ぼくは行かない どこへも
ボヘミアンのようには…
気仙沼在住の千田基嗣の詩とエッセイ、読書の記録を随時掲載します。

ガラスの靴の灰かぶり

2020-07-02 21:24:34 | 月刊ココア共和国 投稿詩
ガラスの靴を履いて
かぼちゃの馬車から降り立って
百段もある階段を昇る
壮麗なドアが開くと
華麗な室内交響楽団の音楽があふれ出し

午前零時までの舞踏会が始まりを告げる

かまどの前で灰まみれの猫のように眠るみすぼらしい姫
午前零時の鐘が鳴り終える前に駆け下りた階段に引っかかって脱げたまま置いてきたガラスの靴
もう一方は大切に隠して仕舞いこんで
継母と連れ子の姉たちの仕打ちに耐え
昼の苦行に夜はいっときの休息を得て
かまどの灰を被りながら眠り込む

午前零時の鐘の音が遠く王宮の高い塔のうえで鳴り響く

眠りの妖精が夕暮れ時の涙をとりあえずは乾かして王宮の華やかな舞踏会の夢を描き出す
シンデレラ ガラスの靴
シンデレラ 美しい姫
シンデレラ 王子様が
おまえを探しに来る労苦が報われる時が来る
灰かぶりの薄汚れた衣服が一瞬で脱ぎ捨てられ
透明なガラスの靴に似合うきらびやかなドレスを身にまとい
王宮に迎えられる
今はまだ夢
確実な夢
儚い夢

コメント   この記事についてブログを書く
« 國分功一郎 原子力時代にお... | トップ | 精神看護 2020.5 斎... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

月刊ココア共和国 投稿詩」カテゴリの最新記事