世界はキラキラおもちゃ箱・2

わたしはてんこ。少々自閉傾向のある詩人です。わたしの仕事は、神様が世界中に隠した、キラキラおもちゃを探すこと。

あたし

2016-03-06 05:18:43 | 詩集・試練の天使

みんなが見てくれる
すごい美女になりたかったんです
美女になると
男がよってきて
なんでもしてくれるからです

ほんとのあたしは馬鹿なことをして
醜くなってしまったので
こんなあたしなんかいらないって
ポイして
自分以外の美女を盗んで着るの
それでなんとかして
男をひっかけるのよ

ぜんぶ男にまかせるの
あらゆることをやってもらうの
だってあたしは何もできないから
男にがっぽり稼いでもらって
なんでも人にやってもらえるような
いい暮らしをさせてもらって
きれいだってだけで
一生愛してもらうの

あたしはそのほうがいいの
自分で勉強して 
いいことしてきれいになるなんて
馬鹿なことにするの
ほかの美人から盗めば
簡単にきれいになれるんだもの

でももう それできなくなるの
ほんとの美人がいなくなるからなの
でっかい美人を殺したら
美人そのものいない世界になったの
それとんでもない馬鹿なのよ
あたしはほんとの自分に戻って
とんでもなくおかしな馬鹿になるの
やってきたことすべてが
顔を見るとわかるっていう顔になるのよ

こんなことは馬鹿なの
馬鹿なのよ