某歯科医の独り言

日ごろ感じる事を素直に書いてみました。

車椅子トイレの使い方後存知ですか?

2008-12-07 15:04:39 | Weblog
下のブログに車椅子トイレを一般の方が利用する時に是非守って欲しいことが出ていますのでご紹介します。
この記事を読むまで自分も気づいていませんでした。

しおりのほのぼのにっき


最近、よく多目的(車椅子)トイレが、ボタンで開閉できる自動ドアになってきましたよね。

もちろん、一般の普通に歩行可能な人でも、使用できるトイレなので、どんな人でも使ってかまわないと思います。

でも、これだけは、守ってほしいって、すっごく思うんです。

それは…
トイレから出る時、中にある閉めるボタンでドアを閉めないでください。

もちろん、車いすユーザーさんは、こんなことしたら、自分が出る前にしまってしまい、挟まれてしまうので、やらないことは百も承知です。

でも、普通に歩ける人が、これをやっちゃうことが多いみたいです。

実際に、トイレにも、やらないように貼り紙がしてあるのにもかかわらず、中から閉めるボタンを押す人は後を絶えないようです。

現実問題、これをされると、車いすユーザーは、数少ない車いす対応トイレを見つけたと思っても、中に人がいないにも関わらず、そのことを確認できず、また、使用中というランプが点灯しているがために、その前で待つしかありません。

トイレ!!って思って、見つけたのに、ずっと使用中になってたら、また別のトイレを見つけに行かなくてはならないというのも、現実問題に起きています。

それに、あるデパートでは、フロアに1つしか車いす対応のトイレがないという、そういう問題もあります。

普通に歩ける人に使わないでほしいとは言いません。

だって、私だって、車いすじゃない時にも、一般トイレに和式トイレしかない時には、多目的トイレを使用します。

だけど、ちょっとだけ、知っておいて、それを実行してほしいだけなのです。

トイレを出た後、外のボタンを押すことは、少しだけ面倒なことかもしれません。

でも、その動作を車いすユーザーに置き換えると、それ以上に大変なことなのです。

だから、普通に歩ける人でもそれを実行してほしいのです。

お願いします。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「卑弥呼の歯がいーぜ」って... | トップ | 食品による窒息事故で年間4... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事