世界はキラキラおもちゃ箱・2

わたしはてんこ。少々自閉傾向のある詩人です。わたしの仕事は、神様が世界中に隠した、キラキラおもちゃを探すこと。

クリュティエ

2019-01-08 04:13:20 | 青空の神話


シャルル・ド・ラ・フォッス


オケアノスの娘。アポロンに愛されるが、次第に飽きられ、捨てられる。クリュティエはそれに耐えられず、終日天をめぐるアポロンの馬車ばかり見ていた。そしていつかその場に根をはやし、太陽ばかり見ているひまわりに変身したという。



飽きたからと言って、女性をもののように捨てられる男は、非常に未熟者です。太陽神とも思えない所業ですね。飽きるくらいの小さな女性なら、元から手を出さないのがよい男というものです。そんなこともできないのなら、おそらくクリュティエの愛したアポロンはアポロンではないでしょう。アポロンの顔をかぶった偽物の男です。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 紅海を渡る | トップ | サムソンとデリラ »
最近の画像もっと見る

青空の神話」カテゴリの最新記事