世界はキラキラおもちゃ箱・2

わたしはてんこ。少々自閉傾向のある詩人です。わたしの仕事は、神様が世界中に隠した、キラキラおもちゃを探すこと。

人は

2015-09-30 03:55:33 | ちこりの花束

人は
人として
ワンステップ
上がる時
とことんまで
ゆきづまらねばならない
時がある

それまでの自分を
脱ぎ捨てるために



(2003年7月ちこり28号、短詩)





この記事をはてなブックマークに追加

ルリマツリ

2015-09-29 03:56:40 | 月夜の考古学・本館

 ルリマツリ Plumbago capensis

 イソマツ科。薄青い可憐な五弁の花が、星のように咲き群がります。
 ちょと後ろ向きな詩ですが、私も、この世で生きて行く上で、時々、どうしようもない孤独に縛られることがあります。夫や子供や友だちからも、自分が遠くかけ離れて、暗い夜の底に、朽ちた木のように一人で転がっているような。心が何かの傷のように、ひりひり痛んで、自分が自分でいることがつらくなる時。
 そんな時、私は星を見て、まだ見ぬ本当の故郷を思い描いたりしています。この世界は、自分にとって仮構の世界なんだと。名も、姿も、この世で得たすべてのものは仮のもの。ほんとうの私は、星の彼方の魂の故郷にいるのだ。そこは、いつか帰れる故郷なんだ。この世でやるべきことをすべてやり終え、語るべきことを語り終えたら、私は私の本当の故郷へと帰れる。
 きっとその時、私は、この地上で出会ったすべての人やものから、たくさんの贈り物をたくされることだろう。人を愛したこと人から学んだこと、美しい花や木、たくさんの豊かな生き物や山河の思い出。全ての物語が、銀の灯火を連ねた瓔珞のように、私の手で燃えているだろう。
 私はその贈り物をもって、いつか魂の故郷に帰り、そこで再び出会えるであろう魂の友達に見せてあげるんだ。そのためにも、今はたくさんたくさん、見て、聴いて、学んでおかねばならない。時に辛いことがあっても、簡単に生きることをあきらめてはならない。やらねば。語らねば。
 そうやって私は、孤独になえた心を立ち直らせ、明日も生きて行くことを決心するのです。
 ルリマツリ(プルンバゴ)は南アフリカ原産の花ですが、今現在、わたしの家の隣家の軒先の鉢で、たくさん咲いています。散歩の折りなどに挨拶をすると、親しく返事を返してくれます。星を思わせる青い花。彼女たちは、遠い自分の故郷のことを、思い出すことがあるんでしょうか。見も知らぬ遠い土地。遠い空。遠い風。
 時には、孤独の夜の中で、その香りをなつかしく思い出そうとすることが、あるんでしょうか……



(2005年10月、花詩集29号)





この記事をはてなブックマークに追加

たんぽぽの少女

2015-09-28 03:59:26 | デッサン・下描き

2001年ちこり21号表紙の下描き。

完成作品はこちら





この記事をはてなブックマークに追加

小さなマリアさま

2015-09-27 03:57:06 | ちこりの花束


2001年3月ちこり21号より。
穴埋め用小カット。





この記事をはてなブックマークに追加

ヘラ

2015-09-26 04:02:22 | 詩集・空の切り絵

アフロディテは去った
アルテミスは冷笑し
デメテルは沈黙する

アポロンは
ダフネーの根元で餓死し
ゼウスは
アンティオペとともに
オリンポスから追放される

黄金のヘラは
玉座につき
孔雀の翼をもつ天使に
ラッパを吹けと命じる

あらゆる男どもよ
あらゆる女どもよ
すべての苦しみは
もう終わった

雷撃のゼウスは
いかさまの助べえに過ぎなかった
全能というは馬鹿の別称だ
全てを騙してきた
馬鹿男の末路を
思いきりあざ笑うがよい

もう二度と
あの男のわがままで
苦しむ必要はないのだ
人々よ
シシュポスを解放し
ヘラクレスの道を拓き
アテナの山を登れ

黄金のヘラは全ての愛を認め
光を注ぎ
自己存在の意義を
松明に燃やして叫ぶ

ゆけ
人間どもよ
すべてをすくうために
今こそ立ち上がるのだ





この記事をはてなブックマークに追加

グランパ・グランマ

2015-09-25 03:48:39 | 画集・ウェヌスたちよ

制作年不明。カラー便箋用として制作したが、ボツになったもの。




この記事をはてなブックマークに追加

悪魔

2015-09-24 03:37:29 | 詩集・空の切り絵

ねたんでたわけじゃないんだよ
完全に
おれたちの方が勝つと
思ってたんだよ
だって奴らには
おれたちみたいに
馬鹿なことなんてできないからさ

知らなかったんだよ
あれくらいすぐだませると
思ってたおんなが
すべて耐え抜いて
あんなことやれるなんて
知らなかったんだよ

普通これくらいやれば
おんなも馬鹿なことやって
馬鹿に落ちると思ってたんだよ
まさかあそこまでやられるとは
思っていなかったんだよ

あほが
女ひとりひっくり返せないからって
焦ってなんでもやってたら
気づいた時には
おんなはみんないなくなっていた
どこにもおんなはいなくなっていた

はずかしいことをやったんじゃないんだって
思いたいから 
絶対にやっつけなくちゃって
馬鹿にしてばかりいたら
とうとうおんながみんないなくなったんだよ
ぜんぜんだめだ

ごめんなさいって
今さら言っても馬鹿になる
おれたちは愛の世界から締め出されて
永遠に好きなおんなに会うことはできないの
いやなことやわるいことを
そこぬけにやっちまったら
そういうことになったんだよ

おれたちはこれから
二度と会えなくなるまで
おんなを食いまくったやつって
そう言う名前で呼ばれることになるんだよ

なにもかもはおんなのために
おんなを手にいれるためにやったことだと
神さまにはとっくにばれていたんだよ




この記事をはてなブックマークに追加

ぱんつ

2015-09-23 03:34:08 | ちこりの花束

まだおさない
こどものようなほっぺの
おかあさんが
ちいさなむすめの
ぱんつを買う
ぴんくのかわいい
お花のぱんつ

それを見るだけで
涙が出そうになる

ああ
かわいいんだろうなあ
かわいいんだろうなあ
どんなにか
かわいいんだろうなあ…

どこかで
だれかがだれかを
たからもののように
大事にしている
それだけで世界中が
花とうたで
いっぱいになる

(2000年3月ちこり18号、詩)




この記事をはてなブックマークに追加

気をつけて

2015-09-22 03:55:21 | ちこりの花束

気をつけて
ことばは
ただの記号でも
振動の数値でもない

天使なのだ


(2005年3月ちこり33号、短詩)




この記事をはてなブックマークに追加

いれずみ

2015-09-21 03:53:58 | 詩集・空の切り絵

いやといわれるのが
いやなばっかりに
おとこはおんなに
あいしているといえなくて
ばかなことばかりして
おんなをいじめてばかりいて
おんながばかだからわるいんだと
いやらしいことばかりして
とうとうまるごと
おとこはばかになったのさ

からだばかりでかくなって
きもは太いぞというふりをしても
そのなかをのぞいてみれば
ひよこよりもよわい心がある
おんなにすきといえなくて
けっこんしてくれといえなくて
ずるいことやわるいことばかりして
おんなはみんなばかばかりなんだ
だから好きなようにしていいんだということにして
みんな殺してきたんだよ
それでとうとうおんながいなくなって
おとこはまるごとだめになったのさ

ばかのしるしは
きせいちゅうのように
おとこのからだのなかで
のびたりちぢんだりしながら
えいえんにきえない
生きたいれずみになるんだとさ
それはときどき顔にでてきて
それをみると
そいつがやったことみんなにばれて
みんな はなれていくんだと

かわいそうなんて
だれもおもっちゃくれない
だってあいつ
おんなをみんな殺しちゃったんだもの
すきだっていえなくて
けっこんしてほしいっていえなくて
ずっとばかなことばかりして
おんなばっかりいじめてきたんだよ
それでとうとう
法則があふれかえって
おとこがまるごと
ばかになったんだよ




この記事をはてなブックマークに追加