世界はキラキラおもちゃ箱・2

わたしはてんこ。少々自閉傾向のある詩人です。わたしの仕事は、神様が世界中に隠した、キラキラおもちゃを探すこと。

ケバルライ⑧

2018-08-06 04:10:27 | 風紋


その次の朝早く、ソミナは目を覚ますと、身づくろいもそこそこに、さっそく外に出て焚火を作った。家の中で囲炉裏を使っては、兄の眠りを邪魔するからだ。

昨日積んであった榾に囲炉裏の火を移し、土器の壺に水と米を入れて煮る。今日は干した小魚を裂いて入れた。そうすると魚の味が出て粥がうまくなる。

これを食べれば、兄も元気になるだろう。

出来上がった頃に、ソミナはそばで遊んでいたコルにいいつけた。

「コル、あにやを起こしておいで」
「うん」

コルは素直にうなずいて言うことを聞き、家に入っていった。いい子だ。コルはもうすっかりソミナの子だった。生まれた時からそばにいるような気さえした。あにやと一緒に、大人になるまで大事に育てていこう。だがしばらくして、コルは家から出てきて、ソミナに不安そうに言った。

「母ちゃん、アシメックが起きないよ」




ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
« ケバルライ⑦ | トップ | イメージ・ギャラリー㉘ »
最近の画像もっと見る

風紋」カテゴリの最新記事