秋田でアクティブに活動

学習支援,無償学習塾,イベント運営,アプリ作成,趣味 … などの活動内容ブログです。

iOS,Androidアプリの開発へ

2018-03-24 23:59:59 | 活動内容(アプリ作成)
私の日々の活動において、「遊びながら学べるアプリ」を広めていくことを目標の一つとしております。ICT総研が2017年6月に実施したWebアンケート調査によりますと、OS別タブレット端末の所有率は下記の通りです。

(出典:2017年度 タブレット端末に関する市場動向調査

より多くの皆様にアプリをご利用頂くには、iOSやAndroidアプリの開発が必須です。(現在はWindowsアプリの開発のみ。)従来の方法で iOS / Android / Windows アプリを開発するには、下記のようにそれぞれ異なる開発環境やプログラミング言語を使用します。


言い換えると、同じアプリを作成するために、全く異なる環境で開発しなければなりません。それ故に、iOS / Android / Windows アプリをそれぞれ開発するには、コストや工数が膨大になってしまいます。

そこで登場するのが、「クロスプラットフォーム開発」という概念です。クロスプラットフォーム開発とは、iOS / Android / Windows 間で共通する処理を共有して開発する手法です。(画面や加速度センサーなど、OS間の相違部分は、それぞれ作り分ける必要があります。)これにより、時間の制約がある中でも、iOS / Android / Windows アプリをそれぞれ開発できるようになります。

今回は「Xamarin」(読み方:ザマリン)という開発環境を使用します。Xamarinとは、かつて実在していた企業で、有償でクロスプラットフォーム(製品名は社名と同じくXamarin)を提供していました。2016年にMicrosoft社がXamarin社を買収したことを機に、Microsoft Visual Studio(無償でダウンロード,インストール可)に同梱され、無償でクロスプラットフォームを用いた開発が可能になりました。


それでも、iPadやiPhoneなどで動作するiOSアプリを開発するには、現時点ではどうしてもmacOSが必要になります。そこで本日、ケーズデンキ秋田中央店にて、MacBookAirを購入しました。


これにより、iOS,Androidアプリも開発できるようになります。
進捗状況を随時ブログに掲載致します。

コメント   この記事についてブログを書く
« あゆむ学習室 春休み学習室開... | トップ | MacBookAir Xamarin環境をイ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

活動内容(アプリ作成)」カテゴリの最新記事