世界はキラキラおもちゃ箱・2

わたしはてんこ。少々自閉傾向のある詩人です。わたしの仕事は、神様が世界中に隠した、キラキラおもちゃを探すこと。

サラスヴァティ

2019-01-14 04:11:54 | 青空の神話


画家不詳


ヒンズーの創造神ブラフマーの妻。ブラフマーはある日自分の体からサラスヴァティを作りだしたが、そのあまりの美しさのため、妻にしようと追いかける。サラスヴァティは逃げるが、ブラフマンのしつこさの前に折れて妻となる。彼らの間に人類の始祖マヌが誕生した。水と豊穣の神。弁財天とも言われる。



インドのヴィーナスですね。ご承知のことと思いますが、わたしたちは弁財天という地名のあるところに住んでいます。何やら神の意図を感じますね。サラスヴァティはサラスヴァティ川の化身とも言われた。水の泡から生まれたヴィーナスと共通するところもあります。かのじょは大きな川辺の町で生まれた。川が好きでした。今住んでいる町にも不思議な川がある。
水と女性は縁のきれないものです。女性は常に水のように豊かに住んで、すべてを潤していく。水がなければ文明は起こりえない。
その神性を表したものが、このような愛と豊穣の女神なのでしょう。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« サビニの女たちの略奪 | トップ | 幼児虐殺 »
最近の画像もっと見る

青空の神話」カテゴリの最新記事