様、来てくださってありがとうございます。NON様のブドグのにゃんちゃんたち、かわいいですね。猫好きの私は、いやされます。お二人のご訪問、うれしいです。



 あまりに更新しないHPと、年2回だけという回数の寂しいニューズレターに、スタッフから「有馬さんブログがいいですよ。ブログ始めた方が協会のことがわかるので、始めましょう」と言ってくれて、このブログができました。

 ブログって、どなたからもコメントがないと、孤独に告白しているようですが、コメントがいただけると、お客様待ちのカフェくらいの気持ちになりますね。

 だれか、来ないかなぁ。なんて。

 

コメントを投稿

補助犬&聴導犬&介助犬」カテゴリの最新記事