Mr.Booの四畳半の部屋

気の向くままに綴っております

塩を使い切る

2014年06月30日 02時31分41秒 | 料理の話

塩を使いきりました(゜∀゜)

なんというか無駄に達成感がありますな(笑)

独り暮らしを始めた頃は味噌と醤油で味付けしていたんだっけ。

塩は買わなかったけど、兄宅から貰ってきたんだったかな。

今では料理酒もあるしナンプラーもあるし、格段に進化してるっ(゜∀゜)

キッチンで働いていたわりに料理の腕は進化していませんが。。。

コメント

晩ご飯 2014年6月8日から2014年6月14日

2014年06月29日 16時23分05秒 | 晩ご飯

6月8日。



肉炒め、味噌汁、ご飯。

6月9日。



肉豆腐丼、味噌汁。

6月10日。



焼きそば。

6月11日。



たまごかけ肉丼、味噌汁。

6月12日。



肉豆腐たまごかけご飯

6月13日。



6月14日。



焼きそば。

コメント

おしまいのデート:瀬尾まいこ

2014年06月24日 00時31分15秒 | 本の話

久しぶりに瀬尾まいこ作品。短篇集。

そういえば瀬尾まいこ好きだったの忘れてた(゜∀゜)

普通にカップルの別れ話の物語かしらと思ったら、

違いました(笑)

中学3年生と祖父。

高校の教師と教え子。

高校生男子同士。

32歳バツイチOLと大学生。

保育士と園児とその父親。

の話。

昔の作品ほどではないかなーと思いつつ読んでたけど、

3話目の高校生男子同士の話がなかなか面白くて

4話目の32歳バツイチOLと大学生が一番好き。

5話目はちょっとパワーダウン。

解説も作品の良さを引き上げてる気がする。

全体的にわりと良かった。

いろんな形の「デート」、あります。
祖父と孫、元不良と老教師、特に仲良くもない同じクラスの男子同士、
協力して一緒に公園で犬を飼うOLと男子学生。何気ないのに
温かい人と人のつながりを軽やかに描く、5編収録の作品集。

2014読了本ランキング
 1位 残り全部バケーション:伊坂幸太郎
 2位 おしまいのデート:瀬尾まいこ
 3位 永遠の0:百田尚樹
 4位 数学に感動する頭をつくる:栗田哲也
 5位 TED トーク 世界最高のプレゼン術:ジェレミー・ドノバン 中西真雄美訳
 6位 PK:伊坂幸太郎
 7位 ビビる大木が聞き出した!“好き”を仕事にするための77の極意:日経エンタテインメント!編
 8位  ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さん繋がりの時~:三上延
 9位  ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~:三上延
10位  モラトリアム・シアター produced by 腕貫探偵:西澤保彦

コメント

携帯電話復活

2014年06月23日 01時09分09秒 | 駄文

見た目新品になりましたヽ(´ー`)ノ

このまま新品として売りに出したら、儲かるな(笑)

内部基板の交換・データの初期化とスピーカーの故障部品交換。

外装ケースの交換。

外装ケースの交換はしなくても問題なかったけど、

替えてもらえたので、新品同様(゜∀゜)

液晶も替わってた(゜∀゜)

最初言われるままにとりあえず保障に入って

電池パックもらったらやめようと思いつつ、

惰性でそのまま入ってて良かった(・∀・)



修理ってけっこうお金がかかりますな。。。

CA005を使う最後の人を目指します(`・ω・´)ゞ

Before


After


コメント

ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さん繋がりの時~:三上延

2014年06月21日 01時39分02秒 | 本の話

着実に物語はすすんでいる。

が、そんなでもないんだよね。

飽きてきたかな。

古書に関する情報誌、ブラック・ジャックのあれこれ、

寺山修司。こうやって並べると内容の興味深さは感じまする。

ただ物語としてのわくわくが初期の頃よりなくなってきた。。。

最後に次の巻の伏線が張られて終わったんだけど、

ブロリーみたいな展開だとちょっとなーって思うのでした。

まあひねってくるよね。タブン。

そういえば、このシリーズ読んでて

誤字脱字というか読んでて引っかかることが多い気がする。

キノセイカナ。

Amazonからあらすじコピーしてきた。
文庫の後ろのページに書いてあるのと全く同じ。

静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。
彼女の答えは―
今はただ待ってほしい、だった。ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。謎めいたいわくに秘められていたのは、
過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、何かが変わる気がした。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。
邂逅は必然―
彼女は母を待っていたのか?すべての答えの出る時が迫っていた。

2014読了本ランキング
1位 残り全部バケーション:伊坂幸太郎
2位 永遠の0:百田尚樹
3位 数学に感動する頭をつくる:栗田哲也
4位 TED トーク 世界最高のプレゼン術:ジェレミー・ドノバン 中西真雄美訳
5位 PK:伊坂幸太郎
6位 ビビる大木が聞き出した!“好き”を仕事にするための77の極意:日経エンタテインメント!編
7位  ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さん繋がりの時~:三上延
8位  ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~:三上延
9位  モラトリアム・シアター produced by 腕貫探偵:西澤保彦

コメント