秋田でアクティブに活動

学習支援,無償学習塾,イベント運営,アプリ作成,趣味 … などの活動内容です。

iOSアプリ テストアプリ作成 その1

2018-05-06 14:55:30 | 活動内容(アプリ作成)
Visual Studio 2017 Xamarinを用いて、iOSアプリの作成からインストールまでの
一連の手順を把握するために、簡単なiOSアプリを作成してみました。

はじめに
開発に使用するパソコン等を下図のように接続しておきます。


LANケーブル等を正しく接続すると、WindowsとMacのネットワークが確立します。 

以下、Mac側の操作には
Windows側の操作には
というアイコンを付加して記述します。

ネットワーク確立の確認方法

メニューバー左端の[アップルメニュー]-[システム環境設定]-[ネットワーク]
を開きます。




状況が「接続済み」となっており、ネットワークに接続できています。
このときのIPアドレス「192.168.0.3」(★1)を確認しておきます。



デスクトップ左下の検索入力欄に「cmd」と入力します。
検索結果一覧より「cmd デスクトップアプリ」を起動します。


これは「コマンドプロンプト」というWindowsに搭載されているツールで、
ネットワークの状態を調べたり、ファイル操作を行うことができます。


Macの電源をONにしておきます。MacのIPアドレスは「192.168.0.3」(★1)より
「ping 192.168.0.3」と入力し、Enterキーを押します。


このように「0% の損失」と表示された場合は、WindowsとMacのネットワークが
確立していることを意味します。


そうでない場合は、LANケーブルの接続や電源などを確認し、WindowsとMacの
ネットワークが確立するようにして下さい。


リモートログイン設定
開発作業はWindows側で行っていきますが、その過程でWindowsからMacにログインする
必要があるため、Macでリモートログイン(特定のコンピューターに別のコンピューター
からログインする)設定を行います。


メニューバー左端の[アップルメニュー]-[システム環境設定]-[共有]を開きます。




画面左側の[リモートログイン]にチェックを入れます。
[アクセスを許可]を[次のユーザのみ]にしておき、下部の[+]ボタンをクリック
してリモートログインに使用するユーザーを追加します。




ユーザーが追加されました。これにより、外部(今回はWindows)から指定ユーザー
(★2)でMacにログインできるようになります。


Visual Studio 2017

Visual Studio 2017を起動し、新しいプロジェクトを作成します。
画面上部のツールバーより、[ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]を開きます。


今回は[インストール済]-[Visual C#]-[iOS]-[Universal]-
[単一ビュー アプリ(iOS)]を選択し、名前を「TestiOS」としておきます。


Macに接続します。
画面上部のツールバーより、[ツール]-[iOS]-[Pair to Mac]を開きます。


この画面では、ネットワーク圏内にあるMacを自動的に検知して一覧表示します。
接続先のMac選択し、[接続]ボタンを押します。


Macのリモートログイン設定で追加したユーザー(★2)のユーザー名とパスワード
を入力し、[Login]ボタンを押します。


接続に少し時間を要しますが、このような画面が表示されると接続成功です。


接続に失敗した場合は、ユーザー名とパスワードの入力文字列やWindowsとMacの
ネットワーク状態を確認して下さい。

この状態で、iOSアプリの開発を進めていきます。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« ゴールデンウィーク 2018... | トップ | 2018年5月12日 活動内容 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

活動内容(アプリ作成)」カテゴリの最新記事