ぼくは行かない どこへも
ボヘミアンのようには…
気仙沼在住の千田基嗣の詩とエッセイ、読書の記録を随時掲載します。

狐の嫁入り 月刊ココア共和国 10月号電子版掲載詩

2020-09-29 19:09:34 | 月刊ココア共和国 投稿詩
開港地の
暗闇の斜面の
細い坂道を行列が登っていく
先頭の羽織袴の男が薄明るい提灯を下げて
うつむいて
だらだらと行列が続き
白無垢の花嫁衣裳の花嫁が角隠し
面を伏せて
楚々と向かう開け放たれた屋敷へ
周旋屋の誂えたほの暗い座敷へ

行きは好い佳い
帰りは怖い

晴れた日に
汽船の行き交う港を見下ろして
軍船の帰港を寄港を待ちわびて
もののふの道は
死ぬことと心得て

白無垢の花嫁衣裳の花嫁が角隠し耳隠し鼻隠し
尖った口隠しひげ隠し
尻尾を隠し
美しく哀しく愛なしく

夜空も晴れ晴れしく
星々が暗く灯り
口元脇に丸めたこぶし二つ持ちあげて
こん
と泣く

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戴冠式    | トップ | 白井聡 武器としての「資本... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

月刊ココア共和国 投稿詩」カテゴリの最新記事